2017.10.20

何でも否定されたと受け取る

今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。

講演会をしたり、取材を受けたりすると、よく「子育てする上で一番大切なことは何ですか?」と質問をされる。 

「自己肯定感、自尊感情を育てておくことです」と私は答える。

これがないと、長い人生で失敗したとき潰れてしまい、壁にぶつかったとき乗り越えることが出来ないからだ。

 

だから、息子の障害がわかってからは

 ・過度な期待はしない(*私とは真逆で子どもの障害がわかって以降、「少しでも健常児に近づけよう」とストイックに療育にはまってしまい、子どもを引っ張る親もいる)

・あるがままを受け入れる

・否定しない

・些末なことも褒める(※夜寝ていただけで「ぐっすり寝たね」と認める等)

 

気を付けて育ててきたのに…

最近、被害妄想が炸裂!

次の言葉をかけただけで、ブチ切れる。

 

■薬飲んだの?

昨日の朝

息子に「薬飲んだの?」と聞いた。(向精神薬を常用しているので)

すると、私に暴言を吐き、自傷行為にまで発展

おそらく「自分のことを信用してもらえない」と感じたんだろう。私は単に“薬を飲んだかどうか”と確認しただけなのに…

 

だから、私も「お母さんをそんなに苛めたら、病気になる!」と言い返した。

(過去ブログ)

wp.me/p73B8w-3bG

こうして、息子は怒り狂ったまま登校した。

 

■帰宅後

帰宅後「お母さん病気になった?」と聞いてきた。今朝言った、比喩、たとえ話がわからず、字面通り受け取るいつものパターン

夕飯後、私は「薬のんだの?」と聞かないよう、努力した。

 

■疑う言葉

普段、こんな言葉をかけている人は、注意してほしい。

×「手を洗ったの?」

×「宿題やったの?」

 

何故かというと、“性悪説”で、最初から疑ってかかっている言葉だからだ。

これを言われた側は不快である。

  

■まとめ

思春期特有の反応か?はたまた自閉症児の特性か?

ともかく、子どもを疑ってかかってはなりませぬ。

それから 「薬一回飲むのを忘れたからって、死ぬわけじゃあない」とドーンと構えて、「私自身が努力しなくてはならない!」と思った出来事でした。

 

今日はあまり面白くない文章でしたね。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

また来週金曜日、寄ってくださいね~ 

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

cover_subaru_ikuji2

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(12)

  1. おっちゃんのこころ より:

    立石先生
    こんばんは。
    子供への声のかけ方大事ですね。
    ぼーっとしてる息子に性悪説で注意ばかりしてました。反省します。

  2. ぷーママ より:

    あー私もやっちゃいます。私の育ちや性分もあり、
    とにかくエスパー行為〜先回りして確認、準備してしまいます。確かに息子は不機嫌(¬_¬)
    でも、いまだに季節気温に合った洋服選択が出来ず、呼ばれる。一応わかりやすく分けラベル貼り、ハンカチ、体操服やパジャマなどの準備は出来るようになったが、外出用はどうすべきか悩みます。
    体感があまりイメージできない〜一つ一つなんだけど、母としては、良かれと思う母心。でも、息子が不機嫌になるのも成長ですよね。小さい頃は全て
    指示がないと動けず、色々自主的に出来るようになったし、なんでも見て見ぬふりできない私ですが、ここは、先生が書かれてるようにどーんと構えないとですね😂
    (親なきあと〜二冊購入し、只今勉強してます。
    先生の情報は、とても心強くなれます。いつもありがとうございます)

    • 立石美津子 より:

      はむかってくるのも、成長の証なんですね。でも、渦中にいるとなかなか冷静にはなれませんが(笑)

  3. kyon より:

    まったく関係のない目線から思うのは
    大人の人でこのような障害を抱えながら、警察の尋問をうけたときにはものすごくストレスを感じて、それこそ尋常ではないほどの反応を示すのかな・・と思ったりしました。
    健常の人に「性悪説」で話を確認すると嫌悪感しめすのに、こういう障害の人にそれでかかれば相応に反応するってことですよね。

    相手を思って、確認する言葉を選んでも、
    それを受け取る側の意識・反応が様々だと…
    人間って奥深いなと思いますね。

  4. モモンガ3 より:

    うちの娘も○○したの?と聞くとすごく嫌がります。疑われたと思ってたからなんですね。。なるほど
    知らず知らずに上から言ってました。。

    今日の講演会 とてもタメになりました。
    あっという間で楽しくもっと聞いていたかったです。
    療育や本などで分かっていた知識でも新たに気付く事ができて とても参考になりました。

    過度な期待 捨てていましたが、できるようになるとついつい期待してハードルを上げていたかもしれません。

    ありがとうございました。

  5. はるる より:

    ご無沙汰しております。
    本などに、自己肯定感を高めていくように支援していくとよいと書かれていることが多いのですが、本人の性格なのか、ものすごく自己肯定感が強い場合、すべての活動において、周囲からはできていないと思っていて、しかし、本人は、100点満点にできていると信じている場合、どういった支援をすればよいのか。(出来ていないと心で思っていても)すごい出来ているねと言うほうがよいのか、それとも、出来ていないよと正直に言ったほうがよいのか悩んでいます。

    • 立石美津子 より:

      ううん、難しいですね。でも綾小路きみまろさんが言っているように「幸せなんて自己申告」と同じで、自分で出来ていると思っていることは良いことだと私は思います~

  6. はるる より:

    返信ありがとうございます。
    昨日は、一度しか乗ったことのないバス(支援学級の行事で)に、「次からは一人で乗れます。早速〇日に乗って出かけてもいいですか?」と言ったと思ったら、「今からバス時間をみてきます」とフラッと外に出てしまい、(中学生なのだから、一人でやってみたいとか、出かけたいとか思うよね)という気持ちも分からなくもないのですが、「いいね。出来るんじゃない」と返事をして、本当に出かけてしまったら、どうしよう。という気持ちもあり、返事に困ってしまうことがあります。どういう対応が合っているのか、探り探りしてみます。

    • 立石美津子 より:

      ちょっと不安で怖いけれども素晴らしい自信と成長です。
      息子も実習で通勤練習してからは「今度は八王子まで一人でいってみたい」などど
      言い出しています。。。。同じですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp