2021.08.27

学校の先生に研修して思うこと

※シェア自由

※金曜日 更新

※ブログなのであくまでも私個人の意見です

   気分を害する方は→批判しないで、読まないようにしてください

 

 

最近、小学校の先生に研修する機会が増えた。

 

(コロナのため出張ではなくオンライン)

 

先生方からの質問を聞いて思うこと、それは…

 

 

・椅子に座っている。集団行動がとれる。勉強ができる等の

枠組みの中で捉えている。

 

・算数、国語、運動などオールマイティにできる子が評価される世界で生きている。

(※お断り そうではない人もいるが、そういう人もいる)

 

 

■「‥‥」と言いたいところだが

 

社会に出たらそうではないぞ!

 

 

集中力がなくて、椅子に座っていられない子=様々なことに興味関心が行く子

 

 

なので、扱いやすい子よりも、才能を発揮するかもしれないぞ!

 

 

ベンチャー企業の社長になるかもしれないぞ!

と言いたいところだが…

 

 

人生の初めの子ども時代の学校とは、子どもにとって全てである。

 

 

そこで、絶対的存在である担任からの評価が低く、ぶち壊された自己肯定感は

なかなか回復しない。

 

 

自信を失くしし、社会に出て認めてくれる人が現れてもリベンジが難しいのだ。

 

 

だから

 

 

褒めポイントをかえてほしい。

 

 

それから、手がかかる問題行動を起こす児童ばかりに関わっていると、他の児童は「えこひいきしている」と感じる。

 

 

そして、元々手のかからなかった児童も「カマッテちゃん」に変化し、気になる子を気にし過ぎ…

 

 

「先生、○○君が席を立っています」とお手柄を見せようと「チクリ魔」と化す。

 

 

なので…

 

 

手のかかる子も、そうでない子も褒めポイントを変えてほしい。

 

 

・給食をおかわりする

 

・寝癖がついていない

 

・誰よりも早く学校に到着している(※忘れ物魔でも)

 

・蝉とりがうまい

 

・風邪をあまり引かない

 

・砂場で泥団子を上手に作れる

 

 

クラス40名分やるのは大変かもしれないが、子ども達は変わってくると思う。

 

 

■大きくなるとその手は使えぬ

 

子どももいつまでも幼くはないので、ある程度大きくなってくると、成績面以外で褒められていることに気が付いてしまい…

 

 

「僕は勉強で褒める材料がないから、先生は必死なんだ」とお見通しになる。

 

 

だから、出来るだけ年齢が低いうち、小学校低学年のうちからこれをやってほしい。

 

 

小学校2年生くらいまでだったら、まだ通用すると思う。

 

 

おわり

amzn.asia/d/e1v855q

 

発達障害 自閉症  こだわり パニック グレーゾーン  自閉症スペクトラム 立石美津子  #笑えるひらがな

 

コメント欄は過去に便所の落書き状態になったので閉鎖しています。

カテゴリー:正直なつぶやき

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp
「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp