2018.08.17

計算できなくても、買い物できます

今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます!

 

「1000−787=」の計算問題が出来なくても、買い物をすることが出来る!

そのやり方は…

 

出来る人にやってもらうこと。出来る人とは=レジに立つ店員である。

 

■難しい数学

中学の頃、特別支援学級の夏休みの宿題に“34×45”の問題が出された。

半数以上の生徒が、小学校の通常学級から進級してきた子ども達であった。従って算数を学んできている前提で、こんな難しい問題も出されていた。

 

息子はというと…小学校2年生までは特別支援学校、3年生からは特別支援学級に在籍していた。

 

だから、チンプンカンプン。宿題を前に苦痛の表情をしているのを見て、「こんな問題やらせても、実生活の中で使うことないのになあ…」と私は感じた。

 

計算機を使うしかない!


■面談

担任に思い切って相談した。

 

「学校の数学は息子には難し過ぎます。筆算よりも日常生活に必要なお金の計算を教えてほしいです」

 

すると、担任は「この学校には学力差のある子がいますので、このような問題もやらせていますが難しいかもしれません。立石君には出来ないことがあったら、周りに助けを求める術を付けることの方が大切です」と話し始めた。

 

 

■生きる力をつけるのが目標

簡単な買い物を一人でできるようにと、私が息子にオリジナルプリントを作り

机上のプリント学習ではなく、お金を使いながら考えさせ


それから…

 

コンビニで買い物練習させていた。

 

このことを担任に伝えると「お金をそんなに躍起になって教えなくてもいい」とまで言い、こう続けた。

  1. 1.どんなに努力しても立石君には無理なことがある。出来ないことを克服させるのではなく、出来ることをさせるように。

 

2.日本は治安が良い。お金の計算が出来なくても大丈夫。財布を広げて「わからないので取ってください」と言えば、店の人が多めに取ることはしない。

 

3.大事なのは「自分から助けを求められること」。なんでも自分一人の力で出来るようにならなくてもよい。

 

4.難しい計算問題ができても、物の価値がわからない子がいる。「白菜は2000円くらい」と平気で言ったりする。その価値がわかるようになるのはなかなか障害のある子どもには難しい。

 

5.「お金がわからないとダメだ!」と親から叱られ、訓練を受けている男児がいた。財布から正しい金額を出すことができないことを恥ずかしいと思ったのか、その子は商品を黙って持ち帰るようになってしまった。

 

 

■難しい計算はできなくてもいい

この話を聞いて、肩の荷が下りた。(「だったら個別の能力に合わせた宿題を出してくれればいいのに!」とも思った)

 

思い返せば…

苦手意識がすでに出ていて、「パスモがないと電車乗らない、買い物しない」と言い出した。お金を握らせると、地面に捨ててしまうこともあった。

 

だから…

 

・治安のいい日本にこれからも住むのだ。老人が財布を広げて店の人に取ってもらっている光景をスーパーでたまに見かける。息子も一生そうすればいい。

 

・将来はカードだけで買い物するキャシュレスの時代がやってくる。

 

・宿題がわからないとき計算機を出してきた。そんなこと思いつくなんて案外、生活力が育っているではないか。偉いぞ

 

と考えるようにした。

 

■金銭感覚はない

この間、学校から持ち帰ったプリント。一か月の給料の欄に“5000円”と書いてある。

プラレールはだいたいこの金額。だから「給料5000円で良い」と考えたのだろう。

 

まあ、作業所に行けば工賃として月1万円くらいなので「当たらずといえども遠からず」なのだが、「生活するにはいくら必要なのか」等の金銭感覚がない。

 

 

■お楽しみのコンビニ

「買い物体験を無理してさせなくてもよい」と担任に言われたが、放課後ディの帰りに“コンビニに寄って好きなお菓子をうことが楽しみ”になっているので、未だに続けている。

 

ある日、500円もするショートケーキを買ってきたので「毎日これだと破産する」と思い、「200円以下のものにして」と伝えたら、翌日から100円前後のヨーグルトやプリンを買ってくるようになった。

 

「ちゃんとわかるようになってきているじゃないか~。よし、よし」と思ったのでありました。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。また、金曜日寄ってくださいね。

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

cover_subaru_ikuji2

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(17)

  1. たけのこさん より:

    良い支援を受けながら、生活できるスキルを身に付けさせたいですね。
    どこまでできるか、どこまで教えるか、どこまで手助けするか?
    成長に合わせた見守りを、そして、親以外に助けてもらったり補助してもらうことで生活の室をよくしていけるのが理想。
    それを実現するためには、やはり、収入、公的な年金や、資産管理など、一人になる前に、整えてやらなくてはならない場合もありますね。
    ただ、知的な問題がある場合は、重要な金銭の出費を伴う契約や、買い物は、信頼できる人と一緒に買いにいかなければ、判断がつかなかったり、必要なものを手にいはらないばあいもあるかもしれません。

  2. 立石美津子 より:

    本人の能力に適したできることは是非、増やしていきたいですね。できないことは出来る人に頼むスキルをつけさせたいですね~

  3. 匿名希望 より:

    コンビニで店員さんに支払い時に○○カードはお持ちですか?袋にいれますか?お箸は何膳必要ですか?と質問された際はどうなさってるのですか?

    • 立石美津子 より:

      デザートのヨーグルトやプリン系のみなので、多分、質問されていないと思います(^○^)

  4. モヤモヤ より:

    失礼します
    じつは今悩んでいました。
    小学校の支援学級では、お金の計算重視の指導で、少しずつ練習していました。
    近所のおもちゃや文房具の店、本人が好きなお菓子がたくさんあるコンビニ。
    一人で入った時もありましたが、たまたま外国人の店員さんに何回も聞かれて答えられず今はなかなか一人で入れない状態です。
    人の少ない店や時間帯ならなんとか…ですが、私の方もまだまだ、次の人が気になって急かされる気持ちになってしまったり、お財布見せてとってもらうのは不安になります。
    話すのはまだ緊張してしまうので、どう伝えればよいか、、支払いを頑張ることは続けて、ピンチのときは紙に書いたものを見せるようにしてもいいでしょうか?
    毎回、私が ああすれば良かったかなと反省したり落ち込んだりしています😅
    ありがとうございました。

  5. 立石美津子 より:

    モヤモヤさま

    紙に書いて渡すのもありですね。少しずつ経験することで緊張もほぐれ、自信になると思います。

    焦らずにゆるりとやっていきましょうね

  6. たけのこさん より:

    計算ができる場合とできない場合では、教える事も違ってきますよね。
    持たせる財布に入れるお金のいれ方にも工夫は必要かもしれません。
    また、セルフレジもありますね。
    できるならある程度迷惑がかからない形で購入できる手段を見つけて、何度か練習してみるのも必要かもしれません。
    たとえば、サービスカウンターのあるスーパーに質問できるスキルも必要かも。

  7. 立石美津子 より:

    息子は大きなお金ばかり使って、肥満体のお財布になってますよ(笑)

  8. 理央ママ より:

    支援学級って不思議ですよね
    個別に合わせた内容で教えていますって言うけど 全然合ってないから 先生に相談すると 他の子もいますからって言われるんですよね
    教育相談センターに相談しても 先生は忙しいからと最終的に言われます
    うちの学校だけじゃないんだって分かりました
    うちも大きなお金しか出せなくて肥満体配布です

  9. 立石美津子 より:

    特別支援学校は完全個別だけれども、支援級は違いますよね。通常級はもっと一斉指導のみ!

    これが現実ですよね。。。

    • 立石美津子 より:

      真津蜂ペアレントさま

      出来ることが徐々にでも増えていくのは嬉しいことですが、減っていくのは悲しいことですね。

      でも、髪の毛なし、オムツ、話せない。。。人は老いると赤ちゃんのような生まれたときの状態に戻っていく感じもします。。

      その存在だけで「よし」とする心境になれるといいですね!

  10. 真津蜂ペアレント より:

    こんばんは。今度は私の母です。認知症で要介護1。昔はスーパーで買い物しても、暗算で1円単位でレジよりも早く計算していたのに、今はコンビニでジュース1本買うのにも1万円札を出さないと買い物できません。だんだんできることが減っていくのがとても悲しい。

  11. ダイエットママ より:

    困ったや、して欲しいことが言えない高3の息子
    相談ができるようになれば、一人で悩まなくてもいいのにね

  12. 立石美津子 より:

    自分が困っていることを、しっかり伝えられたらいいですよね

  13. mw より:

    計算できなくても生活できるって、その支援学級の先生は本気で言ってるのですか?そんなに安心安全な店(人)ばかりですか?とてもじゃないけどそんなこと断言する学校の先生、信用できない。。

    • 立石美津子 より:

      そうでしょうか。SOSを出すことが大切だと担任は説いているのだと思います。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp