2013.02.12

どちらが異常でどちらが正常?

物の見方には様々ある。

 

 

この写真を見てほしい。皆と同じ衣装を着て歌っている子ども達が正常で、後ろに座って一人本を読んでいる子どもが異常か?それとも逆か?

 

 

成人のアスペルガー症候群(自閉症の一つの型)の友達にこの写真を見せたことがある。「そりゃ、皆と同じ衣装を着て歌うより本を読んでいる方が楽しいよね!」と答えが帰って来た。真にそう思っている顔つきで彼女は答えた。

 

 

実はこの写真は自閉症の息子が保育園だった頃のワンショット、二枚目は先生が人形劇をやっている時、退屈なのかつまらないと感じたのか陽だまりで伯父さんのようにお腹を掻きながら昼寝をしている息子の写真だ。三枚目は皆と同じ場所で歌うことを拒否し棒を振り回している写真。

 

 

さて精神科や神経科でかつてロールシャッハテストという検査がさかんに行われていた。このテストは紙の上にインクを落とし、それを2つ折りにして広げることにより作成されたほぼ左右対称の図版である。このシミが何に見えるのかを患者に回答させる(写真)それにより思考の仕方を分析するものだ。このシミの場合、私には二匹の狼が背を向けているように見えるが、ある人はお面のように見えると言うかもしれない。

 

 

このように物には色々な見方がある。衣装着るのを変装と捕え嫌がる息子・・・人には様々な考えがある。もし世の中の人がみんな顔に目が一つしかなかったら、二つ目がある人は奇異な目で見られるだろう。一つ目の国の話である。(そんな話を描いた絵本の写真が下記)

 

 

私はいつもこんな見方をしてしまう。だから息子の行動を面白いと思ってしまい、躾として叱らなくてはいけないのに見逃してしまっていることも多々ある。反省!反省!でもこんな親に育てらえた息子はある意味ストレスも少なく幸せかもしれない。

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(2)

  1. T.Matsumoto より:

    今日はありがとうございました。ビジネス研修、初心にかえり色々勉強になりました。人生常に青春。ただの大阪のおばちゃんがどこまでできるかはわかりませんが頑張りたいと思います。私が今まで軸にしていたもの。それを大切に。。。

    • admin より:

      こちらこそありがとうございました~
      ブログをこれからも楽しんでくださいね!

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp