2018.02.02

お友達にしつこくし過ぎる

今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。

自閉症の子は”閉”の漢字が表すように、“自分の殻に閉じ籠って人と関わらない人”と思われがちだが、そんなことはない。

 

息子も幼児期は一切友達と関わることなく、一人遊びがとても多い子であったが…今は正反対の青年となった。


■東急バス内でのトラブル

担任から電話があった。

「昨日の下校時、東急バス内で立石君が友達にしつこくして、その友達が影響されてパニックになり暴れ、バス側にも周りの乗客にも相当迷惑をかけた。これからはバスを使わないでほしい。学校からも厳しく注意する」

という内容だった。

息子が通う特別支援学校高等部にはスクールバスがあるが、障害により体力のない子など、特別に許可が出た子だけが利用できる。息子は対象外

だから公共の交通機関を使っていた。

 

同じようなことが昨年も4回ほどあり、生活指導の先生も入って学校側とその都度話し合い、半年程、落ち着いていたが、またやってしまった!

(公共の交通機関を使わなくとも、バスで4駅ほどで頑張れば歩ける距離、今は徒歩で通学している)

 

■心の理論

「相手の気持ちがわかる」これを専門用語で“心の理論”という。

自閉症の子はこれらがなかなか育っていないと言われている。

息子も先日の病院の検査(“サリー・アンのテスト的なもの)では、正解率は低くズタボロであった。

©夕露

(過去ブログ サリー・アンについて)
wp.me/p73B8w-2Ih

だから、相手が物凄く嫌がっているのに、それがわからず、自分の気持ちだけで突っ走ってしまう。

 

■帰ってきたらどうしよう

担任から電話があってから「さて、帰ってきたらどうやって叱ろうか?」と私の頭の中はあれこれ忙しくなった。

 

「お友達の気持ちになってみなさい。自分だって同じことやられたら嫌でしょ」

でも…「そもそも“相手の立場に立つ”のが難しい子に、こんな言い方伝わらないだろうな」と思ったり…

 

「『お母さんはあなたのこと信じているから、これからは二度と同じことをしないで』って言おうかな?」

でも…「こういう抽象的な曖昧な表現は通じないんだろうな」と思ったり…

 

だからといって…

「またバスの中で友達にしつこく付きまとったらしいね!何度同じことを注意されたらわかるの!いい加減にしなさい!担任からも電話あったよ!やられた子の親はきっと凄く怒っているよ!」

「これじゃあ追い詰めるだけ…」と思ったり…

 

■学校にアドバイスを求める

そこで、担任に「家庭ではどのように対応したらよいのか」のアドバイスをもらおうと、再び、学校に電話をしてみた。

 

すると「取り合えず、今日、学校で厳しく注意したので、本人から話がなければ、お母さんから特に話を持ち出す必要はないです。知らない振りをしていて下さい」と言われた。

 

■結果

さて帰宅後

私は一切、知らない振りをして「お帰り」と優しく声をかけた。

すると、自ら「やってしまった、先生から電話あった?」と言ってきた。

顔を見ると引きつった顔をしている。かなり、反省している様子だった。

 

そこで私は “傷口に塩”にならぬよう、淡々と「もう二度と同じことはしないように」と諭した。ネチネチとは言わなかった。

 

■まとめ

これで暫くは治まると思う。

昨年はトラブルとトラブルの間には1か月くらいの間隔しかなかったが、インターバルは確実に少しずつ長くはなっている。今回は半年ほど何事もなかった。

 

叱られる度に反省し、自分の「相手にしつこくしたい」という感情をコントロールできるようになってきている。親バカかもしれないが、成長している。

 

一気によくはならないが、それが人間なのである。

そして、子育てとはその繰り返しなのである。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

また、金曜日寄ってくださいね!

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

cover_subaru_ikuji2

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(2)

  1. kyon より:

    大変な思いをする家族ではありますが、
    かわいい息子さんですね。
    本人の意図せぬところで批判をあびがちでしょうが、着実に「成長」はしてるわけで。
    人間って難しいなーと思うところもありつつ、
    だからこその進歩だろうなとも思える感があります。

  2. 立石美津子 より:

    息子は苦労の種ですが、喜びと幸せの種でもあります。コメントありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp