2013.07.29

見えないお化けにおびえないように

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

知的遅れのある自閉症の息子は計算が大の苦手。かれこれ13年間ずっと教えているが未だに出来ない。こうやって見たものを一瞬で記憶する能力は抜群なので漢字などは特に教えていなくても再現出来る。名古屋の地に足を踏み入れた経験もないのにこうやってネットで一瞬見たものを写真のように頭に焼き付け再現出来る。字も気味悪いくらい美しい。数字も綺麗に再現出来る。でも100-10=??算数が全く駄目なのだ。

 

 

親は何のために子育てしているのか。それは“自立”だと思う。よく考えれば人は生まれてから直ぐに死へのカウントダウンが始まっている。だから、子どもを持った親は“いつかお別れする時のために”そう親亡き後の自立のために子育てしているのだ。(4月26日の“いつかお別れする日のために”のブログにも書いた。tateishi-mitsuko.com/blog/%e8%87%aa%e9%96%89%e7%97%87/20130426010058.html

特にハンディのある子どもを持っている親は自分が死んだ後のことを毎日のように想像しあれこれ思い悩んでいる。出来れば子どもの寿命の一日後に自分が死にたいと願っている。子どもを置いたままあの世に心配で心配で行けないのだ。私もその一人。

 

 

でも、悶々としていてもはじまらない。私は問題解決をする時、愛読書であるデール・カーネギーの本の“道は開ける”で書いてあることを実践している。次のやり方で見えないお化けにおびえないようにクリアにする癖がある。これってとっても効果がある。

096

 

 

 

悩みを解決する方法(①~⑤を書き出す)

頭から離れない漠然とした不安を解決するために!

 

①問題点は何か。(事実の把握・公平な客観的立場の情報収集)不安・悩みの棚卸をする。紙に書き整理する。

 

 

②問題の原因は何か。

 

 

③幾通りの解決策があるか。(具体的に書き出し優先順位をつける)

 

 

④ ③の中で一番よい解決策はどれか。

 

 

⑤ いつから具体的に実行するか。

 

 

早速、書き出してみたいと思う!

① 問題点は何か。

 

●息子が計算が出来ない

 

①    問題の原因は何か。

 

●脳の障害

 

②    幾通りの解決策があるか。(具体的に書き出し優先順位をつける)

 

●小学校の教科書の必要箇所だけ教える(1+1・100-90など)

●小学校の算数全般を教える(13-4・23+29など)

●健常児と同じように何もかもできるようにする

 

 

③    ③の中で一番よい解決策はどれか。

●必要箇所だけ教える。つまり自立に必要なもの。それはお金を自分で扱うこと!

 

 

④    いつから具体的に実行するか。

●今でしょ!

 

 

 

具体案

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1.財布に10円玉10枚と1000円札1枚入れて、100円のものを買う(選択肢は2つあるが10円を出す方法と1000円出しお釣りをもらう方法があることを学習)

 

2.財布に100円玉1枚と1000円を入れて90円のものを買わせる(選択肢は2つあるが100円を出した方がよりベターだと学習させる、100円玉を沢山欲しい場合は1000円だす)

 

尚、「財布に1000円1枚と1円玉3枚ある。73円のものを買うのに1003円だす」までは必要ないのでやらない。

 

3.概算を教える

 

400円のものと300円のものを買うのに概算1000円持っていけば足りる学習

10000円を持って行く必要なし

 

●お釣りを正しくもらう

 

●70円のものを買うのに100円玉と1000円札各1枚ずつしかなくても

買うことが出来るようになる。

 

 

銀行からお金を下ろすなど一生出来ないだろう。これは成年後見人制度(※)を使って解決はある程度出来る。日常生活で躓かないようにすれば取りあえずいいんだ!こうやって朝食の時、値段を付けて買わせている。きちんと払えれば食べることが出来るなんてやっている。

 

 

これからも「見えないお化け」におびえることもあるだろう。そういう時は分析をして心に安定をもたらすようにしよう!

 

 

私は息子の「お金がわかっていない、将来が心配」という悩みでこれをやりましたが、どんな大きな悩みもたいていこれで解決策が見えてきます。仕事のトラブルも同様です。皆さんも悩みにぶち当たった時、困って悶々としている時、是非これをやってみてください。問題が見えていないから不安感が募るのです。見えないお化けにおびえてしまうのです。これをやると霧が晴れるように答えが自然と出ます!

 

 

成年後見制度(せいねんこうけんせいど)

 

判断能力(事理弁識能力)の不十分な者を保護するため、一定の場合に本人の行為能力をするとともに本人のために法律行為を行い、または本人による法律行為を助ける者を選任する制度である。裁判所の審判による「法定後見」と、本人が判断能力が十分なうちに候補者と契約をしておく「任意後見」とがある。

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp