2019.09.06

流血

このブログは本音を書いている日記の延長です。読んでいて気分を害すると思われる方は、読まないでください。

 

※シェア自由です。

 

息子が小さい頃、パニックを起こす要因は数多くあった。

 

例えば

・蝶を見たとき(羽系の虫が遠くに飛んでいるだけでダメだった)

・掃除機・ドライヤー・ジェットタオルの音を聞いたとき

・夕飯で夜のNHKニュースの第一声と同時に一口目入れられなかったとき

・コンドルタクシーがなかなかつかまらなかったとき

 (コンドルタクシー社のタクシーしか乗れなかった)

パニックを起こすと自傷につながる。

 

 

人間みんなそうだと思うが、幼い頃は生まれて数年しか経っていないのだから…

 

 

自閉症児であってもそうでなくても“自己中”“我慢できない”“折り合いをつけられない”ことが多いのだと思う。

 

 

でも、人生経験を積んで自分の思う通りならないことを体験していくことで少しずつ成長していくんだと思う。

 

 

息子も最近はパニックも自傷も激減した。

 

 

■久々に

何度も何度も同じことを私にしつこく聞いてくるので、私が我慢できなくなってしまい、「さっきから何度も同じことを聞いてきているよ!もう終わり!」と語気を強めて叱ってしまった。

 

(息子は強迫性障害もあり通院中、だから自閉症+精神疾患で確認行為はひどい状態)

過去ブログ

wp.me/p73B8w-3bG

 

 

そしたら、この状態になった。結構血が流れた。

私は「110番するよ」と言ってしまった。

少し怖くなってつい口走ってしまった。

 

(こんなブログを書きながら、言ってしまった)

wp.me/p73B8w-4bu

 

 

そしたら、火に油状態となった。

 

頓服でもらっている薬を飲ませ、寝かせた。

 

 

息子がパニックを起こす原因の第一位は「叱られること」「否定されること」だ。

 

 

通所途中の電車内など外で誰かに叱られたら、このような状態になってしまうのだろうか…想像しただけで恐ろしい。

 

 

母である私に対してだけだろうか。そうであってほしい。

 

 

自戒の念を込めて…息子はもう19歳。頭ごなしに叱るのではなく、ちゃんと説明して導かなくてはならない。

 

 

私ももっと母として「耐性を付けなくてはならない」と思ったのでありました。



シュールなイラストレーターとしてインスタ始めました!

”tateishi mitsuko”です。フォロー宜しくお願い致します!

最後までお読み下さり、有難うございました。金曜日、また寄ってくださいね

また金曜日、寄って下さいね!

amzn.asia/d/dj4Upcw

amzn.asia/d/e1v855q

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp