2018.01.05

「母親は奴隷じゃないんだよ!」に共感

今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。

 

こんなブログを見つけた。

「アスペルガー娘の奴隷になるのはもう嫌だ」

全文はこちら 

 ↓

cutesmeki-type.com/?p=4684

一部抜粋、中略

「娘は私のことを奴隷だと思っているかはしらないが、本当に(私は)奴隷だと思う。

 

私の気持ちや体調なんかは全く関係ない。ごり押しの連続。しつこいし、激しいし、うるさい・・・毎日毎日付き合った者にしかわからない不条理

 

要求が激しすぎる娘が本当に嫌だ。すぐ自分にとって心地よかったことが、<こだわり>になる娘が嫌だ。

 

一旦、こだわりになると、それを回避するのにものすごい労力と気力をつかうのが嫌だ。

 

時間がもったいない。

気持ちも振り回されてイライラして、1日が終わる。

私にとってなんのメリットもない1日。

 

虚しい1日。毎日そんな感じ。

 

お迎えに行くのが嫌になる。そのまま置いて帰ってしまおうかと思う。

 

捨て台詞でそう言ったこともある。

 

私は娘の奴隷じゃない。こんな生活ごめんだ!母親は奴隷じゃないんだよ!」

 

 ■非難コメント

これに対して批判コメントが次のように来たようだ。

「こんな無責任が親がこれ程いるとは

自分の事を優先し子どもの事は二の次

子どもが不憫で可哀想過ぎる。

奴隷とか、何の躊躇いも無く発することが出来る親が居るなんて。

そんなに嫌なら児童相談所でも行って児童養護施設に行く方が、子どもの為にもなるはず。

ここまで自分の子供に無責任な親が居ることは驚きで、そしてそれを馴れ合って自己を正当化してる関係は恐怖を覚える」

 

批判コメントへの返事ブログはこちら、彼女は第一子を死産している。

cutesmeki-type.com/?p=4702

 

■共感

私は非難した相手を「非難したい」気持ちになった。

”その苦しみは、発達障害の子を持つ親でなければわからないこと”だからだ。

 

どんな子どもを育てるのにも苦労はつきものだが、自閉症の子を育てるのはその何倍も大変だ。

そして、彼女のブログを読んで蘇る昔の記憶

特に次は共感した。

“すぐ自分にとって心地よかったことが、<こだわり>になる娘が嫌だ” 
息子の行動も嫌だったあの頃

●井の頭線

渋谷から吉祥寺の療育施設に通うとき、最初に乗った電車が、たまたま

井の頭線3000系の各駅停車

すると、もうこれが“こだわり”になり…

次からは「井の頭線3000系各駅停車にしか乗れない」という状態になる。

「たかがこれしき」と思われてしまうかもしれないが…大変だった。

 

当時、井の頭線には4種類あった。

・3000系 各駅停車

・3000系 急行

・1000系 各駅停車

・1000系 急行

息子のこだわる”3000系 各駅停車”が頻繁に来るわけではないので、付き合うのは一苦労

 

極寒でも酷暑でも、これが来るのをひたすらホームで待つ親の姿を想像してほしい。

 

一度だけ“井の頭線1000系”に無理やり乗せたことがあった。

渋谷に着くまでの20分間、室内に放たれた“暴れ鳩”のようになってしまい

「いい加減にしろ!母親だったらちゃんと躾けろ!」と隣に座っていた見知らぬ親爺に怒鳴られた。

これに懲りて、息子のこだわりに付き合う日々となった。

 

発達ナビ記事にも書いた ↓

h-navi.jp/column/article/333

 

  • ●コンドルタクシー
  • 始めて乗ったタクシーがたまたまコンドルタクシーだった。

それからは「株式会社コンドルタクシーにしか乗れない」のこだわりが生まれた。

コンドルタクシーは台数が少ないのか、私達親子の行動エリアにはあまり走ってはおらず…これを捕まえるのは物凄く大変なことだった。

 

■見つからなければいいのに

ある日、息子が渋谷駅で迷子になったことがある。

必死に探しながら、頭の片隅で「このまま見つからなかったらいいのに」と思った。「この子がいないと生きていけない」と言いつつ、こんな思いを抱くことが度々あった。

  

■それに比べて今は楽

息子が生まれて17年、私も自閉症児の親として否応なしに経験を積み、耐性が付いてきた。

それから、息子も「自分のこだわり通り、世の中は動かない」という現実を体験し、学んだのだろう。

 

お互い昔の10倍くらい楽!

健常の子を育てるときも子どもが年齢を重ねるうちに、子育てから解放されるのと似ているのかもしれない。

 

■まとめ

子どもが幼い頃に周りが“本人のこだわり”に応じてやり…

「お母さんは僕の嫌がることはしない」

「自分に心地よいことを周りが認めてくれる」

そんな安心できる経験を積むことで、だんだんと心が安定するのだと思う。

そして、「自分のこだわりが通じない、思い通りにならない」という場面にぶつかったとき、それを乗り越えることが出来るようにもなるのだ!

 

それから…

今、幼い大変な子を育てているママ達へ

ずっとこの状態が一生続くわけではないです。子どもも経験を通して成長します。だから「本人のこだわりを止めさせよう!」とするのではなく、認めてやり…そして、時が過ぎるのを待ってほしいです。

 

今も横から何度もしつこく同じことを聞いてくる。

4年前に強迫性障害を発症してから、尚、しつこい質問がバージョンアップした。

強迫性障害についてはこちら ↓

h-navi.jp/column/article/745

でも、修行を積んだので何とか対応できている。

 

また来週金曜日、寄ってくださいね~ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(8)

  1. 奈良 より:

    私も強迫がひどい時、飛び降りて死んでやる〜の
    屋上へ上がった息子に対し死んじゃだめ!って言いながら、心ではこのまま飛び降りて死んでくれたらいいのに!って
    毎日大変な日々は今も続きますが、通信制高校へ進学も決まり、我が家は療育手帳が取得できなく養護学校の受験ができない。グレーです。たしかにグレーの学校があれば、もっと選択肢が増えるのに、、、
    母親って
    大変ですよねー強くなりました!!!

  2. 立石美津子 より:

    これからまだまだ続く子育て。頑張り過ぎずに乗り切りましょうね。

    グレーのお子さんは適切な学校が今はなく、大変な苦労だと思います。日本の教育がいい方向に向かってくれればと思います!

  3. かもめ より:

    初めてコメントさせて頂きます!
    私の娘は小学4年生で、生まれつき遺伝子疾患があり、知的障害と軽度の身体障害があります。
    ブログを拝見させて頂いて、とても勇気づけられました。また親として苦しみ喜びがありつつも、生き生きと人生を楽しんでいらっしゃるお姿に、私もそうでありたいと心から思いました。
    普段は全然気にしていないのですが、毎年お正月になると、友達からの年賀状で家族が増えている姿を見て、ついつい「ああいいな、普通に産めていいな、健常でいいな、幸せいっぱいなんだろうな」などどいう気持ちが未だに芽生えて来てしまい、修行の足りなさを実感しています(汗)
    私は色々と心底悩んだ結果、兄弟を産みませんでしたが、家族3人で最後まで幸せに生き抜く事を目標に日々精進して行きたいと思います!
    ちょっと落ち込んでいたので、ブログを拝見して元気を頂きました!ありがとうございました!
    喜びも苦しみも、育児のコツも、日々発信してくださる事に心から感謝致します!

  4. 立石美津子 より:

    かもめさん

    年賀状、わかります。その気持ち…

    きっとどの家族にも人には言えない苦労や悩みがありますよね、きっと。子どもがぐれていても賀状には載せませんしね。。。。

    読んでくださってありがとうございました!

    • 立石美津子 より:

      マルモさん

      皆さん、口には出さなくても「このまま迷子のまま見つからなかったら良いのに…」と思ったことはあると思います~

      1人ではありませんから、大丈夫です~!

  5. マルモ より:

    ‪初めてブログを読ませていただきました。
    泣けました。
    自閉症と軽度知的障害のある6歳の息子がいます。しょっちゅう迷子になります。前は必死に探していましたが、最近は「このまま見つからなければ…」と思ってしまうこともあります。保育園のお迎えも憂鬱です。
    頭では「ダメな親だな」とは分かってるんですけど、心は正直です。

    同じ気持ちを持っている方がいると思えると本当に心強いです。
    ありがとうございました。

  6. 清美 より:

    質問です。
    もしご存知なら教えてください
    高機能自閉症って療育手帳取れませんが精神障害者保健福祉手帳では養護学校は難しいのでしょうか?
    精神障害者保健福祉手帳には障害者手帳と書いてるそうですが
    療育手帳と同じ効果があると思っていいのでしょうか?
    違いがよくわからなくってすいません

  7. 立石美津子 より:

    清美さん

    精神障害者保健福祉手帳は主に精神障害者の方のための手帳です。法定雇用率の中でも働けますし、その効果はありますよ。

    特別支援学校は知的障害がある子が対象ですが、自治体や学校によっては、アスペルガーなどで精神障害者保健福祉手帳でも入学許可が出ますよ。

    こちらのサイトは詳しく書いてありますよ(私もライターんとしてコラム書いてますが)

    h-navi.jp/column/article/35025920
    こちらのサイトも参考にしてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp