2021.04.02

人に頼ることの大切さ

※シェア自由

※金曜日 更新

※ブログなのであくまでも私個人の意見です

   気分を害する方は→批判しないで、読まないようにしてください

 

 

手をつなぐ親の会の会報が送られてきた。

そこに載っていたこと

 

 

親の会の役割について

 

会長渡部 伸

 

 

1相談できずに起きた悲劇

 

関東地方のある県で起きた事件です。広汎性発達障 害と軽度知的障害のある長女(当時 40 代後半)を、同居する無職の母親(当時70代前半)が首を絞めて 殺害しました。

 

 

長女は精神障害者保健福祉手帳2級で した。母親は殺人罪で実刑判決を言い渡されました。

 

 

事件が起きたのは 10 月で、判決によると、母親は その年の春に癌の手術を受け、また同年 秋には骨折 するなど体調不良になり、さらに数年から していた鬱の影響で自分の将来を悲観し自殺を考えました。

 

 

その際に「自分が死ねば長女はさてい けない」と考えて無理心中をしようとして犯行に至りました。

 

 

母親は娘を殺害後、自らの手首を切って自殺 を図りましたが死ぬことができず、110番して自首 しました。

 

 

長女は成人後、アルバイト先で暴れるなどして職場 を転々としたものの、事件当時は都内の会社に障害者 雇用枠で10年以上継続して勤めており、家事はある程度こなせました。

 

 

一方で、給料はもらったその日に 使ってしまうなど金銭管理はできず、コミュニケーションが嫌しく交達がいませんで!

 

 

母親は長女と二人暮らしで、親族や行政には長女の ことを相談していませんでした。

 

 

親族に相談しなかった理由を「毎日一緒に生活をしていないと微妙なニュアンスが伝わらない」「私が解決しなきゃいけないと っていました」と母親は話しました。

 

 

行政に相談しなかった理由は他人に知られたくなかったから」と 述べました。

 

 

 

学齢期から家族会に加入していたら…

 

この事件について、ある新聞社から「どうすれば事 件は避けられたと思いますか?」とコメントを求められました。

 

 

もっと早い段階で周囲に相談しておけばよかった、と言うのは簡単です。

 

 

でもどこに相談すれば よかったのか。長女のことを知られたくなかった、 という母親にとって、行政に相談するのはハードルが高 かったのでしょう。

 

 

身近に話せる相手もいなかったの だと思います。地元の家族会には10年ほど前に顔を 出したことがあったが、相談する雰囲気ではないと感じて、それっきりになってしまったとのことです。

 

 

*学校に在籍しているときから家族会に加入していれ ば、もしかしたらこんなことにはならなかったのではと思います。

 

 

 

同じ境遇同士の知り合いがいれば、ちょ っとした心配ごとについても気軽に話すことができたのではないか、一人で抱え込まなくても済んだのではないかと。

 

 

 

一昔前は障害のある子の親には学校から地域の家族会が紹介されたり、入会を勧められたりしていました。

 

 

現在は特定の団体を紹介することは難しいのかもしれませんが、こういった事件が起きると、早めに地域とのつながりを作るためにも、学校から案内してもらえればいいのではと思います。

 

 

 

■“共助”の役割を担う親の会に

 

この原稿を書いている時点では緊急事態宣言の発出中で、親の会も人が集まる活動は原則中止せざるを得ない状況ですが、障害のある子を将来にわたって支えてくれるのは、地域のつながりしかないと思っています。

 

 

“自助” 共助““公助”ということが菅総理 大臣のコメントで注目されましたが、障害のある子がいる家族にとって、“自助”だけでは課題は解決しません。

 

 

地域でつながることで“共助”になり、必な 支援を“公助”で賄うことが重要だと考えます。

 

 

親の会も“共助”の部分で、役割を果たしていけければいいなと改めて強く思いました。

 

 

■SOS

この記事を読んで、改めてSOSを出す大切さを改めて感じた。

 

 

日本の子育てでは

 

・人に迷惑をかけてはいけない

 

・なんでも一人で出来るようにならなくてはならない、それが自立

 

 

が重要視されているように感じる。

 

 

そんな風に子育てされてきた人が、人の親となった時、他人に頼れなくなるのだろう。

 

 

健常児であっても、障害児であっても他人に頼ることは大切なここと

 

 

そして、親の方が先に死ぬのだから、障害のある子どものために支援してくれる人をたくさん作っておくことが大切だ。

 

 

出来ないことは誰かに頼る

 

助けてくれる人をたくさんつくっておく

 

 

それが自立なのだ。

 

こちらも参考にしてください。

【親が死んだらどうしよう】
wp.me/p73B8w-3TY

 

おわり

amzn.asia/d/e1v855q

 

発達障害 自閉症  こだわり パニック グレーゾーン  自閉症スペクトラム 立石美津子

 

コメント欄は過去に便所の落書き状態になったので閉鎖しています。

カテゴリー:正直なつぶやき

コメント(0)

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp