2018.08.24

金魚と言っただけでパニック

今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます!

 

■ジンベイザメを「金魚」と言っただけで

学校で制作したティシャツを持ち帰ってきた。

「可愛い金魚、描いたんだね」と言ってしまった。すると…

 

「違う!ジンベイザメだ!違う!違う!」とスイッチが入ってしまい、その後、パニックを起こし自傷。そんな些細なことでこうなる。

 

 

■成長した

この間、息子の幼児期のパニック動画を久しぶりに見た。

物凄い暴れ方

 

当時は国立成育医療センターに通っていた。診察時の主治医の前でこの状態になる訳ではないので、家での様子を伝える手段として使っていた動画である。

 

「金魚」と間違って言うだけでパニックを起こしたが、17歳になった今は回数も減り、自分の気持ちをコントロールできるようになった。動画を見て「成長したなあ」と感じた。

 

 

■赤ちゃんの泣き

赤ちゃんは、「お腹すいた」「オムツが大便まみれで気持ち悪い」「暑いから服を脱がせて」と不快な状態を言葉が話せないので、泣いて訴える。

 

そんな時、「泣くんじゃない!」と叱ることなく、母親はその泣き方から「なぜ泣いているんだろう?」と原因を探り、不快を取り除いてやる。

 

この体験を通して子どもは「この人は僕を保護してくれる人だ」と母親を認識し「この世は安全な場所なんだ」とわかってくる。

 

 

■息子には対応できない

息子は5歳になるまで言葉はなかった。だから前記の赤ちゃんと同じ状態だった。

 

自分の思いがなかなか親に伝わらないときは、床に頭を打ちつけ自傷するしか方法がなかった。

 

階下から「音がうるさい!」(息子が暴れて床を蹴る音)と苦情が何度も来てしまい、結果、引っ越しせざると得なくなった。

 

そんなこともあったので、息子に対して年相応の行動を望んでしまい、「いい加減にしなさい!」と怒鳴りつけ、更に「これって虐待」と感じつつ、叩くこともあった。

 

幼児を育てるのはただでさえ大変な上、自閉症児は親にとっては“育てにくい子”である。実際、虐待件数のパーセンテージは、健常児のそれよりも高いと言われている。

 

参照…杉山登志郎

bigissue-online.jp/archives/1020631369.html

 

でも、息子の行為の理由は「これは音は耐えらない、止めてくれ!」の訴えだった。私がそのことを理解してやれず、更にその態度を叱るという悪循環を起こしていた。

 

 

■どうすれば良かったのか

息子がパニックを起こしたときは、赤ちゃんが泣いたときと同じように「この原因はどこにあるんだろうか」と探り、「お前の負荷になる原因をなくしてあげるからね」と安全地帯を作ってやらなくてはならなかった。

 

泣いて暴れることを叱るなんてもってのほか。間違った対応をしていた。

 

しかし、息子の場合はパニックを起こしてからは、嫌な原因(例えば「音を消す」)を取り除いても収まらず…

 

ほっておくしかなかった。15分くらい放置し、その後お風呂の湯船につからせた。すると気分が変わるのか急速に自傷行為は収まっていった。

 

 

■大怪我をするほど自傷はしない

よく観察してみると、自分の身体がダメになるほど傷つけてはいなかった。「これ以上やるとひどい怪我になる」のマックスギリギリのところでやっていた。

自傷行為で”自分の目玉をくり抜いてしまった自閉症児がいる”と聞いたことがあるが(痛覚も鈍っている)、息子はそこまではしない子だった。

 

外出時パニックを起こして、道路上でスライディングすることもあったが、大怪我をしない凸凹が少ない道路を選んでいた。

 

たまに読みが甘く、傷が深くなることもあるが…

 

また、身体を触って抱きしめ「よしよし」となだめる行為自体が、感覚過敏があるので不快なことで、パニックが増幅されていくことにも気がついた。

 

さらに1時間も続くように思えましたが、タイマーで測ってみると、一番長くても20分程度

 

つまり、親があたふたするのは“火に油状態”で、何もしないことが一番の解決法なのだ。

 

 

■赤いジンベイザメ

太陽光の角度によっては赤く見えるジンベイザメもいるようで、よく観察して「ジンベイザメ」と言えばよかった。

まだまだ修行中の私です。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

また来週金曜日、寄ってくださいね~ 

Amazon購入サイト
www.amazon.co.jp/dp/4799105566

cover_subaru_ikuji2

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(47)

  1. たけのこさん より:

    わーかっこいいね
    でいいのでは。
    色が素敵とか。

  2. 立石美津子 より:

    素敵なティシャツに仕上がってます(^○^)
    ありがとうございます(^○^)

    • たけのこさん より:

      そうです。
      素敵に仕上がってるね、でよかったですね。
      語りすぎると、失敗することって、ありますよね。

  3. 匿名 より:

    色的に24時間テレビのチャリティーTシャツかと思いました。
    私も障害定型関係なく、子供が描いた絵に関しては何を描いたかを当てようとせずに抽象的な感想を言うようにしてます。

  4. 立石美津子 より:

    確かに、色遣いが似てますね!
    大人の固定観念で何か決めつけてはいけないのですね~
    コメントありがとうございました!

  5. 匿名希望 より:

    こんな幼稚園でやる内容を17歳が学校でやってくるとは・・・・。やはり知的障害者の教育に我々の血税を費やすよりも本当に勉強したくても経済的事由で学校に行けない健常者にその税金を回すべきです。そのほうが日本経済に間違いなく寄与します。知的障害者なんて社会の役に何もたたないし(むしろお荷物)養護学校は廃止にして自己責任で家で世話するほうが良いのでは。普通の17歳は今、大学受験の勉強で必死なんですよ。金魚じゃないと切れるとか知的障害者はやべ~。

    • 匿名 より:

      立石先生のブログって、芸能人ブログと比べるとそんなに認知度の高いものではないから(先生、ごめんなさい)
      以前から立石先生を知っていて叩く標的にしてるんじゃないです?
      スンゴイ顔しながら画面に向かって貧しい文章を打ち込んだんでしょうね。
      こういう場所でしか自己表現出来ないのは、ある意味同情します。

  6. 匿名 より:

    悲しい言いぐさ。津久井やまゆり園犯人と同じ

    • 匿名希望 より:

      犯罪者と一緒にしないで下さい。知的障害者に意味のないお遊びの場所を提供するよりも本当に勉強したい苦学生にその予算を費やしたほうが間違えなく将来の国益になります。

      • みるく より:

        横ヤリ失礼します。
        では、匿名希望さん、あなたは、知的障害者の方々は、この世には必要ないと仰るのですか?
        あなたがいつも使っておられる地下鉄の通路、ゴミ箱、時には駆け込む公衆トイレ。どんな方がお掃除して下さっているか、想像した事はありますか?
        嫌な顔一つせず、むしろ喜びをもってされているんですよ。
        知的障害者を育てるお母さんが、どんな苦労をしてらっしゃるか。。。

        お子さんにいわれますよね?「相手の立場に立って物事を言いなさい」と。私は、小学校の時に、この言葉を校長先生から教わりました。
        言いたいことたくさんありますが、これで終わります💖

        • 匿名希望 より:

          みるく様                   3Kと言われる仕事も数年後にはITの進歩によりロボットが知的障害者に取って変わるので障害者の出る幕は無くなります。知的障害者の母親の気持ちですが私には分からないです。ただ産んだ自己責任で他人に同情を求める余地は無いと思います。障害児の親同士で傷を舐めあってれば良いのでは。

          • ミルク より:

            そうかもしれませんね。
            でも、「今」は違います。一人一人、神様から尊い命をもらっています。その命を、一生懸命生きること。
            自分が与えられたタラント(できること)をしっかりと活かして生きたいです。
            もうこれ以上、匿名希望さんとお話しする気はありません。。。

            他でコメントされている、お子様のトラウマが早く解消されますように。。。心から願います。

  7. 匿名 より:

    匿名希望の哀れなあなたへ。
    障害者にお金を使う意味がない、苦学生に使った方がいいなどと。あなたのような片寄った考えの方が心配するようなことではありません。
    嫌なら、ブログ見なければいいのでは。

  8. 立石美津子 より:

    優生保護法はつい最近まであったわけで(私が20代の頃、産科医の入り口には大抵「優生保護法指定医」と書いてありました。

    ですから匿名さんのおしゃることも事実だと思います。

    でも存在意味がないのでしょうか。トイレ掃除、公園清掃、汚物処理など単純な汚い仕事も多くの障害者が低い報酬、また作業として工賃、月8000円くらいで携わっているんです。

    そんな人たちがいて、社会は成り立っているんです。優秀な人たちだけでは回っていきません。

    私のブログで腹立たしいのならば、もうアクセスしないでください。

    お互いとても嫌な気持ちになります。

    自身が将来障害者になることも身内が障害者になることは誰にでも起こりえることも頭の片隅に入れて頂けたら幸いです。

    • 匿名希望 より:

      立石先生                   それではもうアクセスしません。最後に不安を煽るようですがご自身でグループホームを設立されるのは非常に難しいですよ。市役所の職員の話だと人員の確保が大変みたいです。まず求人を出しても職員が集まらない。夜勤の常駐者が必要。日中のバイトの世話人もすぐに辞めたりすっぽかす。提携先の病院が必要。知的障害者と触れ合う恐怖。作業所までの送迎車の運転手の確保。そして最大の課題は近隣住民の理解(だいたいここで反対運動をおこされ経営を断念する方が多いみたいです)。行政も余計な助成金を知的障害者に費やしすのに非協力的みたいです。経営を甘く見ないほうがいいですよ。

    • 立石美津子 より:

      匿名様

      私がGHを設立しようとしていることまでご存知なのですね。書かれていることは全部調査済みです。経営者、役所の方とも実際会って解決策を探り打合せ中です。

      その中でどうやって実現していくか考えております。

      お互いこのようなやり取りはそれこそ、生産性がないですのでもうやめましょう。

  9. TAMA より:

    立石先生の最後の一文、重い・・・

    人を煽り不愉快にして何が楽しいのか。匿名希望で毒を吐き、自身は何の痛手もないように思っているかもしれないが、自身が吐いた毒は自身の目や耳から吸収される。

    吐き続けると、病むよ。お天道様も見てるしね。

    • 匿名希望 より:

      TAMA様へ                   毒を吐くとおっしゃるがその根源は知的障害児なんです。私の息子(6歳年長健常児)は児童館で知的障害児にいきなり暴力を振るわれて児童館に行くのがトラウマになってしまいました。どうすればこれを解消出来ますか?

      • 立石美津子 より:

        他の子に手を出す子は健常、障害関わらず、あると思います。家庭の躾の問題だったりします。そういう面では「障害児」という括りは外した方が良いと思います。

        ただ自閉症児の中には障害の特性により、自傷する子もいれば、他害をしてしまう子がいます。

        そういうお子さんを公共の場で遊ばせる場合は生活支援のヘルパーや介護人が、そういうことが起こらないようにしっかりとみている責務があります。それを怠るのは派遣している事業所として問題ありですね。

        親の責務について…自閉症児については、他害については親御さんの躾の問題ではなく、不安、パニックにより起こることもあるので、医師と家庭でおそらく対応策を考えていると思いますが、全部なくすわけにはなかなか行きません。薬の処方により、行動を何とかする方法を取る方もいます。

        共存していくには、互いにどうしたら良いか考えていかなくてはなりませんね。

        どうかお子さんが「障害者はお荷物だ」という強い優生思想を、6歳という幼少期から持ってしまわないことを願います。自分が弱い立場にたったとき自分が他人に対して思っていたことを、自分に投影し、自分を卑下したり自己否定する方に走ってしまうからです。受験に失敗したとか就職できないときに強い自己否定をするなどです。

        今回、嫌な思いをされたとは思いますが、これからのお子さんの長い人生の中で、「弱い者は価値がない」という考えを与えないようにして頂きたいなと思います。それがお子さんのためにもなると思います。

  10. 匿名 より:

    健常者の手を出す子は、成長すれはおさまるけど
    知的障害の子は、大人になって力が強くても加減がわからず本気で叩くから怖いです

    匿名希望さんの投稿には、一理あるところもあると私は思います
    ネガティブなコメントを言われた時に、そんなことを言うなと言ったり
    障害児の親や理解し合う同士で傷を舐め合うだけでは知的障害児、者の環境は変わらない

    口に出さないだけで、匿名希望さんのようなこと思っている人は一定数いると思います

  11. N より:

    個人的に感じたのは
    理由なく叩く障がい児はいない。
    むしろ理由なく叩いて後から理由付けする健常児や先生方の方が多かった。
    叩くどころじゃなく陰湿な嫌がらせもするし。

  12. Hより より:

    匿名希望様へ
    あなた様のコメント読ませていただくと、あなた自身が心配です。そういう気持ちで子育てされてるあなたの子供さんが心配です。もう少し広い気持ちで子育てされませんか?人とは何ですか?立石先生の、人間味のある、一生懸命なブログにコメントされるのはどうかと思います。

    • 匿名希望 より:

      H様                     立石先生は知的障害のご自身子供を利用して金儲けしてるようにしかみえません。彼女のブログを見ているとまるで子供はマーケティングの道具じゃないですか。それに群がる知的障害児の母親達も洗脳されてるし・・・・。まさにカルト教です。  私はちゃんと子育てしてますよ。周囲にいないので知的障害児の母親との交流は残念ながらありませんが。

      • 立石美津子 より:

        不毛な書き込みは止めませんか?私が幾ら子どもを使って金儲けしている根拠は?
        アメブロではないので広告料だって入ってはこないブログです。

        ブログ維持のため相当お金はかかりますが、誰でも無料で見られるようにしています。

        講演料も自治体の予算内でお引き受けしています。

        私は自分が経験してきたことをお話して、まだ子供が小さくてトンネルの中を出られない方の
        役の立てばと思って書いているだけです。

        このようなやり取りは、私も皆さんも匿名さんにとっても良くないです。

        一番心配なのはお子様が弱者になったとき、お子さんが自信を受け入れられなくなったり、
        母親としても「優秀でない子は受け入れられない」となってしまうことです。

        • 匿名希望 より:

          立石先生                   大変失礼しました。見聞を広める為に色々な知的障害児のブログを拝見しましたが一番えげつないないのはアイ○のシュガー代表ですよね。あの方は知的障害者をビジネスの道具としてしかみていない印象を受けました。  

  13. 匿名 より:

    「知的障害者はちやほやされて
    うらやましい!!妬ましい!!」

    と思っているように感じました。

    私自身、自分は健常者だと思っていました。
    浪人も留年もせず、大学卒業しましたが、社会に出てからは…お決まりの2次障害コースで。

    30代半ばで、発達障害だった事がわかりました。

    健常者だと思っていた中高生の時は、障害者は自分とは関係のない、周りは優しい支援者ばかりでうらやましいな、等と思っていました。

    知的や発達の障害者が本当に困るのは社会に出てからです。

    「そんなに税金使われるのが勘にさわるなら、健常者であるあなたの脳と、発達障害の私の脳、代えてくださる?」
    「障害者雇用枠はほとんど最低賃金、そして正社員にはほとんどなれませんよ。」

    • 匿名希望 より:

      匿名様                    知的障害者はちやほやされて羨ましいなどと思う人はまずいません。知的障害は気持ち悪いので消えて欲しいと思うのが世論です。  あなただってちゃっかりご自分は留年もせずに大卒と自慢しておられるし本音では養護学校を見下していらっしゃるのでは。脳の交換面白そうですね。ただ私は短大卒の何の取り柄もない専業主婦ですよ。

  14. 匿名 より:

    こういう議論すると、自分が障害者になったときとか身内が障害者になったときとか言いますが、
    そういう中途障害者は、それまで社会で多少なりとも役立っているはず。
    知的障害者は、生まれた時から役に立つことはない。
    せいぜい、身内とくに母親に生まれてきてありがとうと思わせること周りの人に優越感を与えることしかできていない。
    知的障害者は、社会で何のために存在するのか謎。

  15. 匿名希望 より:

    障害を持った子どもの様子やその対応を知りたく、こちらのブログにたどり着きました。
    子どものことを思う気持ちはとてもよく伝わってくるブログですね。しかし、お互いの考えを主張し、どちらかが謝るか自分の主張を受け入れるのを待っているどけのやり取りだけにしか見えてきません。
    子どもの姿をまんなかに、共に育っていくやりとりのみえるブログにならないものでしょうか?

  16. Hより より:

    立石先生へ
    色々な考え方がありますが、多数派の方が先生に共感されてると思います。救われてる方も多いと思います。先生のブログだから、先生の主旨に沿ったブログで、これまで通り貫き通して下さい。終わり。

  17. 匿名24 より:

    匿名希望様
    専業主婦が何いってんの?養ってもらってる身分で何いってんの?ちゃんと子育てしてます?
    ここにいる時点でさぼってんじゃん。働けよ、専業主婦なんていみないじゃん。知的障害者の方が余程社会貢献してるわ。しかも最終学歴短大?今どき4大卒が主流なのに学歴低!短大行くなら高卒の方がまし。これだから専業主婦は井の中の蛙なんだよ!

    って言われたらどう思いますか?悲しくなりません?お前に何がわかるんだっておもいませんか?日頃の鬱憤をこんなところで晴らす前にやることありませんか?それに、知的障害の子どもたちに関わってから言って下さい。知的障害のある子どもの家族と関わった事が無いのではなくて、あなたが関わろうとしないだけで、機会なら沢山あります。それに、社会貢献だってちゃんとしてますよ。支援が必要な分、雇用を生むし、脳科学の研究だってされてます。認知症との関連だってわかってきたんですよ。労働だってしてるし、最近は結婚も子育てだってされてますよ。ちゃんと貢献してます。確かにあなたのお子様が受けた傷は図りしれません。許される事じゃあありません。でも、だからといって誰かを傷つけてはいけません。それは筋の通らない事です。署名活動をなさるくらいバイタリティーがあるのなら、皆が笑顔になる解決法もみつけられるはず。

    • 匿名希望 より:

      匿名24様                   知的障害者と関わるメリットが私には無いので。    

  18. E より:

    書き込み失礼します。

    もう火に油を注ぐ形になってはいけないと思い、書くのをためらいましたが…マイナス意見を書かれた方は『もうみません』と宣言されているので(でも、見ているようですが…)、少し書きたいです。

    まず、養護学校ではなく現在は『特別支援学校』です。
    もう、その辺からして何も理解ないのに、偏見だけで物事をおっしゃってるなぁと私は感じています。

    障害者というので、何だかちょっと偏見があるのかもしれないですが、『支援が必要な方』と思っていただきたいです。支援は、周りの人の理解から成り立つものです。もちろん、100人いれば100通りの考えがあると思うので、支援ができない(したくない、理解できない)方がいても当然だと思います。その方の意見として、私は貴重な意見として、聞きました。1人の人の意見として、しっかり受け止めて…でも、私自身としては、こういう考えもある方がこの世の中にいる上で、みんなが納得して、よりよい世の中にするためには微力だけど私に何ができるかなと考えているところです。

    「支援したい」と思っておられる方1人1人が何か1つでも微力ながらでも、考えて行動できれば、きっと少しずつでも良くなっていくと思います。

    もちろん、「支援したくない」と思っておられる方の気持ちもしっかり受け止めつつ。

    リタリコのビジョン『障害のない社会をつくる』障害は、人ではなく社会がつくる。社会にある障害をなくしていくことを通して多様な人が幸せになれる「人」が中心の社会をつくる

    この言葉、とってもいいと思いませんか?
    多様な人が『困った』を少しでも少なくするために(もちろん、匿名さんがおっしゃるように、自分の子が児童館で…の出来事も含めて。これは、正直周りの人が(匿名さんも含めて)なぜその子が他害をしたのか、そのこともしっかり受け止めた上で、対応できれば嫌な思いまでしなかったと思います)、みんなが少しでも動ける世の中になればいいですね!!

    でも、こうしてブログを書けたりするのも…発達障害があったと言われているビルゲイツ、スティーブ・ジョブズのおかげかと思うと、ありがたいと思います(笑)

  19. 匿名 より:

    「健常者」と「選民思想」を、組み合わせて考えてる方もいるんですね。

    極端なことを言うと、知的障害のある人は要らないのであれば、障害の分かった時点で、間引いてしまうべきなどという言い方もできますよね(優生学が話題になった殺傷事件もありました)。

    現代では、一応、法律を守って暮らそうという社会になっていまして、その法律の中に、「人権」という言葉が出てきます。
    簡単に言えば、生きることを邪魔されずに、生きたいように生きようねって権利です。

    さて、コメント見た印象だと、人として生まれて、どう生きるかについて、国はどんな制限をかけて良いものなのかという話になるわけですよね。

    経済的な事情で、選択の機会が奪われるのは、確かに望ましいことではない。
    ただし、その負担を、身体的な事情を以て押し付けるのは、如何なものなのでしょう。
    片方の自由のために、もう片方の自由を奪うのは、公平な制度なのでしょうか?

    みなに公平、平等な権利を認めようという法律のもとで、作ることが出来る制度なのでしょうか。

    お粗末な文章なので、誰に返信するわけでもないですが、立石先生はご覧になるのかな。

    誰にも過ごしやすい社会には、付き物の出来事とは言え、お辛いことと存じます。どうぞご心労募らせることの御座いませんよう、ご自愛下さいませ。

    匿名の取り留めのない投稿で、まともなご挨拶もなく、失礼します。

  20. 立石美津子 より:

    私は全てのコメント読んでいますよ。ありがとうございます

  21. TTT より:

    人権は空気と同じです。
    人として命を授かった時点で、なくてはならないものです。
    そして人権は平等に存在します。
    更に、平等とは「違ってもいい」という事です。
    違ってもいいという事を受け入れ、お互い足りない部分を補う事が「公正」である事です。
    性の違い
    人種の違い
    貧富の違い
    国籍の違い
    身体的な特徴の違い

    その他様々な違いがあります

    そして、様々な事情があります
    そんなことを忘れずに日々暮らしていけたらと思います。

    • 立石美津子 より:

      コメント欄が炎上状態になっているところ、変わらぬ温かいコメントを本当に有難うございます!

  22. モヤモヤ より:

    失礼します。
    涼しげですてきなデザインですね。
    ダイナミックな顔と形がジンベエザメの特徴良く出ているなあと思いました。
    私も、言い間違えて傷つけてしまったことがたびたびあります。
    最近はちょっとしたことなら、「ひどい。目がおかしいんじゃない。」と反論してくることもありますが、本人が納得できないことに関しては頑なな態度です。
    本人の思い入れと違う事を誰かに言われた時は反論できず、もう誰にも話さないと思ったようです。
    クールダウン、と思っても こっちもいらいらしてしまうこともあったり、誰かに言われてどうすればいいか分からず泣いて質問を繰り返すことがあります。時間をかければ収まりますが、その最中は私次第でしかなく放っておくしかないけれどこれでいいかなと悩みます💧
    これからもブログ楽しみに拝読します。

  23. i より:

    コメント失礼致します。
    人は人の役に立つために生きるのでしょうか。
    生きること、命が与えられそれを全うすること、何より尊くそれは侵すことのできない誰しもに与えられた権利です。
    全ての人にできる事とできない事があります。
    人間は不完全であり、ひとりでは生きられないし、助け合って生きているのがこの社会です。
    生きることに、命という一人ひとりの存在そのものに尊い価値があります。
    匿名さんのコメントは人権の侵害であると感じます。
    人が生きる権利、生存する権利そのものを否定しています。
    社会の役に立たなければいけないんでしょうか。
    税金を納めなければ生きてる価値がありませんか?人の役に立たなければ本当に生きてる価値がないんでしょうか?
    どうかその事をもう一度匿名さんご自身でお考えくださることを願います。
    ご自身が自分自身に対して〇〇をしなければ生きている価値がないんじゃないかと強く思い苦しまれてるのではないでしょうか。
    誰しも存在するそれだけで、命そのものが価値があります。
    生きてるだけでここにいていい。それは一人ひとりの侵すことは許されない人権です。

  24. あの~… より:

    昨日からコメント欄見ていましたが、障がい者叩きや専業主婦叩きやら、いかにもなネットの書きこみで、何が楽しいんだろう?と…。
    それはまぁ呆れるだけなのでおいといて、
    社会の役にたつかどうか?について、気になり、、社会の役にたつなんて大それた事考えたこともないですが、せめて自分の利用している場所周辺は気持ち良く使いたいから、数年前から子供と一緒に近所の道路の清掃はしています。ポイ捨てが多いんです。
    それを変な目で見たりわざと捨てる人もいるかもしれませんが、そんなの気にしていたら何もできません。誠実な気持ちをもって行動していればいいと思っています。
    社会の役にたつというより、気持ち良く暮らしたいからという気持ちだけですよね。それが広がればポイ捨てする人も少しは減るのではと思うんですけど、まだまだです。でも、何日も放置されてるよりは一時的にでもきれいになった方がいいでしょう。
    誰かが困っていたら助けてあげるでしょ?。普段苛めっ子の子に助けを求められたときも、助けてあげました。その後からいじめをしなくなりました。
    それだけでいいのでは。
    そんな小さなことでも仲良く気持ち良く暮らせるようになれば良いと思いませんか。

  25. たけのこさん より:

    私が不思議なのは、自分がいやなめにあったことがあったからといって、同じ立場の人全てを敵のようにおもったり、幼児であっても、許せない、排除すべきということをわざと、他人の目につくサイトで匿名による投稿をすることって意味があるのかな、というのとです。
    そして、勝手に、自分のほうが立場が上だと思い込み、他者を攻撃する事にたいして、むなしくないのかと思います。本当に正しいと思うなら、自分でサイトを立ち上げたり、よそに嘆願や苦情の申し立てをされたらいいと思う。
    そして、障害を持った人の作品を、いいと思うのも自由なら、価値がないと思うのも自由だけど、わざと、不愉快な気持ちにさせるための投稿って必要なのかしら?と思います。

  26. ことり より:

    たけのこさんにイイね!がしたいです!!

    みんなが気持ちよく使いたいですよね。
    否定的な意見を持つことは自由ですが、わざわざ書かれて悲しむ、不愉快な思いにさせてしまうとと分かりながら書くことは、いじめと何ら変わりないと思います。

    嫌な目にあったことは分かりますが、直接その人に言えばいいのに。
    障がいあるなし関わらず。

  27. Hより より:

    サイトって、いい出会いありますよね。でもごく一部、悪い意味で寄ってくる人もいるのがSNS。例えば、生活圏にもたまにいる、自分より弱者と思える人を見つけ攻撃。反撃すれば、かまってもらえた事がうれしく、というか、生き甲斐になってまた攻撃。優越感というものをそこでしか見いだせないんでしょうね!悪い連鎖ですよね。例えばの話ですが。時間の無駄だと思います!もっとより良い物、事に、時間は使っていきたいです。

  28. タマコ(タマヨ?) より:

    最初に投稿していらっしゃった「匿名希望」さん、お子様が嫌な目に遭われたのはお気の毒なことと思います。

    が、その件とは全く関係ない立石さんのブログに乗り込んできて、立石さんや息子さんを貶めるような暴言を吐き散らすのは、ただの八つ当たりですね。

    学校やその他施設で子どもが人間関係で嫌な思いをするのは、対健常者・障害者どちらでも可能性のあることです。
    それを「障害のある子だから」と決め付けるのはフェアな態度ではないと思います。

    お腹立ちはわかります。が、文句を言う相手が違うでしょう。
    立石さんを傷つけて良い理由にはならないと思うので、もう少し肩の力を抜いてくださいな。

    金魚のお話、私なら「何を描いたの?」と尋ねるかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp