2018.04.20

”鬼畜の家”と化す理由

今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠に有難うございます。

私はノンフィクション作家の石井光太さんのファンだ。何とかお逢いできないかと画策して、セミナーに参加してきた。

(ウサギ小屋に我が子を入れ、荒川に捨てた母親のルポなど)

amzn.asia/93JdCPS

 

■産み落とした子を殺し、押し入れに(2014年 10月の事件)

(産経ニュースより) www.sankei.com/affairs/news/141003/afr1410030048-n1.html

 “県警下田署は3日、自宅に生後間もない乳児の遺体を遺棄したとして2日に死体遺棄の疑いで逮捕した。

 

母親で下田市高馬のアルバイト店員、高野愛(いつみ)容疑者(28)の家を捜索したところ、新たに別の乳児の遺体1体が発見されたと発表した。同署で詳しい死因などを調べている。

 

同署によると、高野容疑者は9月下旬ごろ、自宅1階の押し入れの天袋に、生後間もない乳児の遺体をシーツに包んで発泡スチロールの箱に入れ、遺棄したとして、2日に死体遺棄の疑いで逮捕された。

 

3日午後に同署員が高野容疑者の家を捜索したところ、押し入れの下段からポリ袋に包まれプラスチックの箱に入れられた新たな乳児の遺体1体が見つかったという。

 

遺体はいずれも腐敗しており、性別や外傷の有無などは不明。高野容疑者はいずれの遺体についても「自分が自宅で産んで捨てた」と話している。

 

2日夕方に市福祉事務所の職員から「妊娠していた母親のおなかが小さくなっているが、子供が確認できない」と情報提供があったことから犯行が発覚。高野容疑者は実母と子供3人の5人暮らしだった。”

 

 

■石井さんの話

彼女は高校2年生の時から約10年間の間に夫や恋人の子どもを8人も妊娠し、そのうち生きているのはわずか3人

 

この新聞記事を読んで、誰しもこう思う。

「なんて酷い母親なんだ!」

「性欲におぼれたバカ女!」

 

■でも…おかしい

でも、この新聞を読んで?の点がある。

加害者が住んでいた家は小さな家

それなのに…

「ここに加害者の母親(祖母)、叔母も住んでいて、更に子どもが3人いた。押し入れに入れられた腐敗した嬰児の遺体にどうして誰も気が付かなかったのか」という点(父親もいない、親子ともシングルマザー)

 

でも、石井さんによると

「ゴミが散乱していて、食べ物、3人の幼子の排泄物、汚れた紙おむつにまみれた異臭を放った家、嬰児の腐乱した臭いもかき消されている」

「加害者は虐待されて育ち、母親(祖母)は彼女を全く見ていない、子殺しのは母親もまた鬼畜」

 

だから、誰も気が付かなかった。

そして、新聞記事にはここまで書いていないのだ。

 

■背景

私が参加した石井さんのセミナータイトルは

「メディア報道とノンフィクションはどう違うか」

毎日、悲惨な虐待事件が起こり「ひどい親もいるもんだ」とテレビ報道を見て感じ、そしてまた新たな事件が起こり、人々の記憶から消されていく。

 

メディア報道は一瞬、字数も限られる。だから、事件のことをただ伝える、その場限りのものである。

 

でも、事件には背景がある。これを綴ったのがノンフィクション

石井光太さんのこの記事を是非読んでください

(セックスに溺れた女が、現実逃避の果てに2人の我が子を殺すまで ↓)

gendai.ismedia.jp/articles/-/50695

それから本も…

amzn.asia/93JdCPS

 

■まとめ

この加害者の親が鬼畜なのだ。鬼畜に育てたから、娘が鬼畜と化し、鬼畜の家となった。

事件を起こした背景には、彼女の幼少期に形成された特異な性格がある。

虐待事件で表面化するのは一部である。

けれども、言葉による暴力、子どもを親の感情でコントロールする毒親はたくさんいる。

 

ノンフィクション氷河期時代と言われるが、ほんわかしている子育て本を読むよりも、これらの事件の背景をルポした本を読んだ方がよい。「子育てで何が大切なのか」がわかるからだ。

 

セミナー後、石井さんと食事をした。本のテーマとはリンクしない明るいキャラの方だった。

最後まで読んでくださり誠にありがとうございます。

来週、金曜日又、ここでお会いしましょう!

amzn.asia/1d0FIjW

 

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(2)

  1. マチコ より:

    はじめまして
    いろいろな子育ての本を読み、期待しない求めすぎない先回りしない‥テキトーにする。と頭で理解していても実行なかなか出来ておりません(p_-)本当に自己嫌悪の繰り返しです。いつもブログをみて猛省しています←でもまた同じことを繰り返す‥。学習能力ないんかな‥。

  2. 立石美津子 より:

    時間をかけて母として学習していくのですね。私もまだまだ途中段階です。

    いつもブログを読んで下さり有難うございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp