2019.11.15

ママを探している発言

※シェア自由です。

 

私は普段、発達障害児を育てている保護者に話をしたり、職員研修をしたりする機会が多いのだが…

 

 

この間、初めて小学校の全校生徒対象に講演を依頼された。

この写真を見せて「この後ろを向いている子、どう思いますか?お隣の人と話し合ってください」と言った。

 

■子ども達の反応

「ママを探している」という意見

 

「やりたくないんだと思う」という意見

 

 

私は、親が感じる「なんでみんなと一緒にやらないんだ(怒)」の答えを期待していたが、全く異なる反応だった。

 

 

校長の話「この小学校は全校生徒の10%が支援級の児童なので、皆と違う態度を見せる子について『こんな態度はあり得ない!』とは感じないんだと思います」

(講演中も支援級の子が数名、マットの上で寝転がっていた)

 

 

「なるほど!「」と思った。

 

 

インクルーシブ教育は「みんな同じことが出来るように」ではなく、「こういう子もいるんだ」ということを経験させることでもある。

 

 

みんなと同じことをやらせることではない!

 

 

間違ったインクルーシブについては前のブログに書いた。

wp.me/p73B8w-4hk

 

 

■締め

これで講演を終わらせるわけにはいかないので、締めとして次にように話した。

 

 

「実はこの子は私の子どもで今19歳です。これは小学校6年生の運動会での写真です。

 

 

私は『なんでみんなと同じように行動しないの‼』と一瞬叱りたくなりましたが、昨年の運動会を思い出しました。

 

 

『昨年は観客席に座ったまま競技に参加できなかった。でも、今回は騎馬戦の近くまで行けた。頑張っている。誉めてあげよう』と思いました。

 

 

だから、皆さんも『自分はあの人に比べて、あれも出来ない、これも出来な』と思うのではなく、過去の自分と比べてください。

 

 

過去は一年前でも一ヶ月前でも一週間前でもいいです。物差しは他人のものを使うのではなく、自分自身の物を使いましょう。

 

 

クラスの平均点と比べるのではなく、前回の自分自身の点数と比べましょう」

5,6年には伝わったかもしれないが、1年生にはどうだったかな?

 

 

それから、この話。親に聞かせたかったなあ。

 

 

残念ながら仕事をしている保護者も多かったので、見学に来た保護者は僅かだった。

 

↓ 発達ナビ記事です

【語尾に「ね」を付けるとパニックになる!】

h-navi.jp/column/article/35027509

【講演情報】


最後までお読み下さり、有難うございました。 

また金曜日、寄って下さいね!

 

第8回(2019年度)日本医学ジャーナリスト協会賞で大賞を受賞


「自閉症児を授かった母が、思い描いた『理想の子育て』から自由になっていく17年間の軌跡が、達意の文章で描き出される」「医の原点、命への畏敬であり、『真の啓発書』『異文化への入門書』」などと高く評価されています。

amzn.asia/d/dj4Upcw

amzn.asia/d/e1v855q

 

コメント欄は過去に荒らされ、嫌な思いをしましたので閉鎖しています。

こちら ↓

wp.me/p73B8w-3Wj

 

 

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp