2021.08.13

自動的に転ぶとは

※シェア自由

※金曜日 更新

※ブログなのであくまでも私個人の意見です

   気分を害する方は→批判しないで、読まないようにしてください

 

 

■そこが気になるのね

 

さっき、山手線が止まったニュースが流れた。

 

 

息子に「もし、電車が止まってもパニックにならないでね」といったら

 

 

「夕飯は何時になるのか?」

 

「お風呂は何時に入るのか?」

 

としつこく確認してくる。

 

 

そこが気になるのね。

 

 

心配するところはそこなのね。

 

 

電車が止まって閉じ込められることよりも、どうでもいいことが、どうでもよくないのね。

 

 

予定が崩れるのが不安なのね。

 

 

だから、電車遅延にぶちあたったわけでもないのに、自分の身に起こってもいないことなのに…

 

 

「夕飯は7時20分」

 

「風呂は8時11分」

 

と予定を組みなおそうとする。

 

 

■自分に置き換えて言葉を変えられない

 

自分が泣いた時も、他人を差して言うように「泣いている」と自分を指さして言う。

「いってらっしゃい⇔いってきます」のやり取りができないのと同じだ。

 

 

うちで預かっている2歳の子が転んだ。息子(20歳)は”自分が突飛ばしたわけじゃない”と言いたいのだろうが「自動的に転んだ」と言う。

 

確かに息子から見たら、自動的に転んだのだ

 

細かいことだが、息子と暮していると未だに面白い発見がある。

 

 

面白いと思えるようになったことが、私の成長である。

(追記…昔書いたことだが)

3年前、私の父が亡くなった当日、実家の表札が立石信義(←息子の祖父)のままになっているのを見て

 

 

「居ないのに表札外さないのか」と息子から言われた。

 

 

「そうか、自閉症らしい意見ね。でも、みんなが悲しんでいるときに、そんなこと言わないでね」と思った。

これも自閉症らしいね。

 

おわり

 

amzn.asia/d/e1v855q

 

発達障害 自閉症  こだわり パニック グレーゾーン  自閉症スペクトラム 立石美津子  #笑えるひらがな

 

コメント欄は過去に便所の落書き状態になったので閉鎖しています。

カテゴリー:正直なつぶやき

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp