2019.01.04

頑固なオウム返し

今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます!

 ロングセラーとなっているこちらの本

www.amazon.co.jp/dp/4062596849/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_KawjCbWKYBDFE

※タイトルに「発達障害」とついているが、健常児でもそのまま使える内容盛りだくさんだ。

 

「うん、うん、そうそう、そうなのよ」と思い返すことが多々ある。

 

自閉症の子を持つ親の中には「我が子の言葉を増やそう!」と必死になり…

やたら“オウム返し”が増えるだけの結果に陥っていた子が多くいた。

(こちらは著者のシズさんと。シズさんは顔出しNG、青い星の方です)

(私の右隣の方はこちらの絵本の著者の申ももこさん)

www.amazon.co.jp/dp/4761407905/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_gkPjCbGH40Y3M

 

■怖い顔で訓練

母「これは葉っぱよ、葉っぱ」

子「これは葉っぱよ。葉っぱ」

母(怖い顔になり)「そうじゃなくて、葉っぱ!」

子「そうじゃなくて、葉っぱ」

母(更に怖い顔になり)「葉っぱ!」

子「葉っぱ」

母は「やっと出来るようになった」とホッとする。

 

しかし!

この訓練により、オウム返しが定着してしまい‥‥

母「お名前はなんですか」

子「お名前はなんですか」

となってしまう危険が…

 

本には母親が「お名前は聞かれたときなんていうのかな?」と小さい声で言い、続けて子どもが本来言うべき言葉「はい、田中勇太です」を大きく言うと書いてあった。

 

なるほど!

 

 

■オウムは会話してくれない

オウムに「おはよう」と声をかけると「おはよう」と答えてくれる。

でも…

人間「おはよう」

オウム「おはよう。今日の予定は?」

オウム「昨晩は良く眠れた?」とはならない。

 

 

■息子もオウム

18歳になった今でも

母「行ってらっしゃい」と見送る。

息子「行ってらっしゃい」と手を振りながら玄関から出ていく。

 

オウムと似ている。

でもオウムとの決定的な違いは、言葉はオウムでも心がこもっていることだ!

  

 

■林檎の銘柄

小学生の頃、息子はリンゴの銘柄をよく言っていた。

「王林、ジョナゴール、シナノスイート、世界一、富士…」

でも「お母さん、この林檎美味しそうだね。買って~買って」とは言ってくれない。単に銘柄を唱えているだけと、相手に何かを要求する言葉とは天と地の違いがあるのだ!

 

でも、それでも喜んで言っていたので、充分であった!

 

 

■言葉って?

私のすぐ身近に18歳になっても言葉がない子がいる。

この子は自閉症ではない。

でも、その身振り手振り、表情でしっかりコミュニケーションが取れる。

 

言葉って単語を覚えることではなく、「相手と関わりたい」という強い動機で出るものだ。

 

 

■息子の場合

発達ナビのサイトにも書いたが…

 

息子が言葉をしゃべるきっかけはうどん屋で「まだ一本切れ端が残っているではないか!器を下げないでくれ!」という状況に追い込まれたことであった。

詳しくは是非こちらを読んでください。

【発達障害 子育て】息子の言葉に感情が宿った?自閉症児の育児、今までで一番嬉しかったこと

h-navi.jp/column/article/35027071

 

英語だって英単語を山ほど知っていても、「外国人と話したい」という動機がなければ、英会話は上達しない。これと少し似ているのではないかと思う。

 

 

■それぞれの言葉

息子が通う特別支援学校に単語を多く知っている重度の自閉症の子がいる。

その子は電車の型番、換気扇の型番、国の首都などを延々と言い続けている。

 

動物園に行っても、水族館に行っても動物や魚を目の前にして、上記を言っている。

誰かと関わることはない。

でも、それがその子にとっては言葉なのだ。

 

息子も毎朝

母「行ってらっしゃい」

息子「行ってらっしゃい」だか

手を振ってちゃんと意思表明してくれる。

 

これが言葉なのだ。

その人にとってのそれぞれの言葉、親は見守ってやりたいものである。

最後までお読み下さり、有難うございました。

また金曜日、寄って下さいね!

こちら5刷になりました!

amzn.asia/d/dj4Upcw

amzn.asia/d/e1v855q

 

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(2)

  1. ミジンコ より:

    こんにちは。
    うどんを召し上がっているお顔可愛い…!
    子供も、挨拶など全くしなかったのに似たような場面でハッキリ意思表示したことがあり、驚きと嬉しさで一杯になったことを思い出しました。
    そういう社会経験、大事ですね。
    おうむ返しで泣きたくなることもありますが、気持ちがあると分かるときは笑顔で見守ろうと思いました。

    • 立石美津子 より:

      親からして確認出来る言葉にとわわれず、期待し過ぎず、その底にある感情にスポットを当てるとよいですね。

      表出言語は氷山の一角~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp