2020.06.05

強いお母さんになった方がいいかも!

※シェア自由

※毎週、金曜更新

 

昔のブログに書いたが…

 

息子が小学校の支援級に通っていたときの話

家に帰ってきてから、よく「きもい、きもい」と叫んでいた。

 

 

数ヶ月経って、隣の学校(←この学校には支援級はない)の副校長から「お詫びをしたいので学校に来てほしい」と連絡があった。

 

 

息子は登校中、隣の学校の児童から突かれ、「きもい!」と罵倒されていたらしい。

 

この様子を通学路の家の人が見るに見かねて、学校に通報した。そのことで電話がかかってきた。

 

 

 

■みんな仲良く?

隣の学校に出向き、教員たちから謝罪されたあと、副校長が「今度、息子さんを連れて学校に遊びに来てください。お友達を作りましょう」と言った。

 

 

私は「こちらの学校の生徒さんにとって障害のある子と交わることはよい体験となると思いますが、息子は友達を作りたいとは思っていませんので、せっかくですが遊びにはきません」と答えた。

 

 

息子を苛めた相手と関わらせたくなかったし、相手も気まずいだろう。

 

 

一見仲良くさせて、「シャンシャンおしまい」は大人たちの自己満足だと思う。

 

 

「みんな仲良く」なんて保育目標を掲げている園があるけれども、押し付けないでほしい。みんなと仲良く出来ない子どももいるんだ!

©あべゆみこ

 

 

■救われたこと

息子は知的障害が軽くはない。IQ37だ。(20歳になった今でも同じ)

 

息子は「きもい」の意味がわかっておらず、「“きもい”いるかなあ?」などと言い、苛めた子どもの名前だと勘違いしていた。

 

山田洋次監督の「学校2」で軽度の知的障害の子どもが重度の子に「お前はいいよな、自分がバカだってことわからないから」と呟いていた場面を思い出した。

 

自覚できていると辛いと思う。

 

 

■狼と七ひきの子山羊

狼と七ひきの子山羊の本を読むと…

(童話本の挿絵(19世紀末ドイツ)

 

子山羊を食べられた母山羊は狼のお腹を切り裂き、石を詰めて、井戸に落として殺す。

(福音館書店 絵本より)

 

 

(出版社によっては、「狼と仲直りした」となっている文章もあるが、子どもを食べられてしまい許す母なんているだろうか…???)

 

 

息子を連れて歩いている時、道で「変なやつたが又来たぜ!」と指を差されたことがあった。

 

 

私はその子ども達を鬼のような形相で追いかけ…

 

 

「今、なんて言った?そういうこと言っていいと思ってんの!自分がやられたらどう感じるのよ!え!今度やったら二度と許さないからね!

 

わかった!私を誰だと思ってんの!ただのお母さんじゃあないのよ!先生なのよ!(←実際に幼児教室の経営者であった)

 

返事は!え、聞こえない!もっと大きな声で“はい”と言いな!ほれ!」とどついた。

 

 

子ども達は「ひぇ~~~ こええ~~~…」と言って逃げてった。

 

(追記)

私は今は会社を奪われた。

詳しくはこれ(私が作ったサイトではありませんが)

 ↓

twitter.com/nurturewiz?lang=ja

 

 

■子どもの味方になる強いお母さん

「苛めなんかに負けるな!見返してやれ!」と子どもを追い詰め、無理やり登校させる親がいる。

 

こうして、学校にも家庭にも居場所がなくなり、自殺する子もいる。

 

 

「親なのに何で守ってやらないんだ」と思う。

 

 

子どもの応援団として間違っている。

 

 

私は狼と七ひきの子山羊の母山羊のように、子どもの味方をする強いお母さんでいたい。

 

【気になった記事】

マスクできない理由分かって 感覚過敏の娘、「『着けろ』と怒鳴られないか…」母の不安な日々

www.kyoto-np.co.jp/articles/-/263933

【発達ナビの私のコラム】
強迫性障害について
h-navi.jp/column/article/35027750

【私のインスタより】

フォロー宜しく💛
おわり

amzn.asia/d/dj4Upcw

 

amzn.asia/d/e1v855q

 

発達障害 自閉症  こだわり パニック グレーゾーン  自閉症スペクトラム 立石美津子

 

コメント欄は過去に荒らされ、嫌な思いをしましたので閉鎖しています。

こちら ↓

wp.me/p73B8w-3Wj

 

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp