2019.03.22

卒業式でのトラブル

今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠に有難うございます!

 

先週の金曜日、息子は特別支援学校高等部を卒業した。

2歳から保育園に入園し、小学校、中学校、高等部

(保育園)

(小学校入学式、椅子に座れず抱きかかえられている)

(中学入学)

(中学卒業)

 

■願い

卒業式を迎えるにあたって、本人から強い要望があった。

 

 

それは、「好きな下級生の女の子と卒業式に写真を撮りたい」という願いだった。

一方通行の片思い

 

 

親として思いを叶えてやりたいと、息子の担任と相手方の担任には伝えていた。

前日に担任から電話もあり、撮れるように工夫してくれるとのことだった。

 

息子に期待を持たせていた。

卒業式の最中も、そのことで頭がいっぱいの様子だった。

ところが!

 

卒業式後、女の子の姿はなかった。

 

 

 

■玉砕

卒業式の一ヶ月も前から、何度も何度も「写真撮れるよね」と私に確認してきていた。

 

「多分大丈夫だと思う」「先生にも頼んであるから」と伝えていた。

 

 

でも…結果は玉砕

学校側がうっかり、その子を帰宅させてしまったのだ。

 

式のあと、校庭でみんながお互い写真を撮ったり、先生と談笑している中、息子はパニックを起こし、泣いていた。

 

 

親としてとても切ない思いになった。

 

担任に対して「なんで引き留めておいてくれなかったんだ!」と憤慨した。

 

 

機嫌を損ねた息子とは、卒業式の看板の前で記念写真を撮ることもできなかった。

(看板だけ撮影)

 

■思い返せば

ただ、思い返せば昔、パズルの一辺がなくなっただけで、暴れ、自傷し、とんでもないことになっていた頃に比べたら…

泣きながらも自分の感情をコントロールしようと必死の様子だった。

 

ランチに寄った店でも「餃子定食大盛」ではなく、「餃子単品」をお腹が空いているのにも関わらず、頼もうとしていた。

これは本人なりの自傷で「自分が望んていないことと逆のことをやっている」のだ。

 

 

■試練

人生には思い通りならないことは沢山ある。

 

理不尽なこともたくさん起こる。

 

だから、期待させられて叶わなかった今回の経験も相当辛かったと思うが、絶対に糧になっていると思う。

 

本人を傷つけまいと、いつまでも過保護な親でいてはいけないのだ。

 

写真撮れなくても、感情をコントロールして…

我慢出来て偉かったよ、息子!

頑張ったね。息子!

健気で可愛いね、息子!

立派だったよ息子!

と親バカは思うのでありました。

 

最後までお読み下さり、有難うございました。

また金曜日、寄って下さいね!

amzn.asia/d/dj4Upcw

amzn.asia/d/e1v855q

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(107)

  1. くみくみ より:

    立石先生

    文章の中で、『自分が望んでいない逆のことをやっている』とありますね。
    うちの子供も、家族で店に入った時、お腹が空いてるくせに餃子定食にしないで「単品餃子と水でいい!」と言って聞かなかったことがあったので、似ていてブログに反応してしまいました。

    本人なりの自傷とお書きになっていますが、そういうことは良くあることなのでしょうか。思い通りにならなかったので反発を表現したんですかね??
    頑固でこだわりが強いので理解できないです。くだらない質問ですみません。

    • 立石美津子 より:

      腕を噛むなど自分を傷つけることもありますが、言葉で自分を傷つけることは結構ありますよ。

      「もうトイレ動画は見ない!」とか自分が一番望んでいないことを言ったりします。

      これも自傷の一種だと思っています!

  2. おっちゃんのこころ より:

    ご卒業おめでとうございます。
    中学卒業のとき、好きな子と写真を撮れなかった。
    悲しかったですね。切なかったですね。
    私も撮れなかった経験があるので、ふと思い出しました。友人が頼んでくれたのに。。
    感情をコントロールするのはとても難しいことです。私も子供にゆっくり伝えていきたいです。

    • 立石美津子 より:

      18歳になったので高等部卒業でした~もう学校は終了です~!

  3. 通りすがり より:

    、、、健常障害関係なく、過度な期待をさせないように「撮れたらラッキー」くらいがいいんだと思います。
    教員の方は「うっかり帰してしまった」とすることにして、本当は彼女の気持ちも組んでいたのかも知れませんし。
    息子さんの気持ちや叶えてあげたい親御さんの気持ちも分かりますが、相手の気持ちも大事ですし。
    失恋も大事な経験だと思います。

    • 立石美津子 より:

      後日談があって、息子のことを思ってか福祉サービスのスタッフさんが息子の気持ちを汲んで「作戦会議」を練ってくれました。翌週、バス停でその子が来るのを待って、会うことが出来ました。
      結果は玉砕で完全に拒否されたようです。
      でも、息子は相手の気持ちがまだわからないようで、会えたことでニヤニヤ今でもしています。。。
      ううん…これから納得させよう。

      (※最初に書いた書き方が「作戦会議で待ち伏せ」と書いたことにより非常に誤解を生んだようですので書き換えました。状況は息子担任と相手担任と話し合いをして、写真撮る予定になっていましたがご本人の都合で、早めに卒業式後帰宅してしまいました。その子は息子のことが嫌いなわけではありません。ただ男の子として好いている訳ではないので、翌週あったとき見事断れました。

      今回は学校側のうっかりです。だからそこを福祉の方がフォローしてくださったのです。非常識な方ではありません)

      • 通りすがり より:

        学校側のうっかりや福祉の方が作戦を練ったのはいいですが、前述した通り立石さんも出来るか否か絶対的な事柄では無いものに過度な期待はさせない方がいいと思います。
        「写真撮れると思うよ〜」
        って言葉も「写真を撮る」という言葉しか息子さんには無かったんじゃないですか?
        担任が手回し出来なかったというのも普段の生活でイレギュラーとして発生する際の対処法となるわけで、何人も居るであろう生徒さんが卒業する日に息子さんや彼女を一番に気にして欲しかったと伺わせる内容とそれに憤慨するのは担任の先生を思うと「先生も大変だ…」とブログを読んで正直に感じてしまいました。

        立石さんも自身で「親亡きあと」の話をブログ等で話していますが、息子さんの自立に関しては今回を件に難しさや課題を一層感じさせるものでした。
        今回は彼女がたまたま同窓でしたが、息子さんは健常障害問わずに誰かを好きになる可能性はあります。
        でも息子さんは理解していないんですよね?
        となると、「今回は知ってる子を好きになったからやったのであって、いつでも同じことはしない」と仰りそうですが、その分別は息子さんには難しいのでは?
        気持ちを持ち上げといてダメだった、、、でもフォローすれば大丈夫!自傷減ってるし!
        は、それこそ親亡きあとには誰かがそれをやるのかと思うと、福祉の方でもとても荷が重いと思うのです。

  4. 中野信也 より:

    結果は良かったのではないですか
    相手の女性の気持ち 相手側のご家族も 予定あるので

  5. 匿名 より:

    自分への気持ちの自傷、私自身も「もうやめる!」と長年続けてきた分野をやめて何年も傷ついてきたことに今更気づいたので子供の事も含め、心にしみました。
    気楽に、写真くらい撮りたかったですよね!
    後で会えて良かった!
    ご卒業おめでとうございます✨

  6. 一読者 より:

    まずはご卒業おめでとうございます。
    うーん、その女の子や保護者の方にとっては自分と特に仲良くない身体の大きな男性につきまとわれているようで、少々怖いのでは?
    息子さんのお気持ちが叶わなかったのは残念でしょうが、お相手の方の情緒にももう少し配慮なさった方が良いかと思います。
    写真もご本人が嫌がって帰ってしまったのかもしれませんよ?

    • 立石美津子 より:

      相手の方のこともわかっておりますよ。
      先生方とも話していましたから

  7. 元被害者 より:

    相手の子は嫌がってますよね?
    そこわかっていらっしゃいますか?
    諭すのが親でしょうに、焚き付けてどうするんですか。
    デイの方も、ちょっとおかしいです。
    一歩間違えれば犯罪ですよ。
    「好きな子は待ち伏せしていい」って誤学習する可能性あるのに。
    私は逆の立場で、何度言ってもわからない特性の男の子に待ち伏せされてものすごく怖かった経験があるので人ごととは思えません。

    • 立石美津子 より:

      被害者、加害者という関係ではありませんよ。文章だけで誤解されていると感じます。

      リアルな生徒達を見ている保護者、教員はいわゆる付きまとい、ストーカーではないことはわかっています。普段の学校生活内では友達として仲良くしていて、話はしています。

      あなた様は実際に被害に遭われて大変恐ろしい思いをされたと思います。ただ息子達は同じ内の学友としてお書きになったような状況ではありませんので、御理解下さい。

  8. 元被害者 より:

    いやだから、相手の子は拒絶してるじゃないですか。
    そこ目を逸らしてませんか?
    写真すら拒絶するくらい嫌ってる相手を大人まで加担して待ち伏せまでしてるから言われるんでしょう?
    ああなた、相手の女の子の気持ち一切考えようとしませんね。本当に怖いです。

    • 立石美津子 より:

      そういう状況ではないことは現場にいればわかります。文章だけではつたわりません。

      申し訳ないのですが、お互い不快になりますので、もう私のブログを読まないで頂きたいと思います。お願い致します。

  9. 元被害者 より:

    文章では伝わらない、で逃げないで説明してくださいよ。
    女の子が拒否したのはなぜ?
    障害児育児でプロとして活動されているのですから、間違ったことを世に広めてはいけないと思います。
    読んで「あ、こういうことしてもいいんだ」と誤解する親御さんも多いでしょうから、なおさら文章では伝わらないでは済まないと思いますがいかがですか。

  10. より:

    はじめまして。テキトー母さんのすすめ読ませていただいております。
    それだけに今回のブログ内容には少々吃驚いたしました。
    普段は仲の良いお友達で、女の子の保護者の方の御理解もあるのなら良いのですが
    「片想い」「バス停で待ち伏せ」「拒否」などの表現からはどうしても相手の都合を考えずつきまとっている印象を受けてしまいます。
    女の子も支援学校のお子さんなら、突然の変化や出来事に弱いのでは……など、色々なことが気になってしまうのです。
    こちらへのコメントの数々もそのようなことを気になさってのことと思います。
    何も知らないくせに!と御怒りになられるかもしれませんが受け手としてはブログの表現をそのまま受け取るしかありません。
    女児を持つ親として、また著書を読ませていただいたものとしては今回の内容は衝撃的でした。

  11. 立石美津子 より:

    印象として、そのように受け取られても仕方がないとおもいますが、決してそのような状況ではなく、先方の担任とも話しをしております。文章だけ正確な状況が伝わらず申し訳ないです

  12. 立石美津子 より:

    このような展開になると、もうブログ止めるしかないと感じます

  13. 解決策 より:

    皆様落ち着いて。とりあえずその女子の写真を郵送で送ってもらい勇太君の写真と組み合わせて合成写真を作っChina。

  14. 川村暁子 より:

    高等部くらいになると、普通に恋愛感情もありますし、先生を好きになったり、障害がある人だって、人をすきになったり、好かれたり、もちろん、失恋やすれ違いもあります。
    卒業してからも、本人の会などでも色々あります。
    普通と言われている方々と同じです
    今回は、卒業であえなくなる好きな女の子と写真をとりたい、先生にも、許可をえて。
    でも、うまくいかなかった、たしかに、女子が、いやだと言ったのかもしれません。
    しかし、まるで、それを犯罪者のようにとらえてしまうこと、ちょっとびっくり。
    また、立石さんの親としての切ない気持ちもよくわかります。
    普通じゃないんだとわかっていても、たまに、比べて、ちゃんとした恋愛も結婚も、まして、孫ができるなんてことも、あり得ないんだな。
    自立とか、親が先に亡くなったあと、どうしたらいいかなんて、そんなことばかり心配する私たち。
    息子の夢を叶えたいとちょっと思うのはそんなに悪いことでしょうか。
    立石さんも、ちゃんと、自分の気持ちをかき、息子さんが我慢したこと、ほめてますよ。

  15. 立石美津子 より:

    何故加害者とまで言われるのか、かなしいです。リアルな状況を見ていないで書かれるとブログ自体、閉鎖したくなりました。ほんとに

  16. 匿名 より:

    損保レディをしていましたが同じ客に9回断られたら10回目行けと言う格言がありました。ゆえに9回振られても10回行く覚悟です。まだ18歳、人生は一度きり、近道で付き進め。ストーカーなんて関係ない。

  17. 立石美津子 より:

    障害のある子はなかなか友達も作れず、コミニュケーションも取れず。親として学生生活最後の卒業式での希望を叶えてやりたいと思っただけです。

    双方の担任もそのことを理解してくれて、事前に打ち合わせしていました。

    ほんとにほんとのうっかりミスで、タイミングを逃しただけ。

    そう書いたつもりですが一部の方には正確には伝わらなったようで、ブログの難しさを感じます。

    それまでの状況をリアルに現場にいた人間であれば、ストーカー的行為でもなく、相手の女の子も被害を受けている訳でもなく、息子も加害者ではありりません。

    なぜここまで書かれるのか?です。

    実際本当のストーカー被害に遭われた方はお辛いと思いますが、今回のケースはそうではないのです。

    ブログは所詮、文章だけです。書くことでここまで言われてしまうと、継続することも考えてしまいます。

    それから、私は聖人君子ではないです。親の思いが強くなることもあります。

    包み隠さず書いてきたつもりですが、難しさを感じました

  18. 匿名 より:

    薔薇の花を、100本買って彼女の家に届けて下さい?そして食事に誘って下さい。それで断られたら他の娘に行っchaiましょう。

  19. 縷々 より:

    息子さんだって嫌なことは嫌ですよね?
    拒否されて可哀想みたく書いてますけど、拒否されたなら諦めることも大事なんではないでしょうか?

  20. こうママ より:

    立石さんの文章はオブラートに包まれていなくて、まさに「目からウロコ」だったり「そう!その通りの気持ちです」ということがとても多いです。

    障害をもつ子どもをもつ私としては、だからこそ立石さんの言葉からはパワーがもらえます。

    今回、悲しい誤解がされていますが、それは単語だけに着目して文章の全体を理解していないからだと思います。

    障害ない子だって、卒業式に好きな子に告白するために待ち伏せしますよ。それって、犯罪じゃないですよね?
    なのに、加害者呼ばわりされるなんて、障害への偏見をもっている証拠だと感じます。

    私もとても腹が立ち、悲しくなりました。

    • さか より:

      私は読んでいいなあって思いました
      障がいがあると恋だって介護者や親が介入しがちですよね 相手の女子も嫌だと言えたし 彼も玉砕だし こんな経験は本人たちにもいい経験となったのではないかなあ 片思いって ちょっとストーカー的になるよね 私は中学生の時に好きだった先輩 追いかけてたもの 大人たちも彼と彼女の特性を考え 知っているからこそ チャンスの場面を作ってあげたのだと思います! 失恋も経験 ふるのも経験

      • 元被害者 より:

        立石さんも私の質問を誤読されてますよね?
        それともわざとかな?
        私が聞きたいことは
        ・そもそもなぜ担任?
        ・相手の女の子に許可は取っていた?
        ・相手の子の気持ちは?という質問をスルーされるのはなぜ?
        ・大人がそそのかして待ち伏せさせるのは良いことなのですか?
        といったことです。
        そういうことではなかった、とおっしゃってますが、ならブログを訂正されたらよろしいのでは。
        あの文章やコメントのご返事では十中八九、逃げようとしてる子をしつこく追いかけたように読めてしまいます。

        • 立石美津子 より:

          そもそも何故担任に…特別支援教育の中では大人が入って、調整することは必要な大切なことですから。だから特別支援学校に入学し配慮を受けながら学校生活を送っている子ども達なのです

          ・相手の許可は・・・式後、伝えるつもりでした。先方の担任からそうするように指示を受けていました(女の子の特性を知っている担任だからこそです。先生から前日電話もありました)それに従いました

          ・相手の子の気持ちは?…家族との食事があって急いで帰ったとのこと。息子のことが嫌いなわけではないです

          ・待ち伏せ…撮れなかったので、福祉施設のスタッフガいろいろ考えてくれました。そのスタッフも女の子と話をしてくれました。恋人にはなれないということでした。それで納得しています。またさせています

          何故、ここまで書かなくてはならないのでしょうか。個人情報もあるので、詳細は書けません。これはブログですから自分サイドの発信です。もうアクセスしていただかなくて結構です。元被害者というお名前もとても障害者から見えばきついフレーズです

          • 元被害者 より:

            詳細、以前よりわかりました、ありがとうございます。
            それでも、誤学習しやすい特性の方に「アポなしで相手のところに行っていい」と思わせてしまうのは悪手だとは思いますが。

            ブログを書くなとか間違いを書くなって言ってるんじゃないんですよ。もし間違えたら訂正すればいいだけの話だと思います。
            最初立石さんは「嫌なら読むな」のご返答でしたが、そうなると、立石さんが仮に誰かを知らずに傷つける発言をしても「見たほうが悪い」になってしまいます。ブログやったもん勝ちになっちゃう。発信するなら批判を甘んじろということではありません。その違いはわかっていただけますでしょうか?

            それと、個人情報云々なら、学校の看板堂々と載せた上で事の顛末を載せてしまうことの方が配慮不足では?話のネタにすら出されたくない人だって沢山いますよ。たとえば、白目線入れてる男の子には掲載許可もらってますか?一般的には、トリミングして欲しい、せめてボカシにして欲しいと思うのが普通だと思います。白目線、ってとても印象悪い上に口のあたりでわかっちゃいますから。

  21. ブログを愛読してます より:

    息子さんの障害に配慮して担任の先生を通して写真の撮影、青春の思い出作りのお手伝いをお願いしたことは問題ありません。
    むしろ間に先生を挟んでとても配慮が行き届いていて素敵だと思います。

    でも、障害、健常は関係なく、男性が女性を約束なしで待ち伏せするのはアウトだと思います。どのような事情があってもです。

    息子さんの障害に配慮するなら、相手の女の子の障害にも考慮するべきではありませんか?
    突然の出来事にパニックになったり、それ以来バス停が苦手になってしまう恐れも多分にありますよね。
    もしそうなっていたとしても、気を遣って立石さんの耳には入らないようにするでしょうね。

    自分のお子さん以外にもその優しさを向けてあげてください。

    • 立石美津子 より:

      先に元被害者の方の返信にも書きましたが、事情があって(家族との食事)式後帰宅してしまったので、福祉サービスの方が考えて間に入ったのです。

      相手の方の気持ちも配慮し話もその場でその方を通して聞きましたので。。。

      待ち伏せ=恐怖=ストーカーの図式ではないです

  22. ヤクシャヤノウ より:

    被害者とか加害者とか、否定的な方のコメント、すごいね!。その場でその光景を見ていたんだ!好意を持っている女の子は小柄なの?目撃者だからわかる話なんだね。その子がなぜ拒否したのか、目撃しているんだ。だったら、その場で息子君に警告すれば良い話。ひょっとして、恥ずかしいから拒否したのかもしれないですよね。ひょっとしてうちの娘JKのように巨漢かもしれないですよね。理由なんか当事者でないとわからないよね。
    そして、待ち伏せなんて「歌」にもあるように日常茶飯事ではないですか?一緒に帰りましょう!とか、待ち伏せしない人の方が変だよ〜!いい話ではないですか?昭和の頃は、ラブレターでしたから、渡すのに待ち伏せしたりされたり、同級生に頼んだり、もっと昔の小学生の頃は女子の親が頑張って「誕生日会」を開いて、男の子を呼んでキューピッドになりましたね。いい話は沢山ありましたよ。コメント入れている方々はそういう青春を過ごしていないんだろうな〜。残念ですね。今回、色々な方のお節介?にもかかわらず、彼女は「ごめんなさい」と。息子君はツーショットを撮る事はできなかった。それも青春でごくごくありふれたた卒業式の普通の話。笑いと波と。青春だよ〜♬ ワタクシなんか、卒業式の前に振られましたが、それを知った後輩に呼び出され制服のボタンをむしり取られたよ。カツアゲされるのかとビビった。40年も前の話。女の子とツーショットの写真を撮るのが犯罪なら、ワタクシなんか、とっくに指名手配犯だね。

  23. 花音 より:

    なんだか「障害者は恋をするな!」
    立石さん(障害者の親)は聖人君子であれと
    言わんばかりのコメントが満載ですね。

    私はFBFなので、頭にきてしまったので
    同じ障害児の親として、ブログを書かせていただきました(立石さんの許可は頂いています)。

    ameblo.jp/fraglink/entry-12448891730.html

    待ち伏せをきっかけに彼氏を作った私も
    ストーカーですね(笑)

  24. ため息 より:

    卒業式に記念に写真をとりたい、自然な気持ちだと思います。下心があるわけじゃないし。

  25. にこちゃん より:

    スタッフでも親でも先生でも、間に大人が入ったとしても常識として待ち伏せは駄目でしょう。相手が嫌がったかどうかは関係ありません。待ち伏せがいけないんです。そして障害者健常者関係なく、親としてそれは子供に良くないと叱るべき出来事なのに大人が計画して実行したなんて。息子さんもある意味被害者ですよ。非常識なやり方を正解だと認識しなければいいですね。

    • 花音 より:

      待ち伏せダメ派な方、それって結果論ですよね^^;
      これが交際に発展していたら、美談になるわけでしょう?
      好きな人に会いたいなーと同じ電車に乗れるように待ってたり、校門の前で偶然を装って
      好きな人と返った経験とかありませんか?

      それで結果的に相手も思ってて、お付き合いしたら
      ストーカーじゃないわけで。

      待ち伏せすらダメって、悲しすぎません?
      何度も何度も待ち伏せしたなら別ですが
      そういうお話ではないですよね。

  26. 一読者 より:

    はじめまして。
    いつもブログの更新を楽しみに読ませて頂いています。

    重度知的障害自閉症の子をもつ母として、一連のコメントの流れはとても悲しい気持ちになりました。

    どうしてご自身が納得するために全てを説明してもらおうとするのでしょう。

    なぜ、無料で開放されている善意の個展に自ら足を運んでおいて、「あの絵が気に入らない。わかりにくい。誤解を招く」と騒ぎたてるのでしょう。

    仮に意に沿わないのであれば、そっと立ち去れば良いだけの話では?

    これからも、立石さんのブログを楽しみにしています。
    どうか、続けて頂けたら嬉しいです。

  27. 立石美津子 より:

    よく「障害児育児でプロとして活動されているのですから、間違ったことを世に広めてはいけないと思います」と書かれています。

    また似たようなことを言われることもあります。

    例えば管理栄養士である人が「牛乳には蛋白質が●●%含まれている」の●●を間違って伝えてはいけませんが、私が自分の思いをブログで書くことについては別物だと思います。

    著書も出しているので影響力は大きいかもしれませんが、だからと言って「こんなこと書いてはいけない」ということはないと思っています。特にブログでは。。。

    もし「正しいことを書きなさい。あんた影響力あるんだから」と言われたら、もうブログは本当に続けられません

  28. もものき より:

    何度も待ち伏せしたりそれ以上のことをする人にも「最初の一回目」は必ずあるわけですよね
    それをデイの方、大人がお膳立てしてどうするんですか?

    その下級生本人や親御さんだったらどう思うかな?
    私ならイヤだなと思いましたよ、普通に

  29. 読者 より:

    ご卒業おめでとうございます。
    写真の件は残念でしたね。
    息子さんの、感情コントロールしようと頑張る姿は素晴らしいものだと思います。
    拝読していると、本当に先生のうっかりミスだったのかもしれないし、
    もしかしたら女の子の方は写真を撮ることに乗り気になれなくて拒否したのを角が立たないように「うっかり引き止め忘れて帰っちゃった」ということにしたのかもしれないなぁと想像しました。
    曖昧というか、ぼかしたり遠回しに回避するようなやり方ってグレーで分かりにくいところですよね。
    担任の先生と話を通していたはずなのにと切なく思う気持ちも分かりますよ。
    でも同時に、写真は嫌ですと式典前からハッキリ拒否するのが怖くてそっと回避した可能性や、怖いなと思ってしまう女の子の気持ちも分かります。
    もしかしたら、直接女の子ご本人やそのご家族の方に相談、約束する機会があったら尚良かったのかなぁとも思いました。行き違いがあったのかもしれませんしね。
    後日、本人の気持ちを確認できて良かったですね。結果は拒否と残念でしたが…。拒否した女の子も勇気がいっただろうと思います

    息子さんは
    世の中思い通り、予定通りにいかないこともある
    こちらは望んでも相手に拒否されることもある

    親御さんは
    むやみに期待を持たせない、予定通りいかないパターンも予告しておく
    相手の気持ちや都合を確認する
    息子さんの気持ちに寄り添うだけでなく、相手の気持ちを想像する、息子さんにも伝える
    待ち伏せ自体が相手に恐怖を与える可能性があることを考える、息子さんにも伝えて常習化しないようにする

    などを学ぶ機会になったんじゃないかと思います。
    残念だ、息子が可哀想だーと書いているとしか受け取れず批判される方もいるようですので…。
    立石先生は、女の子はどんな気持ちだと想像なさいますか?そのあたりを思いやり、今後の恋への学びを書かれたらもっと分かりやすいと思います。

  30. 私は本当は荒井由実より中島みゆきのファン より:

    ???

    石川ひとみの歌に「まちぶせ(詞曲・荒井由実)」というのがあって、好きな少年をまちぶせする少女を美しく描いた名曲ですが、上記のコメントを読んでいると、その多くは、

    大柄な少年が、小柄な少女をまちぶせ→NG
    大柄な少女が、小柄な少年をまちぶせ→OK

    不良少年が、気弱な少女をまちぶせ→NG
    スケバンが、気弱な少年をまちぶせ→OK

    と書いてあるようにしか見えないのですが。
    こんな分かりやすい男女差別はないと思いますが、当人たちは自分が男女差別をしているという自覚は、全く無いのでしょうね。

  31. 。。 より:

    ヘルパーさんは息子さんが利用している放課後デイサービスの方ですよね?
    その下級生の障害の特性を正しく把握してますか?何かあったとして責任を持てるんでしょうか?

    一緒に写真を撮りたい気持ちはいいと思いますひ、障がい者の恋愛がダメという話ではありません。
    待ち伏せがダメかどうかは結果論という方もいましたが自己判断、責任ならそれもいいと思います。

    でも、支援を必要としている生徒を指導、サポートするべき立場の大人が待ち伏せを教えるのは適切ではないと思います。予想外の出来事に弱い子もいますし全く健常者と同じには行きませんよね。軽率ではありませんか?

  32. 通りすがり より:

    シンプルに賛否両論受け入れられないならパスワード制にするなりして理解ある中でブログを書けばいいんじゃないでしょうか?
    著書を出版したり、最近ではヤフーニュースでも取り上げられたりもしてますから色んな方々が見にくるのは避けられないと思います。

    ブログを一般公開させる事で自身の活動の宣伝のひとつにしているなら、一見さんにも理解しやすい想像しやすい内容にする必要もあるかも知れません。
    個人日記の延長の感覚で書いているとするなら、読者全員に立石さん親子の心の揺れを掴んで欲しいと望む方が難しいように思います。

  33. uk より:

    バス停で拒否されても相手の気持ちが分からず会えたことにニヤニヤって…
    相手が嫌がっていたらそれ以上駄目だって教えていますか?
    学校やデイが間に入っているから大丈夫だって言い訳にもならない説明してますけど、相手の障害者の子や親御さんの立場になったら待ち伏せまでされて大丈夫じゃないでしょ。
    しかも嫌がってるのも当の本人は分からないのでしょ。

  34. 特性を持つ女児の親 より:

    あとからどんどん別設定が出てくるので混乱しています。
    ものすごく「配慮」をしたから大人が間に入った、と後出しされていますがブログ本文からは違う印象を受けました。配慮されるならば「連絡なしに会いに行く」ことをこそ、熟慮されたほうがよかったと思います。もし息子さんにそのアイデアがなかったとしたら、大人が余計な知恵をつけたことになると思います。

    上でも書かれていましたが、ほかのお子さんの映像の顔の消し方にもちょっと心づかいが足りないように感じます(汗)。
    また、特性のあるお子さん相手に配慮、とおっしゃいますが、そもそも私には、記事に載せるところに「配慮」が感じられませんでした。
    「相手の子は息子を嫌いではない」と断言されるのも怖いです。人の気持ちはその人のものです。

    「健常者が障碍者の恋を差別している」という図式にもっていかれようとしていますが、逆に障碍者の子供を持っているからこそ敏感に反応したという可能性はお考えになられないのでしょうか?
    私にも該当の子がおりますので、バス停のくだりやブログ記事そのものに心臓がどきどきしています。
    こういう方法が美談として広まるのが怖いです。

  35. さくら🌸 より:

    ご卒業おめでとうございます。ここまで来るのに、いろんな道のりがあったかと思います。立石さんもだけど息子さんも頑張ってこられて成長されましたよね。親としては、夢を叶えてあげたい気持ちとてもわかります。バス停で待っておられて玉砕との事ですが、息子さんはそれでも行動できてうれしかったのではないでしょうか!いい話しですよね(^o^)さぁ!ここでリセットして、次のステージへ前進ですよ。心は柔らかくして!ぶれてぶれても戻りましょう!このブログの原点をもう一度再確認されてみてください。多くの方々が、次のブログ楽しみに待っておられますよ!

  36. ふむふむ より:

    毎週立石さんのブログを楽しみにして、拝見させていただいています。
    息子さんの事を顔写真も載せつつ、親の心情として綴って下さっている勇気に感銘いたします。
    文面、活字では誤解や時には人を傷つけてしまう事があると思います。
    とても、悲しいですね。 対策を講じるべきではないでしょうか。
    顔も名前も知らない人から、中傷や批判されるのは本当に精神的に辛いと思います。

  37. 匿名 より:

    やはり最初の書き方に誤解を招く様な部分が多い様に思います。
    息子さんの気持ちに寄り添う親心は理解できますが、他の方が書かれている様に相手のお子さんへの配慮が見えない様にしか捉えられない部分は少なからずあるのではとがあると思えます。
    また、今回に限らずですが、批判している様にしか受け取られない書き方をしているのに、批判される事への強い抵抗感を感じるやり取りと感じます。

  38. 小公女セーラ より:

    ご卒業おめでとうございます。
    高校を卒業したら、めでたしめでたし、ではなく、
    高校を卒業したら、さあこれから、なのですから、
    これからのことも教えて頂きたいと思います。
    どうかよろしくお願いします。

  39. ??? より:

    あちらのお子さんが、早めに帰ったのはお付き合いできませんよの親御さんの声に出さない意思表示だったのではと思います。
    相手のおうちの方、はっきりと、ダメだよって先生に言えなかったんだと思います。
    もし娘さんが一緒にとりたいと言えば、急いで食事へとはしなかったのかなとおもいます。
    相手の子が、断れる子で、よかったなと思います。
    学校でだめなら、それ以上のお膳立ては、変に期待を持たせるだけですし、男の子は、性的な興味も強くなる年頃。あちらの親御さんも気を付けているでしょうし、恋愛を心から祝福する気持ちにはなれないでしょうね。それは、男の子の親より、女の子の親は警戒もします。それは普通の子でもそうだと思います。親にはかわいい子どもでも、はたからみると、若い男性ですからねー。

  40. 読者 より:

    間違ったことをブログに書いてはいけません、正しい事だけ書きなさい
    という意味で厳しい意見が来ているわけではないですよ。
    反対意見や耳の痛い指摘を受けたときに、言い負かしたり自分の方が正しいと主張することに固執せず、一旦冷静に考えてみたり新しい視点や気づきとして取り入れることが大切です。

    今回のお話ならば、
    待ち伏せをされたら(たとえ嫌いとまで思っていない相手でも)怖い嫌だと感じる人もいるんだなぁという気づきがあった、でいいじゃないですか。
    相手の女の子がどう思ったかに関わらず、待ち伏せしたこと自体、よくないと思う人もいるから次から気をつけよう。それだけです。
    もっと柔軟になれるのであれば、自分から見たら相手の女の子は息子を嫌っていないしうっかりな先生に憤慨したけど、もしかしたら本当は女の子は写真が嫌でお断りというのを態度で示したのかもしれないという新しい視点を得られた、ですよね。

    障がい者は恋をするな!と差別しているわけでもありません。
    障がいがあっても人間らしく生き、恋だってする。だからこそ、健常者や定型発達の人より苦手な部分はしっかり補っていくことが必要です。
    お付き合いできませんとハッキリ拒絶されてもニヤニヤ嬉しい気持ちが強い息子さんに、必要なのは相手はできませんと断ってきたから、これ以上写真をお願いしたり待ち伏せをしてはいけないよと教えることです。
    恋をするのは自由だけど、待ち伏せて迫るようなことはダメと教えてあげてください。
    障がいがあっても人を好きになったらいいけれど、相手の気持ちを察するのが苦手ならば立石さんが「相手の子は嫌だと言っているよ。待ち伏せは怖くて嫌だと思う人もいるよ。だからもうやめようね」と教えてあげることです。
    息子さんの代わりに、相手の女の子の気持ちを思いやり息子さんに分かりやすく伝えてあげること。そこができていないのではないか?と指摘されているのであって、障がい者は恋するなという意見ではないですよ。

    とにかく自分は間違ってませんから!とここで言い返しても何にもならないです。
    批判するならブログやめるぞと脅しても何にもならないです。
    それより、そう思う人もいるんだな、だとしたら現実でも周りに嫌な思いをさせているかも?こうしたら良かったのかも?と気づくキッカケにするのが「勝ち」ですよ。

  41. 花音 より:

    これって健常者の恋に置き換えてみましょうよ。

    出会いの段階から「周りに仕組まれた」とか
    「2人になりたいけど、勇気がないから
    友達にそういう状況をセッティングしてもらった
    (例えば、みんなで飲み会だと思ったら
    他の人が帰っちゃって2人になるように仕組まれた)」
    だったら、普通にあるでしょう。
    シャイな男の人は割とやると思うし
    私はやられた結果、付き合ったことがありますよ。

    相手の子が「結果的に」拒否したから
    相手の気持ちに配慮が足らないって話になるわけで。
    相手の女の子も好きで、一緒に写真を撮りたくても言えないって子で、喜んで写真を撮ったら
    美談だと思うんじゃないですか?

    だけど、恋愛初期は健常者だって相手の気持ちなんか100%分かりませんよ。
    好き合っている恋人同士だって、同じくらいの思いなんてことはないわけで
    恋は一方通行な部分が多かれ少なかれあります。

    • 匿名 より:

      現実問題として相手の女の子は健常者ではありません。配慮を必要とする支援学校の生徒さんです。

      その子の障害の特性は分かりませんが、コミュニケーションが苦手だったり、日常と違うイレギュラーな出来事に弱い子はとても多いです。
      間に入った放課後デイのスタッフさんは息子さんが利用してるものですよね?相手の特徴まで把握してますか?デリケートなんですよ。

      待ち伏せでパニックになったり、後からバス停、その時間が苦手になる恐れもありますよね。

      その状況でいきなり知らない大人から判断を迫る質問をされてパニックで正常な判断ができないこともあります。
      意に沿わない返答をしてしまうこともあり得ます。
      女の子がきちんと断れてよかったですね。

      アプローチしたことではなく、アプローチの方法が問題です。

      あまりに息子さんに偏ってます。息子さんに味方である大人のデイのスタッフがついていたなら、相手の女の子にも助ける大人がついてる場面が公平だと思います。

      相手の女の子に手紙を書けばよかったのではないでしょうか?
      手紙なら即答する必要がなくて一呼吸置いて考えることができますよね。

      健常者のアプローチは自己判断、自己責任が取れる前提なので障害者にそのまま適用はできません。

    • 匿名 より:

      健常者の恋に置き換えて考えてみて「事前にお願いをしていたけど女の子は(恥ずかしがって、意に反して)帰ってしまい写真は撮れなかった」で終わっていればほろ苦い青春の思い出でしたね
      それがショックで自傷のようなことをした、親に待ち伏せするといいとアドバイスされ実行した
      これ健常者の恋に置き換えて微笑ましいですか?
      でも健常者じゃないから親が手助けするのは仕方ないと思いますか?では健常者の恋に置き換えることに何の意味もないです。

  42. 匿名 より:

    食事の時点で相手の気持ちを察しないと。食事は作り話で彼女は写真を取る事そのものが嫌だったのだと思います。普通なら後日、本人から直接謝罪の電話も来ますよね?それもないのに今度は出会い工作。さすがに非難されても当然です。

  43. 匿名 より:

    健常の高校生は普通にバイトで貯めたお金で卒業旅行に仲間で行ったり、免許とったり、大学に向け準備とか青春を謳歌していますよね。生まれても行き着く所は作業所、一生偏見と差別の下に生きていく障害児の存在価値をやはり疑います。

    • 匿名 より:

      存在価値とは?
      そういうことを書いてしまう人の存在が何人もの人の心を悲しませる、そこに存在価値がありますか?

      • より:

        作業所の焼き菓子類おいしいよね!
        カフェチェーン店も不味くて高い焼き菓子置かないで作業所のお菓子置けばいいのにねー

        • 匿名 より:

          mee too(^^)
          わたしも、福祉作業所のお菓子をよく食べます、とてもおいしいです。
          雑貨もとてもかわいいです。
          器用な方が多いと思います。
          できることでよいんです。
          支援学校で、重度の子が、ペットボトルキャップをとる作業をみました。大事な仕事です。
          いろいろな仕事が丁寧で、びっくりすることもあります。健常者よりやくにたつかたが、たくさんいます。
          アイロンかけの授業は、わたしもふくめた世の主婦よりも上手でした。まして、家事しない男性など、足元にも及ばないでしょう。
          しかし、技術取得が目的ではなく、わからないことを聞く、など、コミュニケーションの取得の訓練だと学校の先生はおっしゃっていました。

          生産性のある、お金になる、それだけが大事だというなら、それ以外の仕事の人や、家事従事者、子育てちゅうの主婦、介護してる人、みんなストライキをしちゃえばいいんです、
          お金を稼ぐことに、集中できなくなります。
          先日、テレビでやってました、むかし、外国で、女性たちがストライキをおこし、
          女性の地位が上がった、と。
          障害者のことや、blogのことから、論点ずれましたが、
          健常者だって、絵にかいたような青春謳歌してる人ばかりじゃないです。
          いきつくさきは、雑用ばかりの主婦であったり、ブラック企業であったりもます。(ブラックじゃない職場ってあるの?といいたくなりますが)
          みんなちがって、みんなおんなじ、です。

          立石先生、大丈夫ですか?
          息子さの門出、応援しています。
          ご卒業おめでとうございます・

          • パイナップル より:

            本当に、子供のゼッケン付けだけでブーブー言う主婦とは大違い!キッチリ縫って本当に上手い。

  44. 匿名 より:

    二人で写真撮るのはいやだけど、他の子も含めてみんなでとるのはだめだったのかな?以前、男児Aから男児Bというのがあったけれど、純粋にお手伝いしたりいじめっ子から守ったりしていただけなのに、先生が面白がったり男児Bの母親が過剰反応て騒いだりして、結局純粋な気持ちを大人が傷つけていたことがありました。
    その気持ちの純粋さがどんなものかくらい、分かるものではと思うのですが、最近はそうでもないのかもしれません。

  45. ii より:

    過去記事を見ましたがスイミングスクールでパニック起こしてガラスを割って・ロッカーをボコボコにして逃走後、人様の車を蹴ったそうですね。
    被害者ぶってますが前科あるじゃないですか?
    自制心の効かないガタイのいいIQ37のの男子の待ち伏せは恐いですよ。女の子やその子の親の気持ちも考えてください。
    あと息子さんは発達障害とありますが、これからは知的障害を表記してください。
    知的ない発達障害からすれば一緒にされて迷惑ですから。自制心のない息子さんと一緒にされては迷惑なんで

  46. 匿名 より:

    考察彼らが生きる意味とは?電車内の出来事をきっかけに…
    この記事はお役に立ちましたか?

    5014
    35件48338約 7 分

    16
    follow us in feedly
    彼らが生きる意味とは?電車内の出来事をきっかけに考えた、「知的障害者」の存在意義
    当記事には過激な表現が頻出します。関係者の方、感情的になりやすい方、物事を客観的に捉えられない方は読まない事を推奨します。

     公共交通機関を利用していると、たまに知的障害者らしき人を見掛ける。
     最近は電車内にて、せわしなく動き、時おり大声でワケの分からない奇声を発する男性に遭遇した。
     周囲には、彼の補助をする付き添い人は見当たらなかった。

     ここからは、個人的に感じた事をそのまま書く。
     俺からすれば、到底あり得ない話だ。
     正直に言うと、その時は『うるせえなぁ…』、『出て行ってくれねえかなぁ…』とさえ思った。
     他人に不快な感情を抱かせたり、迷惑を掛ける可能性があるのなら、彼ら(彼女ら)を見守る介護者が行動を供にする義務があるだろう…と。

     上記の出来事をきっかけとして、彼らの存在する理由を考えてみた。
     以降は、可能な限り客観的な立場から意見を述べていく。
     尚、当記事のテーマは「知的障害者」のみに絞る。

    目次 [タップして表示]

    知的障害者を取り巻く2つの視点

     まず、彼らに対する目は大きく2つに分けられる。

    1.「身内」の視点

     知的障害者が生まれた家庭は、間違いなく不幸になる。
     彼らは身内に対して悪意の無い負担を強い、法律がそれに拍車を掛けるからだ。

     だが生まれてきた以上、誰かが世話をしていかなければならない。
     彼らは他人の足を引っ張り続け、奈落へ導く事しかしないだろう。
    「望まれて生を受けた知的障害者は居るのか?」と疑問さえ湧いてくる。

     知的障害者の家族は、

    自分の子供だから…

    存在を消す事は出来ないから…

    などの理由から、生涯介護に悩まされ続ける事となる。
     そして、それは並大抵の精神力では絶対に不可能だ。

     実際に、介護を苦にして身内を殺める事件も少なくない。
     だからこそ、彼らと真摯に向き合おうとするその姿は、素直に尊敬すべき対象だと考えている。

    2.「健常者」の視点

     こちらは、俺が属する視点だ。
     健常者は知的障害者を見た時、必ずと言っていいほど距離を置いてしまう。
     正確には、「どう接したらいいか分からない」と言うべきかもしれない。

     冒頭のように、「健常者」は意味不明な挙動や奇声を不快に感じる。
     その時は口でこそ言わないものの、何かしら奇異な目を向け、心の中では毒づいてしまう。

     実際に匿名の掲示板では、

    知的障害者は邪魔

    生きている意味が分からない

    などの書き込みも見受けられる。

     上記が、健常者の心の声をそのまま反映しているとは言えない。
     しかし、そう感じている人が居ることは紛れもない事実。
     残酷だが、『マトモで良かった』と思うのもまた、人間なのだ。

     もともと(知的障害者の関係者を除く)健常者は、当事者とその身内ではない。
     故に、自分を『身内の立場』に当てはめることは出来るが、実際にどうしたら良いかという結論は永遠に出せない。
     身内以外は知的障害者を不快に思ってしまう…コレが健常者の真実だろう。

    知的障害者を巡る論争

     匿名掲示板でよく目にする意見について、『健常者の立場』から個人的な見解を述べていく。

    意見1.普通の子と同じような学校で勉強させてあげたい

    『公平』を望む意見だが、俺は家族のエゴや自己満足でしかないと思う。
     本人が普通の学校で健常者と共に過ごす場合は、相応の介護が必要になるからだ。

     コレは周りからすれば、とても迷惑な話。
     中には、

    介護するのが当たり前だろ!

    なんでウチの子を助けないんだ!?

    などと文句を言う、「モンスターペアレント(自己中心的かつ理不尽な要求をする親)」も居る。

     そもそも、知的障害者は勉学に励む仲間の邪魔をする可能性もある。
     それならば、本人の能力に合った教育を受けられる場所を探すことが、親としての役目なのではないだろうか。

    意見2.なぜ知的障害者を批判するの?何か悪い事をしたの?

     こちらは、不快感を露わにする人に対し、知的障害者を擁護する声。
     健常者からすれば、彼らを不快に思うのはごく自然な話だ。

     元々考え方や価値観は各々違う。
    「自分と同じ」にしようとする思考のほうが不自然だろう。

    意見3.家族の立場になったら、そんな事言えなくなるよ

     こちらも、「意見2」と同じ擁護の声。
     至極当然だ。確かに俺の身内に知的障害者が居たら、考え方は180度変わるだろう。

     だが、“他人”はそうした状況に置かれていない。
     故に、やはり親身になる事は不可能なのだ。

    「知的障害者」の生きる意味とは?

     医学の発達により、望む望まないに関わらず、本来なら生を受けない子供が激減した。
     命が大切な事は確かだが、その考え方が「知的障害者でも生き続けさせるべきだ」との風潮になり、その結果として彼らが存在している(安楽死も同様だ)。

     だが親にとっては、自分の子供である事に変わりはない。
     だからこそ、守りたい、成長を見守りたいと考えるのは、当たり前なのかもしれない。
     誰かが『生きて欲しい』と願う事、コレがそのまま知的障害者の存在意義なのではないだろうか。

     しかし、それが本当に正しいのかどうかはまた別の話だ。
    「日本国憲法」には、以下の法文がある。

    1.すべての国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

    出典Wikipedia

     こう定められているなら、全国民は例外なく平等という事になる。
     実際、あなたは幼少の頃に

    差別はよくない

    と教えられてきたハズだ。

     だが、現実は違う。
     身近にも、一般人・有名人、貧困層・富裕層などの枠組みはいくつも存在する。
     前述の「意見1」もそうだが、大半の健常者は

    人に迷惑を掛けずに暮らして欲しい

    のが本音ではないだろうか。

     例えば、俺の小学校時代に知的障害者のクラスメイトが居た。
     彼は意味不明な言動をしながら、いきなり女子に抱き付き、体を触るという奇行が日常茶飯事。
     子供心だった当時でさえ、『気持ち悪い』と何度も思った。

     それにも関わらず、周りの大人たちは彼を過剰に守り続ける。

    やめさせてください!

    と被害者の女子が教師に訴えても、

    仕方ないんだよ…悪いけど我慢してね

    とマトモに取り合わなかった。

     今思えば、彼は養護学校(特別支援学校)へ行くべきだったと強く感じる。
     そこなら他人に迷惑を掛けず、人間関係のこじれを心配する事も無いだろう。
    「十人十色」の言葉があるように、人の居場所もまた違うのだ。

     しかし、『平等=無差別』なら、この定義は既に破綻している。
     人間社会においては、“真の平等”など存在しない。
     俺もまた、「1人の健常者」であるように。

    最後に

     いかがだっただろうか。
     俺はありのままの現実を書いたつもりだが、不快に感じたならここで謝罪したい。
     
     ふとした出来事から、「知的障害者」の存在意義を疑問に感じ、当記事の執筆に至った。
     これからは今一度、彼らに対する接し方を深く考えていきたい。

    16
    follow us in feedly
    コメント35件48338
    考察

    ブロガー江川の記事一覧

    Comments ( 35 ) Trackbacks ( 0 )
    By 通りすがり2017年5月19日 at 6:16 PM返信
    的を射てるなぁと思いました。
    身内の立場になれば、ガラリと変わるのもまた1つですね。
    私は健常者ですが、障害をお持ちの見知らぬ方(毎回違う)から、ホームから突き落とされそうになったり…と、とても怖い思いをしました。
    こちらの命の危険がありますからね。。
    健常者の素直な意見としては、このブログに同意ですね。

    せめて付き添っていて欲しいです。あと、うちの子は障害者なんだから、大目に見て当然という親の気持ちは、全く理解できないです。。

    許されることと許されないことがあります。
    また、彼らが被害者にも加害者にもなり得る境目に位置している事を認識してほしい。

    ブロガー江川 By 江川2017年6月11日 at 7:02 PM返信
    「可能な限り客観的な立場から」と書いておきながら、かなり自己中心的な内容になってしまいました…。
    ただ、共感して頂けて素直に嬉しく感じます。

    僕も通りすがりさんの意見に全く同意です。
    付き添いは、本人の為にも第三者の為にも必須かと。
    そうした怖い体験がおありなら、尚更そう思いますよね…。
    健常者と障害者、立場が大きく違うからこそ、お互いに配慮し合う間柄でいたいものです。

    By 名無し2018年9月29日 at 7:58 PM返信
    共感します
    受験勉強が一段落し、帰りの電車で大暴れしてる恐らく障害者の方を見かけました
    「平等」とは、人によって相異なる事を認識してほしいですね。みんながみんな同じ場所同じ環境は本質的に一種の一元化であり、個人が共同体から自立した現代で、共同体社会の中での個々人を考慮した法律の制定は難しいが故に、健常者の方も障碍をお持ちの方も、互いに我慢するしかないのでしょうかね。。。

    By 匿名2017年8月18日 at 11:02 PM返信
    知的障害は施設に入れますよ。税金で。
    家族が間違いなく不幸 というのは間違ってると思います。

    By 健常者にほど近いアスペ+ADHDの20代2018年4月17日 at 8:47 AM返信
    とりあえず私は不幸になりました。
    あいつのせいでいじめられたこともあります。
    中指を噛まれたことがあります。
    公衆の面前であいつが喚いて恥をかきました。
    兄弟喧嘩が11歳下の妹と喧嘩するまでできませんでした。

    親はどう思ってるかは知りませんけどね。

    By 匿名2017年8月18日 at 11:04 PM返信
    生産性が無い、下手すれば自我も動物並なのに、税金で生かしておく事がどうなのかを論点にすべきです。

    By 匿名2018年3月29日 at 1:23 AM返信
    悲しい事にそれはできないでしょう。
    それについて「(死にたい)ご老人や、(頭では奇行をやめたいと思っている)障害者をどんな手を使っても生かす。」というのがこの国の掲げる正義であり、平等というものだからです。

    知恵袋を見ればその怖さが分かります。
    「障害者は死んだ方がいいのでは?」と言う風な質問には、口を揃えて「お前は何様だ」と帰ってきます。(個人的には「お前絶対障害者だよ」という返しがほしいのですが)
    しかしこんな「生きるべき」と書いている者達は「生きているところ」を見た事がありません。
    つまり「障害者はどう思っているか」「周りの支えている人は」ということについては書いてありません。書けないのですから。

    自慢ですが僕ちんは高校生。二世帯住宅に住んでおり祖父は半身が動かないので、車いすで移動。舌がうまく動かないので「おーい」くらいならおkだけど会話は無理です。何が言いたいかというと夜中でも何時間か置きに「おーい」「おーい」と聞こえてくるのは結構きます。

    この記事を読んで本当に的のど真ん中を射ている記事だと僕は思います。
    はたして真に心ない者はどちらなのか「生かしたい人」に聞いてみたいです。

    長文失礼しました。勢いに任せて勝手な事や自分の感想なんかを書いてしまったですすいませんでした。

    By 匿名2017年9月3日 at 12:28 AM返信
    ナチスドイツのヒトラーの政策でこんなものがありました。良かったらどうぞ。
    www.ushmm.org/outreach/ja/article.php?ModuleId=10007683
    感慨深いです。

    By いち2017年10月1日 at 11:41 AM返信
    まさに現在進行形で知的障害者のブロガーに、ブログ内での自分の言葉や性格を今年3月からパクリまくられてる者です、書かれている事に共感致します。
    私もそう言った人の存在意義が全くわかりません。

    いきなり人格が翌日から私に変わったと言った感じで、真似られてると知った時は、かなり気持ち悪かったです。
    どうやら知的障害の人はここまで真似してはいけないとか言う境界線が分からないみたいですね。
    今では人の過去記事を漁り、そこにあるキーワードから記事を作成しているようで、まるで成りすまし。
    現実でたまたま仲良くなった知的障害の中には食事をしてお会計時に「一緒でお願いします」と発言しておきながら財布を出さない者も居ました…。理解不能です。

    本当、他の方が仰るよう施設に入れてネットも使わせないべきかと思われます。
    知的障害者が私の趣味ブログ運営の障害になっているとはなんとも皮肉な話。

    By 名無し2017年10月22日 at 11:57 AM返信
    知的障害者を擁護する団体や身内の方々は差別はよくないと言いながらも、自分たちは好き勝手にさせてそれを許せと、いつも矛盾したことばかり言ってると思いますね。

    私もブログ主さんに同感で、彼らを人として扱って生涯を全うしてもらうには彼ら専門のコミュニティや学校、職に就かせるしかないと思います。
    少なくとも、健常者よりも税金で保護される立場からして彼らはすでに擁護されているし、健常者の社会が彼らの為に不利益や損失を伴うことがあってはならないと思います。

    私の職場にも一人だけ知的障害者の人がいますが勝手な行動やワガママを捏ねるせいで職場全体に不利益を被りました。本人に言っても理解できないので責任者からその人の親に話すことになっております。
    そもそも、そのような人を他者の存在する空間に働かせること自体が間違っていたと思いますね。

    By m-lux2017年10月24日 at 8:22 AM返信
    十人十色と言いますし、障害は個性だと仰る御立派な方々に言いたい
    個性だと言うのなら、個性に合った環境に置いてやるのが優しさで、無理矢理健常者と一緒に生活させる事こそ、彼らを否定している事になるのです
    今朝も通勤中に、知的障害者のおじちゃんが他のお客さんに掴みかかってました
    然るべき生活をさせない事は、彼らの尊厳を失わせるいわば暴力行為です
    知的障害者の御家族は、どうか彼らの個性と尊厳のためにも、適切な生活が出来るように考えて欲しいですね

    By ゲッパー2018年3月10日 at 6:52 AM返信
    あなたたちは、障害者関連の仕事をしたことがあるのか?自分は1ヶ月派遣でしたことがある。知的障害者
    は言葉がわかる癖に都合がわるくなると障害者のふりをして逃げて人に迷惑をかけながらそこにあぐらをかいてる奴を散々見てきたわ。植松が出てきた理由を考えられないのか、どれも本質は犯罪知的障害者をかばってるコメントばかりじゃねーか

    By 匿名2018年4月23日 at 5:21 PM返信
    非常に興味深い意見でした。現代社会において、「知的障害者に対して迷惑だ、怖いなどという感情を露わにしてはいけない」という風潮、そういった社会の傾向が1健常者としてとても疑問に感じていました。
    現に私も、公共の場での知的障害者の方の奇声や奇行に嫌悪感を抱きながら生きてきたのですが、「知的障害者だから」という理由で健常者がそれらを黙って我慢しなくてはいけない、ということではないですよね。
    また、障害を持って生まれた自分の子供に、ほかの健常な人間と同様の生活を送らせたい、人間は平等でなくてはならない、というのは親のエゴであるという意見も、非常に共感させられました。事実、知的障害者の子供を産んだ時点で親のエゴは始まっていると私は感じます。産んだのならば、特別支援学校などの然るべき環境で生活をさせるのが責任というものであり、優しさでもありますよね。知的障害者を健常者と同じように生活をさせようとする、それは彼らや、彼らの親族をも不幸にもたらす危険な思考であると感じます。共存することは、無理に両者に合わせることではないのです。

    By 匿名2018年5月10日 at 2:06 PM返信
    身内に後天の身障者がおり、施設のイベントに幼少期に参加をしました
    起きた事件は重度の知的障害の子に「風船が赤い」という理由でボコボコのボロボロにされました
    広い公園で引きずり回され、係員が気がつかなかったら危なかったです
    言いたいことは、感情コントロールと力のコントロールが不可能な重度の知的障害の人間は、スイッチが一般人には全くわからず、リミッターのない暴力は一般人がサシでどうにか出来るものではないということです

    「やめて」と言っても「風船が悪い(意味不明)」どうしたら止めてもらえるかがない恐怖
    スイッチが一度入ってしまうと、一般人はあまりにも無力
    一般人に頑張って生きている命を~とか解くのはどうなんだ?と思っています
    非生産的でも他人に迷惑かからないならまだ良いのですが、温かく見守ってやってくださいは違うと思っている
    仕方ないじゃない、手に負えなくなったら躾の出来ていない猛獣と変わりはない

    By 匿名2018年8月4日 at 10:43 AM返信
    いい奴ばかりじゃないけど
    悪い奴ばかりでもない。

    障害者がビリケン様、商売繁盛福助人形
    山下清画伯ばかりなら平和なんだがなぁ。

    By 匿名2018年8月10日 at 1:54 AM返信
    知的障害者生まれた時点で安楽死処分なる法律をつくる必要がある

    By 障害者はほんとうに気持ち悪い2018年8月18日 at 8:10 AM返信
    障害者は気持ち悪い、職場に国の制度で雇われたゴミがいるけど、有力者の子息で、権力のみでその地位を手にし、何もせずにぼーっと置物のようにいるだけで、国の税金からでる給与と障害者年金をほしいままにしています。働きもしないで性欲はただで手に入れた金を使って風俗がよい、無駄な残業して寿司を出前とるありさまです。本当に消えて欲しい。

    By 匿名2019年2月19日 at 8:14 AM返信
    障害者差別反対

    By 匿名2018年9月1日 at 12:21 AM返信
    とても共感できる内容だと思いました。
    私は今障害者施設に

    By 匿名2018年9月5日 at 9:21 PM返信
    障害者についてどう思うかという考えは、一般論と関わりを持つ現実的な立場では大きく異なると思います。自分も一般論的には障害者差別や間引きなどとんでもないと思いますが、実際に関わっていると、正直、植松のような存在が出てくることに一定の理解も持ててしまうのです。

    これは障害者自体の是非を問うよりも、障害者をめぐるシステムの問題をもう少し見直すべきだと思います。極端に言えば病人の扱いと同じです。病人自体は善でも悪でもない、しかし病人の面倒を病院が見ずに家庭に丸投げしたり、重病人を学校や会社などのシステムにただ放り込むようなことをしたら、あらゆる瑕疵が生じ、病人への差別が起こるでしょう。

    形だけの平等を求めるのではなく、障害を認めその程度に応じた公正なシステムに適応させることに努めなくては社会全体が不幸になる。その結果としてナチスの選民思想や植松のような人間がカウンターとして現れるのではないでしょうか。障害者を学校や会社に平等を理由に放り込み世話を求めてはいけません。また、彼らを座敷牢に閉じ込めておくなどのことをしてもいけないのです。彼らにあった施設をもっと充実させ、そこに通わせる義務を障害者の親には課し、然るべき保護をするのがベストではないが最もベターな形なのではないでしょうか。

    病人は病院で過ごすのと同じく障害者は施設で過ごす。これを区別として許容する世の中になるだけで大半は解決するはずです。解決が難しいのは、障害者を持つ親の個人的感情でしょう。そこははっきり言えばエゴとも取れます。そのエゴをあまり神聖視せず冷静に見れる、ある意味正直な世の中になって欲しいと思います。

    By 匿名2018年9月8日 at 4:41 PM返信
    とても共感できました。
    障害を持っている方には大変申し訳ないのですが、そういう方が電車やバスの中などで近くにいると、どうしても怖いと思ってしまいます。自分たち(健常者)の常識が通じない可能性が高い、つまり正直何をされるかわからないからです。
    国の税金を使い、保護されていることにも、正直疑問を感じます。健常者が報われなさすぎやしませんか。ある程度、フォローすることは必要だと思いますが、私は子どもたちを育てたりすることを優先したほうが良いように思います。保育園をもっと作ったり、職員の給料を上げたり。
    大分差別になってしまうかもしれませんが、未来がない人ではなく、未来がある人への投資を希望したいです。

    By 匿名2018年9月11日 at 4:18 PM返信
    家族が一生面倒を見る(自費で施設に入れる等含む)のならば文句はありません。知的障害者が電車等で野放しにされていると怖くて仕方がありません。実際唾をはかれたこともあります。もし刺されたとか突き落とされたとか大きな事件を起こしても法律が彼らを守ると思うとさらに怖くて仕方がありません。正直、彼らが生きていてもデメリットしかありません。

    By 匿名2018年10月2日 at 1:54 AM返信
    「誰かに生きていて欲しいって思われていること」が生きる意味というのは、すごく共感できますが、なんだか足りない気がします。社会的観点からすれば、そうなのでしょうが。
    彼ら自身が生きたいと思って生きているなら、それが生きる意味だと思います。それを言えば生きることに意味を求めること自体ナンセンスだと、よく言いますが。

    By 匿名2018年11月9日 at 11:21 PM返信
    障害のある大人の男性がひとりで外を歩くのは本当にいけないと思います。
    例が小学生同士のやりとりなので軽く感じますが、道を歩いていて突然唾をかけられたり、バス内で両手で掴み棒を持ち閉じ込められたり、隣に座られ顔を覗き込まれたりすると不快感どころか恐怖です。
    もちろん誰も助けてくれませんし、何が刺激になるのかわからないのでこちらも身動きが取れません。その状況から解放されても偶然助かっただけで安心できる心境にはなれません。自分がまともでよかったなどとは思いません。いっそ自分もその恐怖がわからないように産まれたかったとすら思います。
    正直、法が通じない相手ですのに人権を主張されてもよく理解できません。犯罪を犯したら同等に罰されるべきだと思います。反省をして正していくということができないのでなおさらです。差別するなというのに特別に擁護するのは何故なのでしょうか。

    By 匿名2018年11月18日 at 1:22 PM返信
    初めまして。
    元軽度知的障害の者です。
    意見に賛同します。
    私は、時代もそうですし軽度なので障害に気付かれずに普通学級に通っていましたが、学生の頃は背伸びばかりで辛かったです。
    お互いに居場所を考えることは、伝え方次第だと思いますが決して差別ではないと思います。
    今の子は、幸せですよー。
    だって、立場や色んなことを自覚して客観視が出来る力を身に付けることが出来るんですもの。
    現在は、IQを平均値に上げることが出来ました。
    そして、結婚して子どもが二人居ます。
    今の目標は、通信制の大学をクリア出来るレベルになることです。
    人より時間が掛かりますが、健常者と同じようにきっかけで変わる人も居る筈です。
    程々の距離で健常者、障害者関係なく接して(親しく)いけたら良いと感じているので書き込みました。

    By みっちゃんママ2018年12月4日 at 10:19 PM返信
    初めまして。
    とても共感できる内容でしたのでコメントを書き込ませていただきます。
    私には私立小に通う娘がおりますが、毎日電車通学をしております。
    ひとりで電車通学をする際に何度も口をすっぱくして注意したのが次の点でした。
    【1】電車内では上級生や付属中高のお姉さんの傍にいること。
    【2】ドア側にいること
    【3】「あー」「うー」とうめき声を上げたり突然大声で叫んだり独り言を言う人には絶対に近づかない。
    見てもいけない。近づいてきたら防犯ブザーを鳴らしながら逃げること。

    特に【3】については、娘が幼少期に重度の知的障害を持つ男に親子で襲われそうになったことがあるので特に強く注意しています。

    知的障害を持つ方を差別するつもりは全くありません。
    しかし、介助人や保護者が傍にいない知的障害者にはいろいろ疑問があるのも確かですし、障害にあった教育や環境を用意しない保護者に疑問があります。

    By 匿名2018年12月22日 at 11:57 PM返信
    共感できる内容でした。
    自分にはダウン症の妹がいて、正直妹のせいで肩身の狭い思いをしたことが何度もあります。
    だけど明日から妹がいなくなるのは絶対に嫌です。やっぱり家族として長年生活していたら情が湧くというか、愛情があるので。
    ダウン症は割と陽気で意思疎通も出来るのですが、妹の通っていた養護学校にいた重い自閉症の子達は意思疎通も取れず、常に自傷行為や奇声をあげていてご家族は大変だろうなと思いました。
    事実そのようなご家庭ではデイサービスやヘルパーさんに子供を預けっぱなしということもよくあります。
    やまゆり園の無差別殺傷事件も、被害者は本当に可哀想ですが、親に捨てられたも同然の方がいらっしゃったのは否めません。(もちろん愛情を持って育てていた方もいらっしゃいます)
    家族の中で必要とされているかどうかが障害者の存在意義、これはまさにその通りだと思いました。
    あと、知的障害者だけではなく、統合失調症や認知症など、健常者から精神疾患で精神障害者になられる方も多くいらっしゃるので、意外に障害者は身近にいるものですよ。

    By 匿名2019年1月13日 at 3:03 PM返信
    人に暴力を振るう障害者も
    いますが、無害な障害者も
    います。そんな無害な障害者を
    バカにしたり笑い者にする
    健常者も沢山いますよ。
    それをみな知ってるのでしょうかね。

    ここのコメにもナチスの優性思想が
    添付してありましたが
    いっそのこと日本も導入したら
    良いと思います。
    要は治る見込みのない
    用無しの障害者が対象なのですよね。
    なら、知的、精神、肢体不自由
    癌患者、認知症、慢性疾患等。
    例え、それが自分であっても
    大切な家族であっても安楽死。
    「平等」ですよね。
    そうすれば世の中「健常者」しか
    生き残らないはず。
    さぞかし理想的で財政潤う
    社会になるはずですよね。

    どうでしょう?

    障害者の生きる意味って
    なら健常者の生きる意味は?

    By 匿名2019年2月14日 at 4:45 PM返信
    不思議に思うのが必ず、このような皮肉めいた発言が出てしまうこと。
    本質は、現行制度のありかたでしょう。
    介助出来る環境であればいいが、そうでないなら厳しい。
    施設もなく、世話できない社会はどうなんですか?

    By 匿名2019年1月16日 at 2:10 AM返信
    障害者の何が問題なのかと聞かれたら私は変な守られ方をしている事に問題があるのだと思います。
    やれ人権だ憲法で保障されているだと、行政は何も対処をせず、障碍者達はモヤモヤした煙の様なもの守られて、被害者側は泣き寝入りするしかない状態です。
    こんな状態ではひたすらヘイトを稼ぐだけで、より排他的思想を心に誓う人が増えるだけです。
    いくら差別するなといわれても、関わることでリスクを追いそうな人に普通に対応できますか?
    存在がどうのこうの貴方等の生きる意味はと、暴言進んでを投げ駆るような事はしませんが、正直関わりたくはない人達です。
    もちろん、そうでない人も居るでしょうが、被害にあった側からしてみたら憎くて仕方がない存在です。
    悪事をしたのに悪びれる様子はない、責任能力がないから仕方がない?罪はない?
    私は「法は弱い人の為に作られている」と、弁護士からそう言われた時、障碍者を嫌悪する様になりました。
    全ての障碍者が悪事を働かないのはわかっています、ただ、あの人達には罪を帳消しに出来る免罪符が付属されている事に嫌悪感と恐怖を感じるのです。

    By 匿名2019年1月18日 at 5:29 PM返信
    とにかく知的障害はいらん

    By 匿名2019年2月12日 at 9:04 PM返信
    知的障碍者に迷惑をかけられたことがあるものです
    ただ、 知的障碍者でひとくくりにするのは すこしおかしいと思います

    健常者でも犯罪を犯す人がいるという意見がありますが、
    それはちゃんと法で罰せられています

    義務あっての権利 障碍者を健常者のようにあつかえというなら
    同様に罰するべきです

    彼ら 彼女ら 自信 障害と関係ないところで 親が甘やかしてるのが原因のこともあ多々あります

    そもそも障碍者にも意識はあるのだから、人をきづつけてでも反省しないで回りがかばえば
    くずになるのは 当然です

    たとえに 犯罪者やよっぱらいで迷惑書ける人もいますが、 なら当然
    同じように裁かれるべきです わたしは 強くそう思った理由は

    障碍者のかたの講演から障害を言い訳にしている 人もいっぱいいるということを聞いたときに
    このことを強くおもいました

    障碍者とひとくくりにするのは間違いですが、 なら 人に迷惑をかけるのは障碍者ではなく
    犯罪者です これをわけずにごっちゃにした 政府や 人権団体の 責任が

    なによりの障碍者への偏見の助長に他なりません

    生きててほしいというなら それは、家族のエゴです 自分のみが責任を負うべきで
    障碍者雇用などはやめてほしいです 職場の知的障害の女のせいでひどく迷惑をこうむりました

    一番むかついたのは 人を気づつけておきながら、 自分の被害妄想だけわめくところです
    完全に 知的障害関係なく 親の甘やかしが原因です 迷惑で役立たずのくずはしね
    これは当然です

    障害関係なく どりょくしたなら それをさべつするのは まちがってますが、
    現実に やくにたたず 迷惑をかける くずはしね

    それは当然です それを障碍者だからしかたにというのは それこそ差別で
    その仕方ないを 周りに押し付けるような くそ親は もはや、犯罪者でしょうね

    By 匿名2019年2月21日 at 7:20 PM返信
    まあ、 生きる意味はないと思いますよ

    家族が生きててほしいっていうならいいですけど
    社会的に価値がないのに社会で雇用確保しろって押し付けるのはおかしいですよね

    障碍者でも工夫して問題なく 働けるならいいです

    でも、働けない その分の価値がだせないってんならそれは社会的にはかちがありません
    それでもいきててほしいなら 家族がやればいい

    これにたいしてかばう きもちわうり人たちは 自分たちがお金あつめて救えばいいじゃないですか

    政府にも頼らずにね

    そうやっていいひとぶりたいけどやらない あげく正論言ってる人んいねとうよだのれんこして
    あんたらこそ差別主義者どころか ごみkずの犯罪者だろ きもちわうりんだよ
    障碍者かばって善人のふり
     じったいは 障碍者よりもはるかに劣るきもちわるいゴキブリの自分たちを隠したいだけd
    証拠に ちゃんとはたらいてる障碍者にたいしては見向きもしない

    障害社がしゃかいでるには それこそ大事な成功例なのに それは無視
    あんたらが語気bるいできもくてこじんこうげきまでうすr差別主義者いかの語気b類犯罪者きもぶたテロリストのおぶついかのゴキブリしゅうだんってことがよくわかるよ

    By ほわほわ2019年3月16日 at 7:40 PM返信
    ブロガー江川さんはじめまして。重度智的障害者の親です。私たちのこどもが、いろいろな方に不快な思いをさせてもうしわけありません。

    でも「知的障害者が生まれた家庭は、間違いなく不幸になる。」なんてことはないですよ。
    少なくともわたしは、母親になる前よりもいまのほうがしあわせです。こどもがくれるしあわせは、はかりしれないものです。
     
    その人がしあわせかどうか、外からみただけではわかりませんよ。
     
    でも、わたしも以前は、年老いた女性が中年の障害をもつお子さんらしき人の手を引いて歩いているのを見ると
    「ああ、障害を持つ子どもが生まれたらおしまいだな」
    と思っていました。
    だから、ブロガー江川さんがそう思う気持ちもわかります。

    By ほわほわ2019年3月16日 at 7:46 PM返信
    追伸

    悲しくなるのはだれかにこどものことを「気持ち悪い」「いなくなればいいのに」と言われたときです。そのときはこの子を連れて死のうかどうしようかと考えます。そういわれたことが最近会って、どのくらいそう思っている人がいるのか気になり、検索してしまいました。
     
    そういうときの私は、とても不幸かもしれません。

    コメントする(承認制です)
    Comment *
    Name
    E-mail
    URL
    アイキャッチ<信者ビジネス+情弱ビジネス=信弱ビジネス>
    2017年9月13日
    【信弱ビジネス】なぜ彼らは叩かれる!?「プロブロガー」が批判の対象になる6つの理由
    新着記事人気記事新着コメント
    アイキャッチ<「表記ゆれ」を排除せよ>
    2019年1月21日
    【ライティングコラム】読み手を混乱させるな!今すぐ改善すべき「表記ゆれ…
    014
    1931
    アイキャッチ<【被害総額6万4千円+α】パチンカスに財布を盗まれ、家に帰れなくなった話 ゴミ野郎は一生恨む>
    2018年12月26日
    【被害総額6万4千円+α】「殺意が湧いた」パチンカスに財布を盗まれ、家…
    000
    1505
    アイキャッチ<EGweb.TV 冷酷なる復活>
    2018年9月17日
    「冷酷かつ非情に稼ぐ」崩壊した男性向けWebマガジン【EGweb】、復…
    010
    2672
    アイキャッチ<【中毒注意】三麻『東天紅』のルールと魅力を徹底解説>
    2018年7月19日
    【中毒注意】打ち合い必至のインフレ&インファイト麻雀!三麻『東天紅』の…
    010
    2804
    アイキャッチ<【自殺志願者たちへ】死ぬなら他人を巻き込まずに1人で死ね、あるいは…>
    2018年7月12日
    【自殺志願者たちへ】死ぬなら他人を巻き込まずに1人で死ね、あるいは…
    005
    7715
    アイキャッチ<行ってきた!定額シェア別荘ロップ家>
    2018年4月23日
    本当に安らげる「第三の場所」の魅力とは?長野県松本市の定額シェア別荘、…
    711
    2706
    あんちゃnote「誰も教えてくれないインスタ攻略」
    2018年4月14日
    【己の作品に自信を持て】ブロガー「あんちゃ」氏のnote論争から考えた…
    000
    2720

    プラグイン 事件

    © 2016-2019 エガブロ

  47. 読者でした より:

    立石さんの著書を買って読んでいたものだけに今回のご対応にはガックリです。

    人は言葉ではなんとでも言えます。
    行動にこそ考え方が現れます。
    すぐ沸点に達して「ブログを読まないで結構です」と喧嘩腰にいうのが本性だと感じざるを得ませんでした。
    配慮してます!という口の端から、ブログにガンガン他の子の名前や写真や学校名載せてるのもあり得ないです。

    誰も勇太君を加害者だとは言ってないのに「加害者だと言われた!」って書いてるのも怖いです。
    思い込みが激しく、言葉の裏が読めないってよく言われませんか?
    「何で引き留めておいててくれなかったんだ!」って、仮にもこれまでずっとお世話になってきた担任に思えちゃうところもちょっと(苦笑)。仮にもこれまで散々お世話になってきた相手でしょう?しかも当日先生はメチャクチャ忙しいですよ?ちょっと自己中すぎる。卒業式の記事でお世話になりましたの一言もないしね。先生、ここ見たら傷つくんじゃないですか?そういう配慮はできませんか?
    だいたい先生だって「配慮」してのボヤかしだったんじゃないかな、と普通なら思いますよ、そしてその時点で普通なら諦めさせます(苦笑
    「嫌われてない!」とか、息子さんと同化しすぎてて怖いです。そこは冷静にならなきゃ。

    恋人にはなれない、っていう言葉も、興味ないor苦手な異性から告白された時の断りの常套文句ですよけど、まさかそのままの意味にとってますか?
    そこまでの気持ちはないけど時々会うくらいならいい、くらいの好意持ってたら「友達としてなら(会ってもいい)」って言いますよ。
    担任通してる通してるっていうけど、待ち伏せについては向こうの担任通してませんよね?
    その手のことって支援学校の先生は一番神経尖らせてるところだと思いますが、ちゃんと話通してます?

    「ここは母親としての日記だ」も後付けの詭弁ですよね。
    ずいぶん上から目線でお母さんがたにプロとして説教なさってるじゃないですか。
    同じブログでお仕事募集もされてますよね。
    都合いい時だけ「個人のブログだから文句言うな」っていうのは成り立たないんじゃないですか。

    もうここまで本性晒しちゃうとこれまでの読者もドン引きですよ。
    最初に「そういうこともあるんですか、言われてみれば…」という気持ちにさえなれていれば本性バレなかったと思うけど、後の祭りですね。御本はブックオフに送りますね。

    • 匿名 より:

      食事は絶対に口実で気持ち悪いから嫌だったんだと私も思います。出会い工作はありえないですよね。非常識過ぎるかも。

    • 山下 より:

      学校の先生方への感謝などを記す前に、卒業式の後で息子のために思い通りにならなかったことを伝えたくなる位の自分本位な方なんだな。。という捉え方をされるという考えは及ばない様ですね。
      学校は手厚いとか何度も書いているのを読み返してもなんだか本心は違うのでは。。と今回の件を読んだ後読み返すと感じてしまいます。
      読者でしたの方の、行動に現れるというところには同感を覚えました。

  48. 介護老人保健施設 介護福祉士 より:

    老健施設の利用者が何かされるのに、職員が付き添う必要がある人と見守りだけでいい人があるのは当然のことで、職員は利用者様一人一人の特性を見極めて、ケースバイケースの対応をするのは当然のことです。

    少し生々しい話になりますが、男性職員が女性利用者様のオムツの交換をするとき、「ありがとうございます。」と笑顔で替えさせてくれる人もいれば、声かけして丁寧にオムツ交換しても大声で叫んで暴れて職員を何度も殴って介護拒否する女性もいます(※それでももちろんオムツ交換しないわけにはいかないので殴られながら替えます)。

    何が言いたいかと言うと、このケースの先生も当然、彼と彼女の特性を把握して、そうした方法がベストと判断してそうしたのだろうということです。

    女性全般を一方的に被害者と決めつけるのは、それこそ偏見だと思います。

  49. あんとも より:

    とりあえず、待ち伏せなんか相手が傷つくかもしれないって配慮をでかい声で言ってる人はこんな書き方したら立石さん傷つくかもしれないなってくらい配慮してコメント書こうか
    文章表現の過不足も否定するならコメント側も相手を傷つけない完璧なコメントしようね

    • 読者でした より:

      加害者と言い出したのは立石さんですよ(苦笑

      待ち伏せに関しては、先方の担任にもご家族にも相談せずに独断でされたことをみなさん疑問視してるんですが、そこはスルーですか。わざと話逸らしてるのかなあ。
      実際過度のちょっかいで通報される騒ぎにもなっているのに、今回のような接近の仕方を教えてしまうことは十分考えるべきだったのでは、と言われてるだけだと思いますよ。
      名前を出してとおっしゃってるけど、ここに勝手に名前や顔を晒されてる児童については?

  50. 花音 より:

    もうブロガー江川さんは悪意しか感じませんよ。

    ご自分でそう思っていて、ご自分のブログで書かれている分にはいいと思いますよ。
    そういう意見もあっておかしくないですから。

    だけど、わざわざ立石さんのコメント欄に張り付ける
    意味は何ですか?

    自分のブログの宣伝?
    自己顕示欲を満たすため?
    立石さんを傷つけるため?

    著名人なら何を書かれようと有名税ですか?
    私もライターなので、書かせていただきますが
    出版してるとものすごい印税が入るとか、連載しているとギャラがすごいとか思われがちですが
    そんなのは昔の話です。
    古き良き時代の出版業界のお話です。

    全然、儲かりません(笑)
    その大したことない印税額にこんな酷い中傷って
    有名税だったら高すぎです。

    立石さんレベルですら福祉本の著者なんか
    そんなに儲かるもんじゃないですよ。

  51. ともちん より:

    ご卒業おめでとうございます!

    先生のブログ記事にて、気づかされる事が多々あるので、いつも楽しみにしています。
    今回、様々なコメントがあり、読んでいて何とも言えない気持ちになりました。
    本当に様々な考えの方がいらっしゃるんですね…。
    これにめげずに
    ブログ続けて下さい。

  52. ことり より:

    元全日制高校で教員をして、現在は子育て中です。
    昨年度は特別支援学校(高等部含む)の免許も取得しました。

    たまたま、その繋がりで…先日、特別支援学校に勤務されている元上司に講演で講師としてお招きして、お話をしていただいたのですが、高等部での大きな問題点、教員としても悩む1つとして、『恋愛問題』があるとおっしゃっていました。
    当然ですが、高校生にもなると『恋』の1つや2つします。
    思い返せば、私たちの頃もそうだったと思います。
    片思いの場合、好きな人と少しでも話したい、少しでも会いたい、一目でもいいから…と、わざわざその人が通る道に遠回りでも歩いてみたり、その人の部活を見に行ったり、とかした記憶は皆さんありませんか?私だけかもしれませんがΣ(゚□゚;)それも待ち伏せといえば待ち伏せですよね。

    それが、被害者、加害者問題になるのであれば…全員逮捕ですよ。
    思春期に、恋しない人の方がよほど私は不自然に感じます。

    ただ、全日制高校と特別支援学校の違いは、やはり支援がいるかどうかの違いも1つあると思います。
    全日制高校しかご存知ない方は、ちょっとびっくりな話題だったかもしれませんが・・・大人介入は普通にあることだと思います。繊細な問題だけに、余計に。
    先生、おっしゃっていました。もちろん思春期だから、みんな恋をする。だけど、コミュニケーションが難しい生徒さんもいるので、トラブルに発展する場合もある。大きな問題になる場合もある。だから、大人が慎重に見ていかないといけないと。
    立石さんの先生はしっかりご相談もされていて、支援学校の先生としては当然のことをされていたと思います。でも、確かに卒業式は先生方忙しいので、うっかり帰してしまったのかもしれません。もちろん、皆さんがおっしゃるように、そっと帰したのかもしれませんが、それならば、おそらく立石さんにはそれとなく伝えるのではないかなと思います。あくまでも、話し合いがなされえていたのであれば、です。でも、話し合いがなされていたのであれば、ですが、親御さんが「どうして?」と思うのも当然だと思います。だって、卒業式に写真を撮るって、一生に一度しかないんですよ?怒りますよ、そら…。

    ある意味、、、読んでいて、卒業式に待ち伏せして、でも、できなくて…という淡い恋、素敵だなと思いました。毎日待ち伏せとかなら確かにちょっと控えましょうっていう話ですが、卒業式ですよ!!最後の日ですよ!!!いいでしょ、いや、するでしょ!最後まで恋を伝えられず、これでは卒業できない!と、最後に告白するなんて、普通でしょ!むしろ勇気があります!!
    私はそれができなくて、後悔しましたから…(;^_^A

    これを『加害者』というならば、全日制高校なんて、どうなるんですか(笑)

    私も教員をしている頃に、恋愛問題に直面したこと、何度もあります。

    かなり、ヒドイですよ。
    親御さんが知らないだけで…。

    正直、高校生全員大人介入した方が安全で健全でいいんじゃない?と思う時代です(;^_^A

    皆さんのコメントを読んでいて、複雑な思いになりました。
    自分の子どもに、卒業式に待ち伏せして頑張って告白(写真を撮ろうという)をしようとしてて、、、『加害者』とか言えますか?
    発達障がいとか知的障がいとか触れられている方もいらっしゃいましたが、インクルーシブな時代です。もうそんなのやめましょうよ。みんな1人の『人間』です。

    被害者、加害者、犯罪者とか出てますけど、正直、名乗らずバッシングだけをするのも、、、誰かが書かれていましたが、加害者ですよね。

    何なら、名誉棄損で犯罪者になると思います。
    こんなの、調べようと思えばipアドレスで誰が書いたか分かりますから。

    立石さんがブログ閉鎖やコメント欄閉鎖を悩まれていることは、とても悲しく、残念でなりません。そして、それほど傷つかれたということです。

    賛否両論あるかと思います。
    もちろん、皆さん思われることは自由だと思います。
    ただ、1人1人の言葉で、傷つかれた方が1人でもいるということは、大変なことだということを、皆さんと自覚して、反省したいです。私も含めて。

  53. Kiyoshi.S より:

    名前と写真出して投稿しているブログに対して匿名で言いたい放題批判コメントするのってフェアじゃないね。
    なんだかスゲー長文書いてるのも居たし。
    ま、そんな批判ばかりの匿名ネット住民らはカッコ悪いぜ!

  54. yumi より:

    毎週楽しみにしているこのブログで、いったい何が起きているのかとビックリしました。
    心をナイフでえぐるような言葉で、障がい者は存在価値がない、などと書かれてらっしゃる方がこのブログの読者であったと言う事実にも驚きました。普段、どのような気持ちで記事を読んでらっしゃったのでしょうか。
    私も発達障がいを持つ子供の母です。
    そんな立場になってみて始めて、あらゆる障がい者について深く考えることが出来るようになり、かつての自分も偏見に満ちていたことに気付かされました。今は、障がいをお持ちの方を支援する仕事をしておりますので、障がい者に対する偏見に立ち向かっていくことは、とてつもない勇気と労力がいることだと痛感しております。そんな中で、立石さんが多大な勇気を持ってこのブログや著書を書かれていることを思うと、今回のことをきっかけに、もしかしたら閉鎖されてしまうのは残念な気がします。
    これまでも様々な困難を乗り越えられてきた立石さんに、まだパワーが残ってらっしゃることを祈ります。

  55. 匿名 より:

    息子さんの、ご卒業おめでとうございます㊗
    息子さんの成長をこれからも陰ながら
    応援いたします。

    来年は、オリンピック、パラリンピックがあります。
    障害者は、先天的も後天的の方もいます。
    その生命に差はないですよね。勿論、健常者とも。

    様々な障害や病気と懸命に戦ってる人と
    共に、暖かい良い社会を築いていきたいですね。

    立石さん、ブログ続けて下さる事を願います。

  56. 匿名 より:

    発達障害の娘を持つ母親です。
    娘はイレギュラーが苦手、相手から過度な感情を向けられるのも、相手誘導で何かを決断させられるのもストレスを感じます。
    自分のペースでなら大丈夫でも他人のペースに巻き込まれると無理なことが多いです。
    息子さんが想いを寄せていた下級生の女の子がどういった障害をお持ちかは分かりませんが
    もし我が子のような性質の方なら、息子さんの気持ちを先生が介入して伝えてきた時点でものすごく負担を感じてるのでは?と気になりました。
    恋愛感情は障害者同士でもあるのは分かります。
    子供の片思いにやきもきする親の気持ちも分かります。
    ただ特性によっては感情のコントロールが難しい者同士で、大人が介入しても相手を傷つけてしまう事もあることを踏まえた上で
    親も先生も福祉職員もよくよく考えて動かれたのか
    息子さんの気持ちを成就させてあげたい思いが勝って相手の気持ちを軽んじてなかったか
    そこが読んでいてとても気になりました。
    相手を思いやりつつの告白であったかがブログで読み取れれば良かったのですが…

  57. 立石美津子 より:

    最後の私からのコメントです。
    誤解があるようですので、最後に状況だけお伝えしておきます・

    ・私のブログで顔出ししている生徒はご本人と保護者の許可を得ております。ぞれから実名は息子も含めて出したことは一度もございません。

    ・今回の相手方の担任にはきちんと話をしております。(私が息子の担任に希望を伝えていたので、私からではなく、息子の担任から)。従って相手方の担任は女の子の特性をきちんととらえた上判断しています。そして、息子の担任と話し、そして、当日どのようにするか事前に私に電話がありました。(※特別支援教育とは支援な必要な子に対して、このようなことをします。大人の介入が必要です。また私から相手方の担任には伝えず、教員どうして決めてもらうようにしました)

    ・相手の方は自閉症、発達障害ではなく染色体障害です。他の行事のときも息子と仲良くしていました。

    ・当日家族との食事があったのは、嘘ではありません。担任がそこを確認しています。

    以上です。4月以降、ブログ続けるかどうか考えてます

    • 読者でした より:

      最新記事に、お友達の名前写ってましたよ。
      今は消してらっしゃるみたいですが(苦笑)。

  58. 匿名 より:

    顔晒して失恋を公開とか、鬼ですか。

  59. もやもやパパさん より:

    発達障害の思春期を迎えた息子を持つ父です。
    妻共々、立石さんのブログを見させて頂いてます。
    もっとできるはずと、学校の不理解や療育という苦しみ、また、息子の考えていることがわからないという苛立ちから気を病んでいたときにブログを見つけ、初めて同じ感覚、似た状況で葛藤されている方に巡り会えたと思いました。
    ブログで励まされ、息子が何故こう行動するのか ようやくわかるようになり、優しくできるようになれたと思っています。
    何度このブログに救われたことか、きりがありません。

    これからも優しいブログを見たいのです。

    このコメントをみて私も妻も 自分の主観で判断されてきた当時を思い出し悲しくて泣けてきます。

    主義主張は置いておいて、そっと見守って頂けないものでしょうか。立石さんのブログ閉鎖のコメントも、逃げているのではなく、そっとして欲しいというお願いだと
    思って頂けないものでしょうか。
    一ファンとして願いします。

  60. ことり より:

    朝起きて、コメント見たらびっくり!

    私自身、子育てをしている母として、何だかモヤモヤしてきたので、、、。

    確かにいろいろな意見があって当然だと思うし、なるほどな、そこは気を付けないとな(思い返せば、自分もたまに気づかずして失敗することもあるので)と思う部分がありますが、ひどすぎる(あきらか悪意)コメントも見られて、何だか心苦しくなっています。

    立石さんに助けられた人もたくさんいます。私もその一人です。私も頑張ろう、今悩んでいる親御さんのアドバイスが少しでもできれば、と思えるようになりました。

    今回のお話は、賛否両論ある内容であったとは思います。もちろん、しっかり考えて書かれている反対意見も、私はスッと入ってくるものもありました。
    ただ、ちょっと度を過ぎた発言が多すぎるように思います。加害者だとか、犯罪者予備軍だとか、障害者差別みたいな言葉だとか。

    このブログは、表ではIPアドレスが見えない形になっていますが、管理者はIPアドレスが見えるものになっていると思います(大抵、ブログはそうです)。
    そのIPアドレスから、個人のサーバーを特定することは容易にできます。
    あまりにもひどい言葉の場合は、サーバー管理者に問い合わせて、個人情報開示も法的手段でできるはずです。

    場合によっては、名誉棄損罪、立石さんは講演の依頼などもこのホームページで受けられていますので、業務妨害等適用されるはずです。

    参考までに、大阪府警のホームページです。
    www.police.pref.osaka.lg.jp/seikatsu/saiba/4/3/6947.html

    幸い、私の知り合いに大学の先輩に情報系を卒業された警察官がいますので、ちょっとこのブログを見てもらって、聞いてみます。

    また、さらにひどくなりそうであれば、IPアドレス特定等おそらく詳しい先輩や、実は私も専門分野は違いますが情報系の大学院修了しているので、ネットワーク専門の教授などにも相談してみますよ。いつでもおっしゃってくださいね。

    立石さん、なので、、、もやもやパパさん同様、味方もたくさんいるので、安心されてくださいね(*^_^*)

  61. 匿名 より:

    会員制や承認制にして障害者やその親同士で交流したらいいんじゃないでしょうか。

    普通の人間からしたら、拒否しているのに一方的に好意を持たれた、しかもこちらの意思が伝わらない人に待ち伏せされてるなんて恐怖でしかないですけど、
    こういう人たちからしたらそうとは言えない様々な理由があるようですから。
    理解はできませんが。

    きっといくら議論したところで相容れないところなんだと思います。

    ブログに限らず、現実の世界でも同じです。
    障害者同士なら微笑ましい話?となるようですが、
    間違っても一般の女の人を待ち伏せなんてしないでくださいね。

  62. uk より:

    問題視されていたバス停待ち伏せについては触れないでフェードアウトなんですね。
    荒らしの方は放っておいて、まともな指摘が多いと思いますけれど。
    引き止めなかった学校には憤慨すれど、勝手に待ち伏せ行為をさせたデイの方には疑問に思わないのが不思議です。散々言ってる相手の特性云々を考えたら、やってはいけなかったのでは?
    案の定拒否されているのに相手の子へは悪いことをしたと思わないのでしょうか。
    息子くん、頑張ったねは親心としてあるでしょうが、それと同時にこの様な事はしてはいけないと教えなければいけないでしょ?
    息子さんは相手の気持ちが理解出来ないのですから余計に。
    ブログを辞めるのはご自身の判断でお好きになさったらいいと思いますが、息子さんへの指導の在り方は見直すべきではと思います。

  63. 匿名 より:

    >何故加害者とまで言われるのか、かなしいです。

    はじめのほうだけど一歩間違えると犯罪というコメントだけで誰も加害者なんて言ってないのに別のコメントの人に↑こう返してる時点で認識にズレがあると思う。

    それに言葉がキツいと感じる中にもそんなに悪い内容ではないコメントも批判中傷バッシングと捉えてしまっているようだから、もう着地点は見出せないようにも思います。

  64. 花音 より:

    なんていう詭弁^^;

    >はじめのほうだけど一歩間違えると犯罪というコメ>ントだけで誰も加害者なんて言ってないのに別のコ>メントの人に↑こう返してる時点で認識にズレがあ>ると思う。
    「一歩間違えると犯罪」=「一歩間違えたら犯罪者」
    =事件事故において、不法行為をした側を「加害者」
    と呼ぶのですから
    「一歩間違えたら加害者」「なぜ加害者とまで言われるのか」と立石さんが受け取ったのは
    当たり前ですよ。

    批判する人も立石さんに完璧を求めるのであれば
    きちんと考えてから書きましょう。

    批判も受け止めるのが当たり前
    との意見が多いですが、自分の息子さんを怖い
    犯罪者スレスレみたいな書き方をされたら
    一時的に感情的になるのも当たり前です。

    もう少し、立石さんが受け止められる余裕が出るまで、待てませんか?

    実際の現場も知らない、相手の子のことを知らないで勝手に判断して批判しているのは、どちらでしょう?

    プライバシーの問題で、立石さん側にも書けないことはたくさんありますし、知的障害・発達障害だからとみなが同じ特性なわけでもありませんし、読む側が分かる情報には限界がありますよ。

    その中で、なぜ決めつけで、ここまで人を批判できるんでしょうか。

  65. 読者でした より:

    みなさんが心配したのはバス停で待ち伏せすることだったのに、結局そちらには言及がなかったですね。

    「問題は一切ない」とのことでしたが、
    過去バスやスイミングでお友達がパニック起こすほど「ちょっかい」を出された時にも、マンションの住人に住居を聞き回って驚かせた時にも、相手の気持ちは斟酌されてないように見えたのがあまりにもご自分と息子さん本位でみなさん「大丈夫か?」と感じたのだと思いますけどね。
    加えて「友達の名前を載せたことは一度もない」と仰っているのに最新記事では初め学校名やクラスメイトの名前が出て明瞭に写ってましたし。
    私が相手の女の子の親だとしたら、こうして知らないところで記事にされること自体が嫌だなと感じると思います。最後に女の子の病名を明かす必要はあったのでしょうか?

  66. 匿名保護者 より:

    いろんな意見があると思いますが、立石さん、お気になさらず!
    ブログやめるようなことではないですよ。
    正義を振りかざしたい輩はどこにでもいるんです。
    何が正しいとか正しくないとかは、当事者が決めることですから。

  67. 多田尚弘 より:

    以前異業種交流会で美津子さんとお会いした多田です。

    どの世界でも一緒だと思いますが、非常識でワケワカな敵が出てくるのは有名税みたいなもんでしょう。
    誰からも非難されない=誰からも評価されないです。

    無名な市井人の私は「もうこれ以上非常識な方の相手する時間がないので無視します」と書いて無視します。

    ちなみに障害とは無関係に、好意を持った相手を待ち伏せした記憶のない方っているのでしょうか?
    坂本九の明日があるじゃないけど、待ち伏せまでしたけど声かけられなかったから未遂でしたことを、ないって言う気弱な人ならいそうですけど。
    って線の細い私は結局未遂パターンが圧倒的に多かったりしたんですけどね… (^^;;

    そんな気弱だった私は、後をつけるストーカーはすぐバレるし気持ち悪がられるのが目に見えているからしなかったけど…

    少なくとも「偶然する」為に数十分待つとか、男子高生あるあるネタの上位ですし、私も経験者です。

    そもそもお見合い結婚なら無縁かもしれないけど、恋愛結婚した人で待ち伏せ経験皆無な人って少ない気がするのですが。

    ちなみに私は出版社で編集者として誤解を招きそうな文章に関しては改変を依頼したりしてました。
    でも中高生並みの読解力があれば、今回の件で黒扱いするとは思えないと判断してます。

    また東京都の障害者支援研修を色々受けて現在都内作業所(就労継続支援B型施設)の管理者のを務めている私の視点では不適切な支援があったとは思えません。

    世の中には知的障害の方も天才もいるように、読解力に欠ける被害妄想者もいます。
    過去にあわれた不幸な事件がトラウマになり、それを重ね合わせて過剰反応されたのかもしれませんが、読解力不足の方も投稿されてしまった、それだけのことだと思います。

  68. 多田尚弘 より:

    ちなみに女子だってサッカー部やテニス部や野球部のめっちゃカッコいい先輩を、キャーキャーいいながら追いかけたり隠し撮りしたり卒業式でボタンむしったりとか珍しくないと思います。

    この元被害者さんは、そこまで言うからには、そんな甘酸っぱい高校時代の経験すら嫌悪するボッチだったんでしょうか?
    そう推察すれば、可哀想な方と憐れむしかない気がもします。

    ちなみに人気ジブリアニメ耳をすませばの聖司くんでしたっけ?
    大好きはいてもキモいとか恐いと思う女の子皆無だと思いますけど、作品中で何回待ち伏せしてますよね?

    あれ微笑ましいと思えないとか、人間性疑うけど。

  69. 匿名 より:

    ブログ続けるのは自由ですけど、他人のブログの画像勝手に使っちゃダメですよ。

  70. ii より:

    知的重度ガタイいい男子の待ち伏せは怖いよ
    期限損ねればなにされるかわからないし

  71. 元読者さんの読者より より:

    >元読者さん

     もうそろそろ終わりにしませんか。
     あなたの書く文章は刃物みたいで、読む人の心をえぐります。

     私たちはこのブログをとても楽しみにしています。そういう人のためのコメント欄だったのです。

     知的をともなう発達障害が犯罪者予備軍ではありません。

     知的をともなわない発達障害が成長するにつれてどんなに大変か、わかってくると思います。

     他人を攻撃したら攻撃しただけ、あとで自分にかえってきます。心のブーメランです。

     なので、もうこのへんで終わりにしましょう。
     本を書いたり活動したりしている人のことが妬ましい気持ちやいらだちが伝わってきます。それはあなたが自分で解決したほうがいいです。

     少しここから離れて、自分の子どもさんとの時間を増やしたほうがいいと思いますよ。
     

  72. マチ より:

    立石さん
    みんな疲れているのかもしれません。みんな幸せを感じられない生活を送っているのかもしれません。余裕がなくてちょっとでも攻撃できるものを求めて彷徨っているのかもしれません。立石さんはいつも正直にありのままを私たちに伝えてくれるので格好の的になってしまったようです。
    それでなくても毎日いろいろと大変なはずなのにこんな目に遭ってしまったことはお辛いですね。
    正しさを振りかざし、時にはその刃で人の心を傷つける人がいることも現実ですね。
    でも私はもっと長い目で広い心で物事をみていきたいです。
    立石さんが心安らいで下さることをお祈りします。
    おつかれさまです。大丈夫です。大丈夫です。

  73. マチ より:

    立石さんを非難する方々へ

    あなたたちは完璧な人間ですか?
    誰にも迷惑をかけず生きていますか?
    発した言葉は自分に返ってきます。
    もしひとかけらでも思いやりがあるなら心ないただの自己満足な投げかけをやめて欲しいです。

  74. Online gambling whether landbased or a number of casino is per game of numbers, be it the roulette wheel, poker or black jack.

    The experienced online gamblers chooses his wages on idea of the game probabilities.
    With this knowledge as your ally, you can make
    smarter choices at betting table and perhaps
    turn this recreational activity to a profitable
    hobby.

    The game invented by Cheung Leung is somewhat similar on the modern game of Keno were playing
    right this moment. The game of Keno is a lottery game similar to bingo, noisy .
    times lottery is strictly prohibited but horse races is legal, so
    an activity of Keno is referred to as “race” to hide it’s true identity.

    You can also enjoy playing Keno in the web just go
    to the most trusted newtown casino free play sites
    that a person with a regarding the best casino to boost your gaming experience, or
    play it version of Keno, the coin operated slots-like machines, that applies the same principle and similar rules however the results a lot faster.

    How acquire ever win a major lottery jackpot in their lifetime?
    No longer that many in! My father used spend money on a lottery ticket every week, for the period of thirty numerous years.
    The most level of money he ever won was less than $100! Compare that
    to online casino wars that purchase from you millions of
    dollars to whoever hits the jackpot feature! Online poker can be a very profitable game, once you acquire essential skills and experience.

    The level of investment you can win is determined by the regarding ticket you play and also the number
    of spots caught. You can play as many tickets as possible.
    You could win a whopping $50,000 on a $1 wager in some casinos.

    In most cases, a flash enabled browser is all that is essential to play games on the internet.
    Nevertheless, there are specific games is going to also require
    a download. Which is not a problem because every
    single one of the custom software already been created in the most experienced computer web developers.

    This ensures your download is worry free and
    easy-to-use. Every one of the online casinos have high-speed servers are actually constantly monitored too.
    You can a safe and enjoyable experience anytime, starting from home.

    Turning $50 into a $100 is not impossible when we break carpet into
    smaller pieces. Now you know the $100 trick, it’s extremely important that you practice this roulette system on a regular basis.

    Practice makes perfect and who knows what perfect
    can create. alsi.ga/liveroulettegenting754363

  75. 匿名 より:

    立石先生、息子さん ご卒業 おめでとうございます。
    先生のブログ 私は大好きです!
    少し遠い存在だけど 裏表はない正直なママ友
    のように いつも 救われています。
    仏様じゃないのですから 生身の人間ですもの

    元気を出して下さいね。
    ファンも沢山います!
    いつもありがとうございます。

  76. なな より:

    立石先生、息子さんのご卒業おめでとうございます。これから社会人としての息子さんの成長も楽しみにしています。

    もし、今回の先生のブログが息子さんと女の子が一緒に写真を撮れてよかったという内容だったら、こんなことにならなかったのでしょうか?

    立石先生が書き込みされると、待ち構えていたように批判的なコメントをするというのも、ある意味待ち伏せ行為と言えるのではないでしょうか?

    先生の著書を処分されるとおっしゃっていた方もおられましたが、一方的に好きになった人が自分の理想と違っていたからと言って、勝手に三下り半をつきつけてもなお、ブログでつきまとうというのも、ストーカー的な行為に少し似ているように感じます。女の子の気持ちを想像していろいろ書き込まれているのなら、悪意を持っている方につきまとわれている立石先生のお気持ちをおもんばかるのは難しいことではないですよね。

    犯罪者予備軍うんぬんの話もありましたが、ここで批判的な意見を書き込まれていらっしゃる方々が過激化して、ヘイトクライムに手を染める犯罪者となる可能性だってあるのではないでしょうか?

    立石先生、無理はなさらずに、ブログを続けていただきたいと切に願います。なんの助けもできず申し訳ありません。

  77. uk より:

    擁護派は論点をずらしてばかりですね。
    大好きな先生を守りたいからといって、今度は間違えを指摘するする人を犯罪者予備軍呼ばわり。
    これが一般人の個人的なブログならここまでの批判は無いでしょうが、実名を出して出版の仕事もして、ネットでコラムも書いているのですから、真摯に受け止めて今後改善すればそこで終わりなのに、一切非を認めないのですから、こうなるのも普通なら予測出来たのでは。
    今後はブログやツイッターには鍵を掛けて、お好きな方達だけで、ひっそりとされたらいいと思いますよ。
    公にしては、間違った情報ややり方が周知されてしまいますから。

  78. 優希 より:

    ご卒業おめでとうございます
    ここのコメント欄を拝見しましたら、とても辛くなりました。
    何かトラブルがあったわけではないですが、外を歩くことも辛くなりそうです。
    しかしながら、ブログは楽しみにしていますので、あまりに攻撃的なコメントはブロックする等したほうが、と他人がこんなことを言うのも失礼ですがそんなふうに思います。何でも書き捨ての落書き掲示板のようなコメント欄になってほしくないと思います。

  79. 匿名 より:

    ご卒業おめでとうございます!

    写真の件は都合が合わず残念でしたか、息子さんかわいいですね~こちらまでほほえましく思いました。

    コメント欄の件は様々な意見があることは重々承知ではありますが、たとえば某ブログのようにあまりに飛躍した意見のものはコメント欄に反映されないタイプの所でお書きになるのも一つかな。。。と思っています。

    何はともあれ、私は立石さんの率直で親ばかで(笑)
    時に厳しく現実を見つめられたこのブログがとても好きです。

  80. JKママ より:

    息子さんが自傷しないで頑張っていたなら、切ない気持ちだけを受け止めてあげてそれで終わりにすれば良かったのに。バス停でニヤニヤ?自閉の娘がいますが、絶対嫌ですね。それこそ憤慨したくなりますよ。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp