2013.01.22

松田聖子に私はなれるか?

久々にアマゾンレビューを見たら私の本(1作目)についてケチョンケチョンに書かれていた。著者、立石は児童心理学勉強不足とか、立ち読み程度でいいとか、感情的だとか、著者の周りには変な親しかいないとか・・・児童心理学・教育心理学だって学生時代にゲロが出るくらい死にもの狂いで嫌というほど勉強した。でも現場に出て30年、あまり役には立っていないのが本音である。変な親も実際いる。そんなこと教職を取る時、大学では一切教えてはくれなかった。

 

 

 本の編集者や業界の人からは「アマゾンレビューで悪く書かれるということはそれだけ注目されていることだから気にしないように」と事前に言われていたが、実際目にしてしまうと気分は地に落ちてしまう。これから著者としてやっていけるかどうか、一発屋で終わる短命の身の運命か、文章力はあるのかどうか、人生経験が不足なのかのかどうか・・

 「出る杭は打たれる」のでいちいち気にしていても仕方がないのだが、レビューは真摯に受け止めて反省材料にしよう。確かに書かれていることで図星のこともあり。1作目はダメ親が読んだ場合、自分を責められているようで不愉快になると予感はしていた。最後に持ち上げることをあまり書かなったことも良くなかった。だから二作目はかなり気を付けて書いた。

 ただ褒めて育てる系の本が多い中、このセンセーショナルなタイトルを私の強い希望で出し、これが出版社のタイトル会議で通過した。だから叩かれるのも想定内のこと。今になって落ち込む私がおかしい。自業自得!

 

 

以前、同じようなことがあった。当社のチラシで「弾丸先生」といって私がハッピ着て「私たちは汗水たらして教えます!!」という目立つ少し下品なスーパーのチラシに近い物を作り配布したら、一部からかなりバッシングされた。しかし、少なくとも今までのメルヘンチックな目立たないものよりインパクト強く印象が残った。入会率だってこれで下がることはなかった。

 

 

昔、私は松田聖子が大嫌いだった。何故なら、松田聖子が神田正輝と結婚した絶頂期の頃、おない年の私は人生のどん底だったからだ。芸能人と自分の人生を比べて妬むのもおかしいが、その頃の私はそれほど辛い日々を過ごしていた。

 

 

しかし、今は嫌いではない。聖子ちゃんは針がは振れてしまった感があるからだ。バッシング、ゴシップ・・・叩かれても這い上がる、だからあそこまで上りつめた。松田聖子だってその人気と同様に同じくらい嫌いな人もいる。でも、私と同い年の彼女は今や“出すぎた杭”となり誰も何も言わない。足元にも及ばないが、少しは聖子ちゃんの爪の垢を煎じて飲みたいと思う。

      

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(2)

  1. yawaragiのあまのより より:

    立石さん面白いブログ拝見させていただきました。
    ブログの書き方の参考になりましたよ!また伺います。

    あと先日お久しぶりにお会いして感じた事を「以前に増して綺麗になりましたね」失礼しました。

  2. admin より:

    あまの様、コメントありがとうございます。オープニングアクトを伺ってヘッドスパやりたくなってしまいました。
    是非、一度足を運びたいと思います!

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp