2017.07.21

初めての結婚式 その参加目的とは!

今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。

息子は生まれて初めて結婚式に呼ばれた。放課後ディサービスの職員同士の結婚式だ。

*放課後等デイサービスとは、障害のある就学児童(小学生・中学生・高校生)が学校の授業終了後や長期休暇中に通うことのできる施設

「そんな大事な儀式に子連れで参加して良いのだろうか」と不安になり、確認したら「もちろん、参加してください」とのことだった。



 

■はしゃいで、嬉しそう

息子は自分が結婚するわけではないのに、案内をもらった日から、この日がやってくるのをとても楽しみにしていた。

封の中からカードを出したり入れたり、何度も何度も見返していた。

普段着しか持っていなかったので、制服の上に父の形見のネクタイを付けることにした。式典は17時~なのに、朝起きるなりどれが似合うか、ああでもない、こうでもないと検討中


参加する前は緊張し続け、参加してからは興奮して、大喜びだった。

こんな表情でした ↓

このシーンでは照れてました!


新郎新婦がこの企画をしたのは「日頃、お世話になった人を招いて」の気持ちからだけではなく、「普段、なかなかこういう場に参加するチャンスのない障害のある子ども達に結婚式を経験させてあげよう」という配慮と優しさからであった。

障害のある子はいつもと違う場に行って騒いだり泣いたり、パニックを起こすこともあるので、その親は結婚式やお葬式などの式典に参加させることを「周りへの迷惑を考えて」遠慮することも多い。

 

だからこそ、この会はとても意味があるものだった。

 

実際、大勢の人がいるところが苦手でいつもと違う雰囲気にのまれて、パニックを起こしたり、奇声を発したり、最初から最後まで泣いていたり、騒いでいたりする子もいた。

 

でも、みんな理解があるので「静かにしなさい」などそれを咎める者は誰一人いない。親としても気を使わなくてよい居心地の良い環境だった。

 

■説明した

息子に「一緒に働いていた二人がお互い好きになり、結婚し、家族になるんだよ。今日はその式だよ」と伝えた。

 

どこまでわかったかどうか?だが、厳かな式を見て神妙な顔つきで拍手する。

今までテレビやネットでしか見ることが出来なかった結婚式を体験できて本当によかったと思う。

 

 

■父の葬儀

私の父が昨年亡くなったとき、母から「葬儀中に騒ぐから、参加させない方がいい」と最初言われた。

 

けれども、私は「人の人生の先には死がある」ということを実体験させたかったので、骨を拾うところまで参加させた。

 

息子にとっては強烈な体験になったが参加させて良かった。

 

過去ブログに詳しく書きました ↓

wp.me/p73B8w-2Mf

 

■まとめ

実体験って大事なことだ!

動物だって図鑑やネットで見て「はい、それでおしまい」ではなく動物園に行ったり、可能であればアフリカのサバンナまで連れて行って体験させてた方がいい。

 

人生の節目について他人を通しての実体験、出産だったり結婚だったり死だったり、障害者は自分の人生の中で叶えられないかもしれないけれど・・・だからこそ、これからも迷惑をかけない限りは参加させてやりたい。

 

皆さんも相手から「ご遠慮ください」と言われない限りは、親が気を使って「そういう場に連れて行くのは止めよう」と考えるのではなく、人生経験として積極的に参加させてみてはどうでしょうか。

 

それから、身内や兄弟姉妹の結婚式でさえ「障害のある子の存在を隠している」理由で参加させないケースもある。悲しい現実だ。

そんな中、ご両親はじめ皆の理解があって、開かれた会

総勢100名以上の人が集まり、本当に温かい式だった。

 

何よりも息子にこの経験をさせてくれたお二人に感謝、感謝なのでありました!


末永くお幸せに~!

また来週金曜日、寄ってくださいね

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

cover_subaru_ikuji2

 

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(8)

  1. だんぼ より:

    素敵ですね!
    我が家の高校二年の娘も弟の障害を
    受け入れられずに、一昨日は大泣き
    荒れ狂いました。
    友だちに、弟は受験だね!どこいくの?
    部活は何やってるの?
    個別級に通っているよ!って言えなかったそうです。
    私も息子の強迫で、イライラ
    ならば、ひとりっ子って、これから言えばいいよ!
    って、つい言ってしまった。
    いつか、受け入れられ、普通に言える日が
    くる事を願って
    将来、この方たちの様な、気持ちになってくれたら
    きっと、なってくれると信じて
    でも、本当に良い経験でしたね!

  2. 立石美津子 より:

    お嬢様のお言葉、何だかとても切ないです。当たり前のように周りは聞いてきますから、まだ高校生のお嬢さんには重いのかもしれませんね。

    でも、きっと親亡き後お嬢様が息子さんを助けてくれる存在になると思います。

  3. 大槻千春 より:

    こんばんは☆
    思いやりがいっぱいの素敵な結婚式ですね♡
    息子さんも良い経験をされましたね!
    楽しみにされていた様子が写真からも伝わってきます。
    こだわりや過敏性が強いと経験をさせる事に躊躇しそうになりますが、今しかない!と思う時はチャレンジした方がいいですね。
    私も息子(知的障害を伴う自閉症です)が10歳の時に、団体ツアーに参加して2人で8日間フランスへ行きました。
    周りの心配は気にせず、何か迷惑を掛けてしまった時は謝って許して貰おうね…と息子とも話しました。
    エッフェル塔やモンサンミッシェルを楽しみにしていた息子は、沢山の我慢とも向き合って過ごしました。
    食べられない物だらけの食事の時間も、ジュースを飲みながらニコニコしていました。
    1人でトイレに入る事が出来なかったので同じツアーのおじさんや周りの人に声を掛け連れて行って貰いました。
    本当に沢山の方に助けて頂き、優しさを感じながら楽しい時間を過ごし、その経験は今の息子の成長に繋がっています。

  4. 匿名 より:

    初めましてのコメントですがいつも金曜日を楽しみにしております。
    全然本文と関係ありませんが息子さんイケメンですね。
    綺麗なお顔。青年期が楽しみですね。

    • 立石美津子 より:

      イケメン~謙遜しないで、素直に「ありがとうございます」~またブログ読んで下さっているとのこと、これからも「書く」励みになります!

  5. 立石美津子 より:

    フランスなんて~素晴らしい勇気と決断です!息子といつか海外旅行に行きたい気持ちがありますが、迷子になるのと食物アレルギーが心配なのでなかなか一歩が踏み出せないでいます~

  6. 菊田朋ちゃん より:

    立石先生 いつも ブログを発信してくれてありがとうございます。 素晴らしい先生夫婦の結婚式でしたね✨ 息子君のお気持ちも伝わります
    読んでる私まで幸せになりましたよ~
    さて 夏休みです! 幸せモード どこまで 続くか(笑) 頑張ります 立石先生も暑い毎日ですが
    お体 気をつけて 頑張って下さいね
    ブログ 楽しみにしてます

  7. 立石美津子 より:

    菊田様

    息子が通っている放課後等デイサービスのスタッフは最高です。夏休みも毎日あります~
    ブログ読んでくださり有難うございます。励みになります~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp