2018.12.07

警察に通報される子

今日もこんなブログにアクセスして下さり、誠にありがとうございます!

 

特別支援学校高等部の“おやじの会”で、警察の方を講師に迎えて勉強会があった。

 

“おやじ”ではないけれど、参加した。

「こんにちは」と言っただけで、110番通報されてしまう時代らしい。

 

■場に応じて臨機応変は出来ない子

「人に会ったら挨拶しなさい!」と躾けられていた自閉症の子

 

その言葉に従った。

 

夜道で誰もいない場所で女性に「こんにちは」と声をかけた。すると、相手は恐怖を感じて110番

 

警察に連れていかれる子…

 

 

■ヘルプーマークが浸透していない

自閉症協会の会報に載っていた。

 

■友達が欲しくて横に座った子

バス。空いている車内

 

たいていの場合、わざわざ奥から詰めないで、ガラガラの車内にバラバラに離れて座る人が多い。

 

友達が欲しくて仕方のない自閉症の子がいた。

 

女の子の横に座った。

そして肩に手を回した。

 

見知らぬ男から、こうされて当然、女の子は恐怖におののく。

 

通報された。

 

相手が恐怖を覚えたら、それは犯罪になる。

 

本人は「お友達が欲しかった」と警察で話したらしい。

 

警察もわかってはいるが、それが世間と言うもの

「家庭でしっかり教えてほしいの話が勉強会であった。

 

 

■李下に冠を正さず

警察官も痴漢と間違われないように“李下に冠を正さず”で、電車に乗るときは、手を上にしたり、自分の胸の辺りで組んでいるとのこと。

「疑われるようなことはあえてするな!」ということである。

 

 

■応用が出来ない

友達の作り方がわからない。

場に応じて対応できない。

 

自分がその子と友達や恋人になりたくても、相手の気持ちを考えないで行動してはならない。このことをなかなか理解できない。

 

切ない話だ。

 

この研修会が3日連休の初日に行われたせいか、参加者は10名ちょっとだった。

 

こういう話、来てほしい親が参加しないのが実情である。

 

私も幼稚園に招かれて講師として講演をすることが多くあるが、園長先生は「聞いてほしい親が欠席している」と愚痴を零すことがよくある。似ている.

 

 

■息子が詩を作れた場合の詩

母「おはよう」

僕「おはよう」

 

朝の挨拶が出来たことを褒められる。

 

でも、11時間後、学校から帰ってきて

 

母「おかえり」

僕「おかえり」

 

「『ただいま』でしょ!」

と叱られる

 

何故だ!わからん!

 

社会性の障害、コミュニケーションの障害がある自閉症の子に、世のルールを教えていくのはなかなか難しいな。

 

最後までお読み下さり、有難うございました。

また金曜日、寄って下さいね!

amzn.asia/d/dj4Upcw

amzn.asia/d/e1v855q

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(14)

  1. つかさ より:

    いつも必ず読ませて勉強させて頂いています。
    同僚で親友の十歳児がカナー型自閉症児で、この二年間いろいろな形で応援しています。
    その子が最近年長の不良に唆されて、女の子に唾を吐きかけたり、毎朝あちこちでピンポンダッシュをするようになり、苦情も多く困っています。
    本人は善悪の概念が理解出来てないので、悪いことははダメだと言って叱っても通じませんし、そもそも何故そうするの?と聞いても、○○ちゃんに唾吐いた虐めたと鸚鵡返しばかりで、理由を話す術も無い実態です。
    特別支援級の教諭からは、あまり実践に向けて役立つアドバイスが貰えず困っています。
    ご経験からお考えをご教示頂けましたら、幸甚に存じます。

    • 立石美津子 より:

      いつもお読み下さり有難うございます。理解が出来ない子にはどう対応したらよいか、私も明確な答えが出来ないです。息子の場合は中度なのである程度は理解できるので、重度のお子さんの行動障害についての対応策については経験値がなくて。。。

      似たようなことはあります。同じ放課後ディに通う子のなかには、駅で緊急停止ボタンを押してしまう子もいて、何度叱っても非常ベルも押してしまいます。

      放課後ディの支援の仕方を見ても、その子がそれをしないように常に目を背中にも前にも付けて見張っているしかない様子です。

      でも、本人に理解させる支援ではなく、ただ禁止するのみ。良い案が浮かびません。

      プッシュボタンに関しては押してもよいボタンを渡したらよいでしょうか。玩具でも押して音が出るものもあります。(ただ幼児向けの玩具に本人が興味を示すかどうかは?ですが)

      そしてそれを押した場合はご褒美を見える形で与えるなど(飴など)

      でも、これらもうまくいくかどうか?です。すみません。お役に立てず申し訳ないです。

      親御さんもきっとすごく悩んでおられますよね。精神科の医師に相談するのもいいと思います(きっと重度のお子さんでしたら通院していると思いますので。投薬も時に必要かと思います。行動をコントロールするための薬です。)

  2. つかさ より:

    立石先生

    早速のお返事有難うございました。
    良いことをしたらうんと褒め、悪いことをした時は叱りのメリハリはつけて来ましたが、仰る通りボタンを押すのに、良いボタンと悪いボタンそれも状況によって異なる善悪を理解させるのはとても難しいです。
    仲の良くなった子とは一緒に遊べるし、自分の興味のある食べ物や怪獣の話しはそれなりに会話になるのですが、それ以外は二語文がやっとで、通常は、なんでも「これ」の一言で済ませています。また最近は拘りも減り、パニックを起こす事も週一度軽いものになっています。
    自閉度の強度の問題か、知的障害の問題か区別がつかず、付いている医師も積極的な対応策を見出せずにいます。

  3. つかさ より:

    発達障害に生まれても、その前の本も皆んな読ませて頂いて、大変参考になり感謝しています。
    近々別の専門医の所にも行ってセカンドオピニオンを貰つてみます。
    これからもブログ、著作、講演活動でのご活躍をお祈りしております。凄く励まされていますので!

    • 立石美津子 より:

      ありがとうございます。そう言って頂けたら私もとっても励みになります。これからもどうぞ宜しくお願い致します!

  4. 匿名 より:

    警察に来てもらえるほうが、ラッキーですよ。ヘルプマークがあるから、といっても、その状態によっては、近づくのに躊躇する場合もありますから。怒鳴るように騒いでたり、変で気味が悪かったり。
    行動に問題が多い場合は何度でもつきそって、教える。どうしてもだめなら、介助をつける。それしかないのでは?
    非常停止ボタンを押して、ヘルプマークです、しかたないね、にはならないと思います。

    • 立石美津子 より:

      非常停止ボタンはダイヤを見出すことになり大変な事態になりますね。

      警察署の方も理解してくださっています。

  5. とも母 より:

    みなさん、いろいろ苦労や苦心、悔しい、悲しい思いもされていることがわかりました。比べて考えることは出来ないし、個々の思いがあると思いますが、こういう理解をされず受けなければならないことは、二十歳以上になると更に法律通りのことをわかっているものとして、または誘導されて、その結果、事実よりもオーバーな記録が残ることになります。こういうことは、受け入れてしょうがないと思うしかないのでしょうか。見た目より大きな心の傷となっていることもあります。心のケアは、社会復帰はどのようにしているのでしょうか。上手くいえませんが。うちの息子は発達障害は以前から、最近強迫性障害の症状で外出困難までなり、病院の精神科で診察を受けてますが、4月から新しい若い主治医となり、これはこういうものですとマニュアル通りのような内容を言い切る先生ですが、前回調子が悪くて時間までに行けないので連絡したら診察でない日に病院内にはいるのでとのことで次の日の午後に診てくださるとのことでお願いしたのですが、いざ診察の時に、このようなことは次から無いようにしてください。次にこのようなことになったら転院か先生を変えますと言われました。そして、帰ったら運動しなさいと。自分で治そうということを奮い起たそうとさせようとさせようとしたことは伝わりますが、自閉傾向のあると息子に、
    特に過去に怒る=怖いとなってしまっているトラウマがあることを知っているのに本人には怒られた感のところだけが残ってしまいその日は入浴中に主治医が頭に出てきてしまい怒ってでできました。来週は違う先生にしてもらうと。なんとか話を怒ったことでないのだとしましたが、次週は、無理をして時間までに行かないとという責任感で行った結果、行けても無理をして行ったので疲れで確認行為は増し、~なってしまうのではないかという最悪パターンの強迫観念が出てしまい大変でした。軽減されて社会復帰出来るかしんぱいです。支援者たちは制度に合わせ送迎ありのB型にさせようとしているようです。少しの外出も大変なのに。本人に合わせて通所はまだできないと言っているので移動支援からしてほしいと伝え続けようとおもいます。親が一緒がダメなら移動支援をしてもらえるまで、なんとか私が頑張るしかないかなと。私のために入院やB型選択はしたくありません。
    長くなり申し訳ありません。

    • 立石美津子 より:

      マニュアル通りにしか対応できない医師だったら、買えてもらった方がいいのではないかとも感じます。息子さんもそう感じたのですね。

      セカンドオピニオンで転院するのも一つの選択肢かとも感じます。

      息子さんが苦しんでいるのを見るのは親として辛いですよね。何もお役に立てず本当に申し訳ないです…

  6. いちご より:

    本当に難しいです。我が家も息子が困らないようにって思っても、誰彼構わず挨拶したりして気持ち悪がられて、結局息子を困らせてるんですよねー?矛盾がもどかしいです。

    来年、渡部伸先生の講演会があるんですが、残念ながら予定が合わないんです…絶対行った方が良いですよね?

    • 立石美津子 より:

      ほんと、切ない話ですよね…

      渡部先生の講演会は参加なさるとよいと思いますが、先生の書籍にも詳しく書いてありますので読んでみてはどうでしょうか。

  7. とも母 より:

    遅くなりましてスミマセン。返信ありがとうございました。立石先生も主治医を変えた方が良いかもという同じ思いもされていることで自分だけが感じることではないと思えることができました。大学病院ではありますが小児科からお世話になっているのですが、カウンセリングの先生ははなしを聞いてくれるだけということは気になりますが息子が聞いてもらって楽になるところもあるので、病院を変えるのは、ではどこに?と、なかなか難しいので、まず主治医のことをもう一度カウンセリングの先生に言ってみようと思います。今見えてる症状だけを軽減しようとしているのか、とにかく家にこもらないことを言われるのですが強迫性障害の症状が出ていると言われるまで、いろいろなところに連れていき、どんどん行けない場所が増えていき大きなパニックに繋がり、あらゆる小さな行動もパニックに繋がってしまう恐さから外出困難までなったのですが、投薬で大きなパニックは避けられるようになりましたが、ある場所に行けたことで軽く見られてしまい、とにかく慣れること、医者は心の傷は癒すことは出来ないのでというようなことを言われました。立石先生も長い期間治療をされたそうですが、息子のようにあらゆる細かい行動、動作も最悪に繋がっている場合、一つ一つ大丈夫にするのには、私しでないとわからないこともありますし、何故恐いのかの不安を軽減することが先に必要だとおもうのですが、主治医は、本人が恐いことに、とにかく慣れるしかないとのことですが、外出を重ねて慣れていくものか不安です。先生のときの治療はどういう段階で治療されたのでしょうか?確認行為も少ない回数で付き合いますが、適当に感じさせてしまうと不安やイライラが増すので全く付き合わないわけに行かないので、時には確認が止まらなくなり回数も増え、どうしようと思いますが、とにかく否定的な発言はしないようにしています。私は息子は心に深い傷を負っていることから、いろいろな症状が出ていると思うので、今の症状だけを減らそうとして、少しでもできたことがあると、もうこんなことをしている段階ではないですと言われたりしてお母さん、そんなに心配をしない方が良いですよと言われるのですが、私もこもることが続くことは望まないのですが。また長くなりもうしわけありません。息子なら頑張れると言う周りの支援者にも振り回されないようにとある障害福祉に関わっている方に言われてこともあるので、そこも気をつけていきたいですが、今は家で頑張るしかないのはという感じです。

  8. とも母 より:

    息子さんの記事をありがとうございました。少し前に、この記事に出会うことが出来、読ませていただいてました。再度、改めて読ませていただくことが出来ました。実際に経験されているから、お子さんにとっても親側にとっても苦しみや感じ方等を知ることも出来、教えていただくことが、いろいろあり、ありがとうございました。

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp