2020.09.11

薬に抵抗を示す人

※シェア自由

※金曜日更新

※ブログなのであくまでも私個人の意見です。

 気分を害する方は批判しないで、読まないようにしてください。

 

時々、次の質問を受ける。

 

 

「医師から精神科の薬を処方されている。出来れば飲ませたくない。立石さんはどう考えているか教えてほしい」

 

 

私は医師ではないので「その子に薬が必要かどうか」なんてわからない。

 

 

でも、私は「薬にも頼ってみたら…」と思う。

 

 

■私も飲んでいる

 

【血栓を溶かす薬】

私には無自覚性脳梗塞がある(ラクナ脳梗塞)

 

 

悪玉コレステロール値が高く、血液がドロドロ、脳の血管が詰まりやすいので、血栓を溶かす薬をずっと飲んでいる。

(↓ 詰まりを示す白い部分が大分減った画像)

血管年齢 30代前半と出た!(もうすぐ60歳なのに!)

薬のお陰だと思う。

 

 

こうして、良い血管状態を保つことで一日も長く元気な状態で息子といたいから、これからも飲み続ける。

 

 

【抗鬱剤】

それから抗鬱剤をずっと飲んでいる。

 

 

私は58年間の中で強迫性障害に3回罹患した。2回目の再発のときは症状が重く、1年間、精神科に入院した。

 

 

退院後、症状は治まったが、強迫的気質は変わらない。

 

・完璧主義

・全か無か思考

・白か黒か思考

・100点か0点か思考

 

なので、罹りやすい気質なのだ。

 

 

二度とあの苦しみは味わいたくないので、これを処方してもらい飲んでいる。
(鉄格子の中に入れられ、身体拘束された!)

 

■息子も飲んでいる

息子は生まれた時から重度の食物アレルギーを持っている。

 

 

アトピーも喘息もある。

(↓ 掻かないように手袋をさせられている)

(↓ 吸入中)

だから、19年間薬漬け

(↓ 抗アレルギー剤)

更に自閉症による自傷が激しかったのと、強迫性障害を発症したので、精神科の薬も飲んでいる。

薬に頼ることで、快適な生活を送らせたいからだ。

 

 

■学校の先生から言われる子

私は23歳から55歳になるまでの32年間、学習塾経営者という立場で、多くの子ども達に関わってきた。

 

 

今はこの会社奪われた。

詳しくはこちら ↓

ナーチャーウィズの真実(エンピツらんど)で検索!

 

 

学校の授業中、集中できずに教室内をウロウロしてしまう子がいた。

 

 

学校の担任からの叱責と集中できないことからくる学力低下で、リタリンを飲んで登校していた。

 

 

ただ、私の教室では小学生がたった5名だったので、その子にきめ細かい対応ができ、土曜日の私の教室の日は「リタリン休養日」として、飲まないで通っていた。

 

 

なんとか服用なしで、授業を受けることができていた。(私の指導が上手いのだと思う)

 

 

■発達障害か愛着障害か?

「明らかにこの子は発達障害児だな」と思われる子と「気を引きたいだけの子だな」と思う子がいる。

 

 

その中で、気を引きたい行動が過度で、大人の神経を逆なでするような言動をする子がいた。

 

 

「この子はきっと小学校に言ったら、担任にとっては最も扱いにくい子になるだろう」と想像していた。

 

 

予想は的中し発達障害児扱いされ、専門医にかかり薬を処方されるように言われていた。

 

 

この場合は薬よりも、愛着障害を解決することが先決だと思うが、学校生活は否が応でも毎日やってくる。

 

 

一クラス40名の子を指導しなくてはならない担任にとっては、そう言わざるを得なかったのかもしれないが、もう少しよく観察してほしい。

 

 

愛着障害について詳しくはこちら

似ているようで違う「愛着障害」と「発達障害」、知っておきたい特徴&原因

ure.pia.co.jp/articles/-/67334

 

 

■ということで

子どもに癲癇があったら、抗てんかん薬を飲ますだろう。飲まないと発作が頻繁に起こってしまうからだ。

 

 

発達障害も同じだと思う。

 

 

風邪を引いて薬を飲まず気合で直す人もいるかもしれないが…

 

 

人の心や精神は努力だけでは何とかできないこともあるので、薬を飲むといい。

 

 

副作用については年に一回血液検査をして肝機能障害を起こしていないかチェックすればいい。

 

おわり

 

気になった記事、今時こんな教師がいるんだ


www.yomiuri.co.jp/national/20200909-OYT1T50110/?fbclid=IwAR1HXwMKxX8ae062R64eNDQaKJ3Lr0DXiFPmqCNwD3V_3GM8YJ3781AI13c

amzn.asia/d/e1v855q

 

発達障害 自閉症  こだわり パニック グレーゾーン  自閉症スペクトラム 立石美津子

 

コメント欄は過去に荒らされ、嫌な思いをしましたので閉鎖しています。

こちら ↓

wp.me/p73B8w-3Wj

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp