2017.04.28

囚人の穴掘り

今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。

 

日本の話ではないが‟囚人の穴掘り“って刑罰があるらしい・・・

CIMG0728

午前中に掘った穴を午後に埋める拷問

無意味なことをさせられる作業で、凄く辛いらしい。

 

■ある、ある、似たようなこと

仕事でもあるな。こんなこと。

  • ・相当時間、費やして書いたのに「この記事全てダメです」と言われること

・取引先とやりとりして何度も詰めて・・・やっとこさ終盤に差し掛かったとき、メール一本で「担当者が変わったので、この話はなかったことにしてください」と言われること

 

もっと酷いのは連絡なしに自然消滅してしまうこと。断りの連絡をするのは嫌だと思うが、最低限のマナーとして連絡だけはして欲しい。無視は一番つらい。

 

会社名をここでは書けないが、一年前にあれだけ打ち合わせしたのに、なんの連絡もしてこない○○会社さん!何か反応したらどうなの!!(怒)黙って逃げるのはおかしい・・・

 

■フリーランスとパート・正社員の違い

さて、会社と雇用契約がある人は「あなたのやったこの仕事×です」と言われても、ちゃんと給料が振り込まれる。そういう意味で無駄なことはしていない。

 

ところが、フリーランスの場合、×となるとお金は入らずゼロになる。「ああ、あの大変な日々は一体なんだったんだろう」と思う。

 

厳密に言えば結果を出していないのだから「穴さえも掘っていない」のかもしれないが、私は「労力は無駄だった」と思ってしまう。

 

とても弱い立場だから仕方がないが、フリーのライターやイラストレーターってそんな厳しい仕事なんだ。

 

だから、サラリーマン諸君よ~

凄く恵まれていると感じてほしい~

611oHRTEsnL

 

■結果が出なくても努力したことに意味がある

他にもあるな、こんなこと

・素晴らしい卒論を書いたのに提出時刻が1秒過ぎて留年

・必死にワードで文章打って保存できてなく白紙に戻っている

・運動会の練習を必死でしていたのに、本番で転んでビリになる

・サッカーの試合の練習をしていたのに骨折し出場禁止になる

・受験勉強していたのに当日、インフルエンザになる

 

でも、結果は伴わなくても、努力した過程で「運動能力がつく」「学力がつく」「文章を書く練習になる」身になっていることがあることだ。脳トレにもなっている。

 

 

ところで、“湯を沸かして水にする”という諺がある。‟無駄なことをする”という意味。

でも、湯を沸かして白湯にすると塩素が抜けるから、意味があるのだ。

CIMG0727

 

■まとめ

ブログは編集者もつかないし、「書き直してください」「この記事はなかったことにしてください」なんてことはない。だって自分一人で意思決定できるから。

 

だから、囚人の穴掘りにはならない。

 

それから、もし、この刑罰が「午前中に掘った穴に午後、自分が死刑囚として埋められる」なんてことだったら、もっと辛いかもしれない。

 

電気椅子で一瞬で死刑にされた方がまだマシかもしれない。

 

こんな暗く変な文章、ブログだから「これは公開してはなりませぬ」とはならないので、今、あなたが読んでいるのです~

 

また来週金曜日、寄ってくださいね~ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(10)

  1. あつこ より:

    先生のブログを読むために、毎週金曜日を楽しみに待っています。

    なので、ブログ出だしの
    『今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。』
    が、何だか気になります!
    へりくだり過ぎですよ~!

    • 立石美津子 より:

      自分に自信がないのです( ;∀;)あつこさん、ありがとうございます(^○^)

  2. 彩織 より:

    今回もとても面白く興味深い記事でした。
    フリーランスの大変さ、予想以上でした。

    結果より過程を、という割に世の中は
    結果しか見てくれないですよね。。。

    私も立石さんのブログは本音や弱音も
    あって、人間らしくて大好きです。
    生々しいって悪い事でなくて
    温かみを感じます。

  3. あたみ より:

    イットママの記事を読んで、お伝えしたくコメントします。

    いつも楽しく拝見させていただいておりますが、今回の記事アダルトチルドレンについての記事はちょっと誤解なさっているのかなと思いました。

    アダルトチルドレンは子どもっぽい大人ではありません。アダルトチルドレンに苦しんでいる人にとって悲しい見出しでした。もう少し勉強されてから記事にしてください。

  4. ぷーママ より:

    フリーランスって華やかな職業に思っていましたが、安定という面では色んなプレッシャーもあり大変なんですね。私はサラリーマンですが、確かに今は働いたら給料がはいるのは感謝すべき事ですね。しかし、昔のサラリーマンとは違い、突然リストラとか終身雇用制度でなく、先生と同じ年代で、何も手に職がない私は、障がいの一人息子と自分の将来は不安な日々。まだまだ生活の為、働かないといけない我が身です。
    先生の今までのバイタリティー溢れる経歴は、本当に同じ女性として、素晴らしく尊敬です。
    私も第二の人生は、何か社会の為と思い、勉強しなきゃと思いましが、なかなかできない凡人の私です。
    先生の活躍を心から応援しています。

    • 立石美津子 より:

      社会のためにより、まず自分の生活の基盤を築くことが大切ですね。社会性を育てるよりも優先すべきは「母と子の愛着形成、特定の養育者との愛着形成」。。。同じことかもしれませんね。

  5. たけのこさん より:

    穴堀の話は有名ですよね。
    私は親も子供に身に付けさせようと思うあまり囚人の穴堀のような作業を強いてはいないか、と思います。
    きれいに書くために、漢字を消すとか、息子にとってはその心境なのかも。
    やりがい、であったり、労働対価などが、納得できるものでないと、障害があるなしに関わらず苦しい思いをするように思います。
    昔、専業主婦に賃金をあたえるといたら、なんて、論議もありましたが、納得いく関係を築くことが難しく、家事さえ、囚人の穴堀に感じるときがあります。
    立石さんとくらべれば、食べさせてもらってるくせにただの愚痴で、怠け者なだけですね。

    • 立石美津子 より:

      「子どもの書いた漢字を消して、書き直しさせる」これは確かに「囚人の穴掘り」をさせていることなのかもしれませんね。
      作った食事を残される、掃除しても誰からも感謝の言葉がない・・・・家事労働もそんな風に感じることは、なんだか愛し合って一緒になった夫婦として悲しいことなのかもしれませんね・・・
      色んな視点をありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp