2019.03.15

伝え方がプロ、他人だからできるのか?

今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠に有難うございます!

 

■伝え方がプロ

息子は強迫性障害のため東大病院に3年間通っている。(病院の方針で4月から松沢病院に転院することになってしまったが…)
wp.me/p73B8w-2Cy

診察室での出来事

 

 

息子がスマホを見ていたので、私が診察中、携帯見るのはマナー違反!先生の方を向きなさい!」と叱った。そしたら、切れてしまい、私に殴りかかろうとした。

 

 

すかさず主治医が「でも、お母さんが注意したらお母さんを見ましたね。偉いと思います」と言った。

 

 

そりゃそうだ!

携帯に目をやりながら、殴りたい相手を見ることなんか出来ない。

 

 

でも、一瞬、携帯から目を離したことを見逃さずに評価した先生!さすが児童精神科医!プロだ!

 

 

しかも、息子を子ども扱いしないで丁寧語でいつも話しかけてくれる。

 

 

■私だってプロだ!

私はエンピツらんどという学習塾を経営していた。(※今は会社を奪われてしまい無関係の会社が経営している)

(写真は本文とは無関係)

自分の生徒で“ないない尽くし”の子がいた。

 

学力ナシ+忘れ物魔+私語ばかりする+隣にちょっかいを出す+脱走する

 

“褒める材料のない子”だった。

 

 

この子は学校でも家庭でも叱られてばかりいて、耳にタコが出来てしまっていた。

だから、更にネチネチ叱っても無駄なので、私は次のように言葉をかけていた。

 

 

「雨なのに休まず来て偉いです」

「毎日、お風呂に入っているんですね。良い習慣が身についています」

「着ている服のセンスが良いです」

 

 

学習面で評価できなくても、それ以外の出来ている点を認めて、行動を改善させていた。

 

でも、息子にはなかなかできない!

親子だからだ。

 

 

■どうすれば良いのか

人は否定されて「頑張って行動を改善させよう」とは決して思わない。言った相手を恨むだけ

 

何か注意したいと思ったら、評価できる点を必死で探すとよい。

そして、出来ていない点はこれからの目標として伝えればよい。

 

例えば計算問題の答えを全部間違っていても…

 

「ほら、また間違って!」と言うのではなく…

 

・解答欄が空白ではなく、全部答えを書いているね。

 

・(字が綺麗だったら)字が綺麗だね。(※不正解と字の汚さは比例するので、あまりそういうことはないのだが)

 

・名前欄に名前を忘れず書いているね。

 

そして、「今度は一つでも正解できるよう頑張ろう!」と課題を与える。

(C)あべゆみこ

 

 

■お茶の出し方

この文章を書いているとき、息子に「お茶もってきて」と言ったら持ってきてくれた。

しかも、持ち手を私が持ちやすい位置にしてテーブルに置いてくれた。

 

学校の接客訓練で身についたのだろう。

こういうときも黙っているのではなく…また、やたら「凄いね。偉いね」と褒めるのではなく、行動に感謝するのだ。

 

「持ちやすい方向に置いてくれて、ありがとう」このように普段から言っていれば、私の注意も受け入れてくれるだろう。

 

 

そして、親の感情が高ぶったら自分の子に対しても“自分の生徒・他人”だと思って接するとよい。

 

 

そうすれば冷静になり、「上手い言葉もかけられるかもしれない」と思ったのでありました。

最後までお読み下さり、有難うございました。

また金曜日、寄って下さいね!

amzn.asia/d/dj4Upcw

amzn.asia/d/e1v855q

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(9)

  1. マチコ より:

    勉強になります。ついできていないことばかりに注目している自分がいます。できていることが目に入らないのです。なんて損なことしちゃってるんだろうかと思います。ありがとうございます。

    • 立石美津子 より:

      できないことを拾う癖がどうしても親なると目立ってきますよね。自分へのダメ出しも含めて。。。。

  2. 匿名 より:

    他人だからできるのだと思います。
    プロのかたもすごいと思います。
    ですが、素人である友だちや、接客業のかた(ある意味、超プロ!?)がたは、
    「そこを気づくのか!ほめてくれるのか!みとめてくれるのか!」
    と、感心してしまいます。
    親は、そんなのあたりまえだろ、と思ってしまうのですが、そうじゃないんですよね。
    よその子の、よいところは、気づけるのに。

    息子さんのお茶のだしかた、本当に素晴らしいです!
    やたら、「すごいね、えらいね」とほめるのではなく、『行動に感謝する』
    立石先生の言葉かけ、すばらしいです。
    支援学級の先生に「行動をほめる」「プロセスをほめる」と、耳たこでいわれ、「そんなのわかってるよ」と思ってましたが、
    はて、やたら、すごい、えらい、を連発し、貧困なボキャブラリーになりがちだったわたし。

    「持ちやすい方向においてくれてありがとう」
    立石先生の具体的なことば、
    とてもわかりやすかったです。

    といいつつ、忘れちゃうので、知識や経験など、日々アップデートはかかせないですね~。

    わたしも、長年教諭をしており(いまは主婦)「なんで、おかあさんたちって、我が子の欠点を探したがり、悩みたがるのだろう。よいところはいっぱいあるのに」と、思ってました。
    そうなっちゃうんだな~、と、母親になってわかりました。なんていうか、本能?

    しかし、今、わたしは、先生などに「お母さん、偉いですね、お子さんとの関わりがとてもよいです。どならないし、おこさんをうけとめてる」などと、いわれることがあり、
    わがこながら、客観的視点で、みて、育ててるところも、わたしにはあります。
    と、私自身も、ほめられて、嬉しく安定してるのですね(^^)
    「人は否定されて、頑張って改善させよう、とは決して思わない。言った相手を恨むだけ。何か注意したいと思ったら、評価できる点を必死で探すとよい。」ほんとに、その通りだな、と思いました。

    今日も、先生のblogで、たくさんの学びがありました。
    ありがとうございました。

    • 立石美津子 より:

      「行動を褒める」といってもまだまだこれじゃあ具体的ではないですよね。なかなか難しいです。

      細かい観察力も大切ですね

  3. より:

    他人や先生でも欠点ばかり指摘、親の悪口まで児童の前で言いまくるひともいますから、そういう褒め方をする大人に会うと、おぉーっと涙が出るくらい嬉しくなります。

    • 立石美津子 より:

      「あなたのこと忘れていないよ」「あなたのことちゃんと見てるよ」のメッセージは大切ですよね

  4. ??? より:

    立石さん、マナー違反なんて。
    それは普段、マナーを守らなきゃと思ってるひとへの掛け声です。
    診察おわったら、スマホね。といったら、できるかも?
    立石さんはいつも、自分のお子さんにたいしては何度の高い声かけをされますよね。

    • 立石美津子 より:

      そのようにお感じになったのですね。このケースの場合、息子は明確な言葉を使わないと行動に移せないので「マナー違反」と使っています。よく考えています。「普段マナーを守っていない人」では息子はありませんが、この方が伝わる子どもなんです。

      自閉症の子の中にも色んなタイプがいます。その子の親だからこそわかる、子どもの理解度があるので自閉症一般論が通じないことがあるのでご理解ください。

      「診察終わったらスマホね」は具体的で分かりやすいとお感じになるかもしれませんが、私の息子にとっては曖昧な言葉で却って難度が高いのです。

      いつも難度の高い言葉など使っていませんよ。息子はちゃんと理解できでいますから…

      • 通りすがり より:

        そもそも論になりますが、診察室に入る前に携帯をしまうクセを身に付けて行けばいいのでは?
        と思いました。
        診察ではなくても携帯を手にしていたら気になって、どの場面でも見てしまうような気が、、、
        大人ですら、スマホをイジりながら話をしたりゲームしたりしてますもの。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp