2017.03.03

ひどすぎる園長たち。問題児は親の躾が問題

今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。

 

土地購入の問題で森友学園が話題になっている。

 

その中で、この学園が経営している幼稚園「塚本幼稚園」の副園長が保護者に配布したこんな案内文をネット上で見つけた。

塚本幼稚園「発達障害は親の躾が原因」炎上


img022

img_history01

 

久々に驚いた!珍百景!

 

驚いた点は4点

 

■発達障害児は親の躾が原因

自閉症を「鬱病みたいなもん」だとか「親の愛情不足によりそうなった」と思っている時代錯誤な人は未だにいるのは確か。

 

だから、世田谷区役所にこんなポスターがあった、これを貼って啓蒙しなくてはならない現状がある。 (このポスターは10年前に作られたものだが、必要性があり、未だに貼られている)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「自閉症になったんじゃあない。自閉症として生まれてきただけ」

 

それでも昔に比べたら情報があるのか“発達障害”について知っている人はドンドン増えている。でも、万人に理解してもらうのはまだまだ遠い道のり!

 

 

しかし、幼稚園の経営者である副園長がこんな風に間違った認識をしているのには、空いた口がふさがらない。

 

 

■思いやりのない暴言

お祝いの文章なのに心がこもっていない。これを受け取った新入園児の保護者がどう感じるか全く考えていない。

 

もしかしたら、「拝啓・・・寒さも和らぎ・・・」的感覚で、前置きでお祝いの言葉を書いただけで、それ以降が言いたいことなのか?

 

「おめでとうございます」の後に「子どもが悪くなっている」なんて書いている非常識

 

 

一応「耳が痛い」「努力する」なんて書いてはいるが、お山の大将で自分が‟上から目線“になっているのに気が付いていない。受け取る側は不快になる。

 

この園は幼稚園だから「24時間保育園は発達障害養成所」と書いて、他の園を見下している。

 

 

■日本語として成り立っていない稚拙な文章

主語を完結する述語につながっていない箇所が多々ある。作文力なし・・・・

 

若いママさんに出す手紙なのにキャビンアテンダントではなく、スチュワーデスという死語を使っている

 

 

■誰も止めない

これ普通、誰か読んでも「おかしいでしょ!」と思うはず。

 

けれども、誰もこれを配布することを止めなかったからこれが実際に配られた。園のスタッフの意識は一体どうなってるんだか!

 

「怖くて言えない」「指摘したら首になる」と皆さん保身に走ってしまったのか・・・。子どものことを全く考えいない‟同じ穴のムジナ”なのかもしれない。

 

 

■追記

こういう報道のされ方をすると、幼児に古典の素読や漢字を与えている幼稚園、保育園は誤解されちゃうよね。

 

でも、味噌糞一緒にしないほうがいいです。過去に書いています。

(幼児の漢字教育の薦め)

 こちら↓

ure.pia.co.jp/articles/-/47434

 

 

■まとめ

私も発達障害系の記事を書くと、細かい言葉の使い方でかなりのバッシングを受けることもあるが、そんなことを遥かに超えた認識の誤りを持っている人がいて驚いた。

 

それから、こんな園で育つ子ども達は小学校に入学後、部屋をウロウロしたり、問題行動を起こす子を見て「あの子は悪い人間だ」と思うんだろうな。

 

おお、怖い~怖い~

 

また、来週、金曜日寄ってくださいね~!

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

cover_subaru_ikuji2

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(8)

  1. はるぴ より:

    お祝いの言葉なのに、全くおめでたい感が伝わりませんね💧批判ばかりで結局何が言いたいのか❔チラッとTVで見ましたが、洗脳か?と思うような内容でした。
    そういえば、先日立石さんが紹介していた「鬼畜の家」を拝読しました。数ページですが…💧ルポだけあって、内容がきつくてなかなか進みません⤵、何故あの本を紹介されたのでしょうか?

  2. 立石美津子 より:

    酷い副園長ですね。

    虐待事件が起こると現状だけを捉えて児相を責めたり、親を責めたりしますが、その親が育った環境を読むと根深いものがあると感じ、その事実を知ってもらいたかったのでお薦めしましたよ

  3. みけ より:

    mamatenaのカサンドラ症候群についての記事を拝見しました。

    「まずは、多くの人が“アスペルガー症候群”について知り、その一方に“カサンドラ症候群”という二次障害があることを知る。それこそが、相互理解の第一歩」

    そんなことは、当事者も関係者もよくわかってますよ!
    「では、どうしたらいいのか」
    という記事を掲載するのが、
    専門家の役目ではないでしょうか?

    ただの一主婦のつぶやきなら許せますが…。

  4. 立石美津子 より:

    こちらの記事は3話続くシリーズです。ただ専門家ではないのでこれからはこういった記事は控えるつもりです。

    しかし、連れ合いがアスペルガーにより悩んでいる人がいて、それがそのせいであると気がついてい人への布石にはなると思います。
    1300文字以内という制限の中では限界がありますね。反省材料には致します・

  5. はるぴ より:

    なるほど。ありがとうございました😊
    時間があるときにがんばって読んでみようと思います。

  6. ぷーママ より:

    本当に副園長の言葉は、心に突き刺さる。酷い…
    24時間保育で働く先生、そこに預け働く親、発達障がい系の家族と本人、人の心がわからない利己主義者。
    私も息子を理解してくれた先生なんて、学校病院でも数人いたかな〜って感じ、専門だから福祉関係者だからとちゃんと指導アドバイスできるとも限らない、人としてのセンスがあり、やはり経験者親という立場の人の言葉は、共感でき前に進む力になります。
    立石先生しかできない情報発信、本音話、私は色々勉強になり、心スッキリです。ファイト!

  7. 他害児童に迷惑している親 より:

    >それから、こんな園で育つ子ども達は小学校に入学後、部屋をウロウロしたり、問題行動を起こす子を見て「あの子は悪い人間だ」と思うんだろうな。

    森友の幼稚園を卒園しようがしまいが、立ち歩きや他害をする子は悪い子という風に普通の親は教えます。「いいこと」な訳がないでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp