2019.06.07

東大を卒業した息子

このブログは本音を書いている日記の延長です。読んでいて気分を害すると思われる方は、読まないでください。

 

キャッチーなタイトルを付けてみたが、実際は“東大病院を卒業した息子”が正確な表現である。

東大生を育てた親が書籍を出したり、テレビに出たりしてもてはやされているのを見て、ちょっと嫉妬して付けてみただけ…比べる病が治らない私…

 

 

息子は強迫性障害のため3年間、東大病院精神科に通っていた。

 

詳しくはこちら

wp.me/p73B8w-2Cy

 

 

中学のときに発症して、様々な精神科クリニックを受診したが、状態は悪くなる一方だった。

 

 

そこで、発達障害の子どもの強迫性障害の治療で”著名な金生由紀子先生”がいる東大病院に転院した。(初診での予約は大変であった)

 

次第に症状は改善していった。

 

 

■「転院してほしい」と言われてしまった

昨年の12月、主治医(金生先生のグループの若い先生)から「3月末で転院してほしい」と言われてしまった。

 

息子の強迫行為の病状が完治したからではない。

 

「元々、東大病院は長く診る病院ではない」とのことだった。

 

 

東大病院精神科のホームページにも次のように書いてある。

www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/hattatsu/

 

「<病診連携のご協力>

当院は地域の医療機関との病診連携をしています。当院の診療機能は、病気の診断を確定して治療方針を立てることです。よって、治療方針が立ち、継続的な通院治療を要する場合は、地域の医療機関をご紹介させていただきます。」

 

 

■主治医との信頼関係

精神の病は風邪を引いて病院に行くのとは訳が違う。

 

特に精神科は数年単位で罹るところ、主治医と患者の信頼関係が長い期間に確立していき、改善していく。

 

なのに~なのに~転院だとは!なんだ!

 

 

ただ、国立の大学病院の勤務医は転勤もあるだろうから、それも難しいだろう。

 

息子が大人になり、私が死んだ後も診てくれる主治医と出会うことが大切だ。

 

 

■「卒業」と伝えた

症状が良くなったことには間違いないので…

 

息子には「先生との約束を守って、頑張って良くなってきたから、東大(病院)は卒業することになったよ」と伝えた。

 

約束については先ほどと同じブログに書いてます  ↓

wp.me/p73B8w-2Cy

 

 

■東大病院から松沢病院へ

紹介状を書いてもらった転院先は…

 

何だか暗く怖いイメージの“東京都立松沢病院”

(昔の松沢病院)

敷地内にある資料館には、昔の病棟を使っての展示物がある。意味あることである。

何だか坂道を転げ落ちるイメージだが、それは昔の印象があるからだ。

 

でも、今は建物も建て替えられ、方針が変わり、全く違う病院に生まれ変わった。

身体拘束も全国レベルよりかなり低いらしい。

 

 

「2012年、松沢病院の身体拘束率は20%に迫っていました。現在は2~3%です。どうして松沢病院の拘束がかくも劇的に減ったのでしょう。患者さんを縛って精神医療はできないと、職員みんなが思ったからです」

(参照)

www.byouin.metro.tokyo.jp/matsuzawa/aboutus/matsuzawa_voice/column/column20190108.html

 

 

■乗り越えてほしい

自閉症は生まれつきの脳の機能障害だからお爺さんになっても、墓石の下に入っても自閉症である。

 

強迫性障害は後天的なものだが、これも長い付き合いになる疾患だ。

 

 

私自身も強迫性障害にかかり9ヶ月精神科に入院した経験がある。辛い病気だ。

だから、「強迫性障害だけは何とか乗り越えてね!」と母として思う。

 

 

東大病院の最後の受診日、帰りに銀座線レトロ車(※レトロ車に当たる確率は20回に一度)に乗ることが出来て、喜んでいる無邪気な息子なのでありました。

レトロ車について

www.tokyometro.jp/ginza/topics/20171002_132.html


最後までお読み下さり、有難うございました。金曜日、また寄ってくださいね

また金曜日、寄って下さいね!

amzn.asia/d/dj4Upcw

amzn.asia/d/e1v855q

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp