2013.11.01

無知の悲劇

おととい衝撃的なニュースが流れた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(下記はネット抜粋ニュース速報)

“東京・大田区で生まれたばかりの赤ちゃんを置き去りにしたとして、30代の夫婦が逮捕された。夫婦は4人の子供のうち3人を捨て、1人を虐待していたとみられている。 警視庁によると、逮捕された夫婦は大田区大森西の公園のベンチに生まれたばかりの二女を置き去りにした疑いが持たれている。2人は容疑を認め、妻の千恵美容疑者は、「お金がなく育てられなかった」と話しているという。 夫婦は、2002年から2011年までに子供を4人産んでいて、長女も生まれた直後に捨てられたが、保護されていた。また、二男は、虐待されているという通報を受けた児童相談所に保護されていた。 一方、長男については『埼玉県上尾市内に捨てた』と話しているということで、警視庁は行方を捜すことにしている”

 

 

 

このニュースが流れた時、単なる虐待事件として取り上げられていたが、私は別の見方をした。私のとらえ方は親の無知。

”公園に赤ちゃんを捨てた””虐待をした”要因は親自身の子どもに対する母性のなさ。そして、今回、事件を起こした親自身が子どもの頃、親から虐待を受けていた結果、虐待の連鎖が起こったのかもしれない。けれども、もう一つの側面、親の知能の遅れを指摘したい。

 

 

 

私は以前、「新潮文庫の累犯障害者」という本を読んだ。これだ。目次も衝撃的『安住の地は刑務所だった・レッサパンダー帽の男・障害者を食い物にする人々・生き甲斐はセックス・ある知的障害者の青春・多重人格という檻・閉鎖社会の犯罪・ろうあ者暴力団・行きつく先はどこに』だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内容は聾者どうしの殺人事件。知的障害者の親も又知的障害者であったために福祉から取り残された生活をし凶悪犯罪を犯すというショッキングな事実。レッサパンダの帽子をかぶった自閉症の人が起こした通り魔事件。この「累犯障害者」という本は元民主党の山本譲司氏が刑務所で体した事が基で執筆した本である。毎年、刑務所に入ってくる受刑者の2割、約7千人には何らかの知的障害があるという。障害者手帳をとるには、障害者側が申請しなければならない。「18歳までに障害が発生した証拠」も求められる。これが大きな壁になってきた。そして福祉からこぼれてしまった障害者が犯す犯罪。この中に親の無知のためこれを取っていない障害者もいるという現実などが書かれた本だ。

 

 

 

今回の赤ちゃん置き去り事件。たとえ虐待の連鎖で心の傷を負っていた結果であったとしても、お金もないのに性的欲求だけはあるので無計画に4人も子どもをボコボコ作る。でも育てる知恵がない。役所に助けを求めにいく知能もない。産んで捨てる。後天的に刻まれてしまった人格の歪み以外に「子どもを産むという後に何があるか想像できない」という先天的な知的遅れもあるのではないかと思った。

 

 

 

実は夫婦には知的障害があったんではないか?その親も子どもが障害があるがゆえに「育てにくい子どもだ」「○○ちゃんのようにどうして言葉がちゃんと出ないんだろう。発達が遅れている、もうお先真っ暗だ。育てるのは嫌だ」と感じ子どもを受け入れられない、結果、育児放棄したのではないだろうか?先天的な知能の遅れにこの育児放棄と言う劣悪な家庭環境因子が加わり、今回の事件に発展してしまったのではないか?と直感的に思った。

 

 

NHKのニュースではこのような事件が起こる背景に地域社会のつながりの希薄さを上げていた。「あそこの家庭おかしいな」と感じてもお節介に関わらない。そんな社会だからこういう事件が起こると解説していたが、私は虐待事件が起きるたびに決まったコメントをする専門家に同意できない部分がある。扉や壁で閉ざされている家庭に地域社会の人が立ち入るなんて昔も今も限界があるのではないだろうか。

 

 

知的遅れのある子どもを受け入れられずネグレクトする。”先天的な知的遅れ+後天的なネグレクト”の二つの悪条件が重なったため、起こる結果を想像できない凄惨な事件を起こす。そんな負のスパイラルも幼児虐待の背景にあると立石は勝手に分析しているがいかがでしょうか?実際、刑務所では知的障害者に対する教育はなされておらず再犯を繰り返す、そんな現実からも虐待の一言で片づけてはならない事件だと感じた。

 

カテゴリー:正直なつぶやき

  1. 大信田昌宏 より:

    今回の事件、
    私はラジオで知りました!

    「無知とは罪」とよくいったもので、育てる知識や親になる心構えができていないとこうなるのでしょう!!

    私もテレビのコメンテーターの方とは同意できない所があり、事件を社会の責任にするのはお門違いであると感じていマス。

    この事件に関し、立石さんの分析は鋭い所を突いていますナ!!

    この「負のスパイラル」、減らしていくには親と学校の両面の教育が必要なのかもしれませんネ!

    (ー_ー)!!

    • admin より:

      本当に知能指数がボーダーとか65~70程度しかないんだと私は思いますが・・・立石美津子

  2. 田中のり子 より:

    私も、立石さん同様、夫婦は障がいがあるのかもなぁと思っていました。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp
1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
『動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな』 (小学館クリエイティブ)

『動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな』 (小学館クリエイティブ)

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
「きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp