2019.12.06

感動ポルノ?感動?それとも腹が立つ?

※シェア自由です。

 

■テレビであった実話

言葉もなく、身体も動かせない寝たきりの重度の障害のある子がいた。

 

 

そんな中、この子の兄弟が骨髄移植が必要な白血病になる。父親、母親の血液も適合しないなか、この寝たきりの子どもと型がマッチングした。

 

 

母は言った。

「この子がこんな重い障害で、なんのために産まれてきたのかと思っていたけど、これでわかった、この子は、ちゃんと役割をもって産まれてきたんだ」

 

 

スタジオにいたタレントが「鳥肌がたった」「奇跡」と言っていた。

 

 

さて、この話は感動物語なのか?

 

こんな映画もあった。

 

「私の中のあなた」

アナ・フィッツジェラルドの姉ケイトは2歳のとき、急性前骨髄球性白血病を患う。

 

しかし両親や兄の白血球の血液型であるHLA型は、ケイトと適合しない。

 

 

ドナーを必要とするケイトのために、受精卵の段階で遺伝子操作を行ない、デザイナーベビーとして生まれてきたのがアナであった。

 

 

まずはドナーへの負担がない臍帯血移植を行うが、その後もケイトが輸血や骨髄移植などを必要とするたびに、幼いアナは過酷な犠牲を強いられてきた。

 

13歳を過ぎたアナは、ついに片方の腎臓の提供を求められる。ところがアナは提供を拒み、辣腕弁護士キャンベルを雇い、両親を相手取って訴訟を起こす。

 

■「役割」とは?「犠牲」とは?

寝たきりの子は「協力したい」とか「嫌だ」とか自らの意志を伝えられない。

 

 

もし「協力したくない」と叫んでも、私がその状況になったら親として強引に説得するだろう。

 

 

ただ、そのテレビでの筋書きが何だが解せない。

 

 

他人はこのために生まれてきたといい、それを感動物語(感動ポルノ)としてまとめるのはどうかな?…と思った。

 

【参考】

4時間テレビを感動ポルノと批判した「バリバラ」の快挙

ironna.jp/article/3909

 

 

■24時間テレビ

24時間テレビは好きではない。

(過去ブログ)

wp.me/p73B8w-2Qx

 

 

なぜだか、タレントがマラソンして泣いている

 

 

統合失調症は100人が一人かかる病

 

発達障害者は全人口の6.5%もいる。

 

これらの障害者が24時間テレビで扱われることは一度もない

 

 

■身内ほど信用できない

話は全く違うが…

 

 

第1子が障害児、第2子が健常児だった場合

 

 

「親亡きあと、障害のある子を健常の兄弟一人に任せるのは不憫だ」と考えて、第3子を産む。「健常の兄弟2人で障害のある子を助けてほしい」という訳だ。

 

 

でも、兄弟も大人になると結婚し、それぞれの家庭を持つ。変な親族がぶらさがっていることもある。

 

 

それに幼い頃から親が障害のある子に親の目が行ってしまっていて、複雑な気持ちで暮らしてきた兄弟もいる。

 

 

■多額の現金のまま渡すのは?

親が死んだら法定相続人である3人にお金が残る。例えば3000万円の遺産があった場合、兄弟に平等に1000万円ずつ分配される。

 

 

「平等にするのは障害のある子に可哀そう」と思って、遺言で「障害のある子に多めの2000万円、他の兄弟は500万円ずつ相続させる」と書いておいても…

親が亡くなった途端、手のひらを反すように障害者に残された遺産に手を付ける兄弟がいる。

 

 

親族だからといって当てにしてはいけない。

 

 

なので…

 

兄弟が障害者に残された資産に手を出さぬように、第三者に財産を管理してもらう信託制度の利用や成年後見人が必要だ。

 

 

実際、親族が着服することのないように、資産500万円以上ある障害者の後見人に親族はなることは出来ない。(自宅なども入れて1200万円としている自治体もある)

 

 

また、第三者の後見人が着服しないか監視する監督人を付ける制度もある。

(資産とは現金以外にも自宅、株、投資信託など全て含む)

 

参考図書

弁護士から渡された資料

詳しくは専門の弁護士や信託銀行に聞いてみてください。

 

 

理想と現実は違うことも頭の片隅に入れることが必要だと思ったのでありました。

 

 

【今週の記事】

自閉症児と母の17年。小児外科医が見た「理想の子育て」からの解放事)

fujinkoron.jp/articles/-/1280

 

第8回(2019年度)日本医学ジャーナリスト協会賞で大賞を受賞


「自閉症児を授かった母が、思い描いた『理想の子育て』から自由になっていく17年間の軌跡が、達意の文章で描き出される」「医の原点、命への畏敬であり、『真の啓発書』『異文化への入門書』」などと高く評価されています。

amzn.asia/d/dj4Upcw

amzn.asia/d/e1v855q

 

コメント欄は過去に荒らされ、嫌な思いをしましたので閉鎖しています。

こちら ↓

wp.me/p73B8w-3Wj

 

 

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp