2021.06.11

顔パス

※シェア自由

※金曜日 更新

※ブログなのであくまでも私個人の意見です

   気分を害する方は→批判しないで、読まないようにしてください

 

9月出版の書籍っぽいものの(?)撮影が続いている。
(まだ、詳細は出版業界のタブーで明かせないのですが…)

 

 

この間、撮影の合間の昼休み、セブンイレブンにランチを買いに行くとき、化粧落とすのが、面倒くさかったので…

 

 

 

ズラ(←カツラのこと)だけ外し、マスクをつけて行ったのだが…

 

 

誰からもガン見(←凝視のこと)されなかった。

 

 

■歌舞伎町

 

まえ、歌舞伎町を歩いてたら(私は普通の恰好)

 

 

本物の巨大蛇を首にマフラーみたいに巻いたおじさんがいたが…

 

皆、ガン見してなかった。

他人に対する関心なんか、所詮、そんなもんなんだ。

 

 

だから、「人からどう見られるか」なんて気にしなくてよい。

 

 

「障害児がいて人からどう見られるか」も同様だと思う。

 

 

■顔パスでない人

 

ガイドヘルパーの仕事をしている。

 

 

顔は利発な顔をしていて、知的にも重度ではないのだが、自閉症の程度は重い子

 

 

こだわりも強く、バスの中などで突然、大きな声を出す。

 

 

周りの人はびっくりして、チラチラ、私達の方を見る。

 

 

私はヘルプマークを見せ「理解してください」ビームを出しながら、謝った。

 

■顔パスの人

 

ダウン症の子、「顔パス」だ。

 

 

顔を見ただけで、障害があることがわかるからだ。

 

 

黙っていても、席を譲ってもらえる。

(ダウン症だから=席を譲らなくてはならない と思われているのも?

 

確かに心臓疾患を抱えていて座らせたい人もいるが…

 

 

外出支援を依頼されているダウン症の人は「運動不足なので、ウンと歩かせてください」の親御さんからの依頼で出かけていることもある。)

 

 

■人への関心

「人は人にそれほど関心はない」と思うが、障害のある人についても同様だと思うが…

 

 

息子も含めて、障害のある人を連れていると…

 

 

顔パス

 

顔パスでない

 

 

経験は結構多くする。

 

 

「顔パス」などという表現に不快感を感じる方は、私のブログを読まないでくださいね。

 

 

おわり

amzn.asia/d/e1v855q

 

発達障害 自閉症  こだわり パニック グレーゾーン  自閉症スペクトラム 立石美津子

 

コメント欄は過去に便所の落書き状態になったので閉鎖しています。

カテゴリー:正直なつぶやき

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp