2018.06.01

障害者のレッテルを貼られる?手帳を持つメリット?デメリット?

今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます!

 

ダウン症候群であった場合、顔を見ればわかる。

だから親は早い時期から障害を受け入れ、「この子は障害児である」の証明書である療育手帳を取る親がほとんど

 

けれども…

自閉症児の場合、ぱっと見、普通に見えるので、なかなか親もその現実を受け入れがたくなり、手帳の申請に行かない人もいる。


■自閉症だった場合

それでも、自閉症で知的遅れが軽くはない場合、申請に行く親は多い。

でも、軽い場合は…

「手帳を持ってしまい、障害者のレッテルを貼られたくない!」

「障害ではなく、個性の一つとしよう。障害としてしまったら、伸びるものも伸びなくなる!」

と考えてしまう親もいる。

 

(補足)
“申請”というのは…黙っていても行政側から「療育手帳を申請しに来てください」とは連絡がこないということ。日本の福祉は自己申告制なのだ。親が行動しなければ、福祉の網の目から零れ落ちる。

(↓ 過去ブログに書きました「福祉の目から零れ落ちる」)

wp.me/p73B8w-3kd

 

■メリット

療育手帳を持つメリットは様々ある。

まず

・企業に法定雇用率の障害者枠で就労できる
(※
従業員50人以上の企業は障害者を2,2%雇わなくてはならない法律がある)

厚労省ページ

www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaisha/04.html

 

その他、療育手帳とリンクしているもので下記が有利となる。

・ヘルパー派遣を一割負担で受けることが出来る

・特別支援学校高等部の入学許可が出て、職業訓練を受けられる

・障害者年金を受け取れる

・障害者扶養控除など税の減免

 

■デメリット

デメリットはない!

あるとしたら「親の気持ち」だけ。

見栄やプライドだ。

 

親は子どもより先に死ぬ。親なきあとの人生の方がずっと長いのだから、福祉サービスを受けることが出来るように、親はそんなプライドをかなぐり捨てて、行動した方がよいと思う。

もし、どうしても気持ち的に嫌ならば、仮に手帳を取ったとしても、それは必要な時に使い、あとはタンスの引き出しにしまっておけばよいのだ。

 

子どもが通常ルートで就労するのが難しい場合、療育手帳を出してきて、法定雇用率の中で採用される道を選ぶことだってできるんだから…。

(精神障害者手帳を後でとって雇用率で雇われる方法もあるにはあるが…)

 

■まとめ

感情的にはなかなか一歩踏み出せないかもしれないが、子どもの長い人生を考えて、勇気を奮って行動してほしい。

 

それから、「母親は手帳申請に行きたいが、夫や姑の理解がなく、行動できない」と嘆いている人もいる。

 

家族を説得できず、喧嘩になり、離婚の道まっしぐらというケースもある。

 

ここで相手に理解してもらおうとしてエネルギーを使い、精神的に母親が参ってしまうよりも、家族に黙って実行し、手帳を取ってしまったらどうだろうか、隠し持っていればよいのだから…

 

無責任発言かもしれないが、子どものことを思うと、そこまで私は考えてしまうのでありました。

 

また来週金曜日、寄ってくださいね~ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

cover_subaru_ikuji2

 

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(2)

  1. ハナ より:

    うちの場合は、本人の受容がなくて大変でした。地元の息子の同級生は、普通のレールにのって就職したりで、息子がだんだん会いにくくなってきたみたいです。障害があるというだけで、縁がきれるのは寂しいです。息子がカミングアウトして、友達からも助けを借りて、堂々と生きていければと思うのですが。同じ障害を持った友達が出来ればいいけど、これがなかなか、新しい友達が作れないので困ってます。

  2. 立石美津子 より:

    ハナさん

    自分を受け入れること、そしてカミングアウトすることが一番難しいのかもしれませんね。親よりも…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp