2019.04.05

コメント欄 閉鎖のお知らせ

■お知らせ

ブログのコメント欄を4月から閉鎖することに致しました。

 

こちらのブログがきっかけです。

wp.me/p73B8w-3UP

 

(過去にも似たようなことがありました)

wp.me/p73B8w-3vX

wp.me/p73B8w-3xw

 

 

ブログも止めようと考えていました。ただ、ブログを楽しみにしていて、救われている方もいらっしゃると聞いて、ブログ自体は続けることにしました。

 

「発達障害の思春期を迎えた息子を持つ父です。

妻共々、立石さんのブログを見させて頂いてます。

 

もっとできるはずと、学校の不理解や療育という苦しみ、また、息子の考えていることがわからないという苛立ちから気を病んでいたときにブログを見つけ、初めて同じ感覚、似た状況で葛藤されている方に巡り会えたと思いました。

 

ブログで励まされ、息子が何故こう行動するのか ようやくわかるようになり、優しくできるようになれたと思っています。

 

何度このブログに救われたことか、きりがありません。

これからも優しいブログを見たいのです」

 

こんな言葉に思い踏みとどまりました。

 

 

■コメント欄の閉鎖理由は…

書かれたコメントについて自身が受け止め切れず、精神的にかなりしんどく、辛く、ブログ自体を続けることまでも難しさを感じたからです。

 

 

私がダメ人間で器が小さいからです。だから、恥ずかしく情けないことですが、逃げることにしました。

 

 

指摘されたことに対して、素直に反省し受け止めることが出来ず、返信したことについて返信が続き、炎上しました。

 

 

・「ブログを読まないでください」、「ブログ止めたくなった」と私が返信したら「ブログ辞めると脅しても無駄だ。反省する姿勢がない。逃げている」の返信

 

 

・立石さんの本性を見た。ファンだったのに落胆した。ブックオフに著書は売る

 

 

・息子さんは犯罪予備軍。プールを器物破損した前科があるでしょ

 

 

・知的障害者は存在意味がない

 

 

・失恋話を顕にするなんて、鬼だ

 

 

立石さんは著書も何冊も出し、ヤフーニュースにも載り、影響力が大きいのだから、間違ったことを書かないでほしい、それから間違ったら素直に反省し訂正せよ。非を認めない、本省見た!

 

 

■言い訳

さて、また「言い訳がましい」と言われてしまいそうですが…

 

 

管理栄養士が「卵の蛋白質の成分は●●である。食べてはいけない」の●●はエビデンスもなく、栄養士の人が書くのはまずいと思いますが、私のブログはたとえ講演している身であっても、日記の延長です。

 

 

講演内容も「発達障害とは」などの医師が講演する内容ではなく、また教科書に書いてあることを話す内容でもありません。

 

 

自閉症の子を授かった親として障害を受け止めた過程や葛藤、今子育てを振り返って思うことを話している内容であることは、参加なさった方はご存知だと思います。

 

 

だから、正しいこと正しくないことという面では、誰かから見れば正しくないことを書いていることもあります。

 

 

例えば「知的障害がある場合、特別支援学級や支援学校に入学した方がよい」というのが昔も今も私の変わらぬ考えです。

 

 

でも、この考えは人によっては「正しくない」と思うかもしれません。でも、たとえ著名であっても、それが私の思いなので話しています。

 

 

■リアルに意見してほしい

私は傷つきました。

 

 

私は反対意見を書かれて反省し、ブログを書き直すほど強くはありません。だから、逃げさせてください。もう勘弁してください。

 

 

真摯なアドバイスを下さる場合はフェイスブックでつながって、リアルにお会いして、そしてリアルに会ってアドバイスください。文章だけですと誤解や行き違いもあり、良いことはないと思います。

 

 

従いまして、今後はコメント欄は書けない状態になっております。ご理解ください。

 

 

■息子の写真掲載について

息子の写真を載せることについて「息子さんにも人権あるんだから、親の判断で公開すべきでない」、「子どもは親の所有物じゃないんだから」のご指摘も受けたことがあります。

 

 

私は「息子の存在を知ってもらい親亡き後、支えてくれる人を増やしたい」と思い公開し、松永先生の本のモデルも快諾しました。

(過去ブログ)

wp.me/p73B8w-3Pe

 

 

息子も写真が公開されていることや本になることは知的遅れがあるなりにも、わかっていて、了解しています。

 

 

 

そして!

 

何よりも障害のあることを恥ずべき事、隠すことと思ってはいません。色んなトラブルも含めて、それが人間であり、障害のある息子のことを「素晴らしい子」だと思っています。

 

 

知的遅れがあり、出来ないことだらけの子ですが、そこも含めて自慢したくて書いている親バカです。

 

 

ブログで子どもの顔出しする人、しない人、反対意見もあり、理解できない方もいらっしゃるかと思いますが、人には色んな考え方があります。私はこう考えていることを付け加えました。

 

どうかご理解くださいませ。

(尚、私達親子以外の方の個人名、写真などはSNSルールとして相手方の掲載許可を得て、過去のブログも含めて載せております)

 

 

では、また金曜日、応援してくださる方はアクセスしてください。そして、不快に感じる方は読まないでください。

 

宜しくお願いします。

立石美津子

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp