2021.11.05

知的障害の大人と外出して悩むこと 3つ

※シェア自由

※金曜日 更新

※ブログなのであくまでも私個人の意見です

   気分を害する方は→批判しないで、読まないようにしてください

 

私は週末、知的障害者移動支援従事者の仕事をしている。

 

 

言葉のない重度の自閉症の青年とラーメン屋に入った。

 

 

混んでいるのに麺を一本ずつ食べていた。

 

後ろで待っている人のこと、次の電車の時刻なんてお構いなしだ。

 

 

私が「残してよいからもう出よう」と言ってもガンとして動かない。

 

 

汁も一滴も残さず完食し、結局70分くらい店にいた。

 

 

店を出てから、マスクをなくしたことに気付いた青年

店に戻り、他のお客をどかして探す状態になった。

 

 

結局、見つからず

 

 

でも、パニックを起こさず、代わりのマスクを使ってくれた。

 

 

私は麺を一本ずつ食べるこだわりには応じでやった。

 

 

でも、失くしたマスクは見つからないので応じてやれない。

 

 

青年なりに自分のこだわりを通せる状況と、そうではない状況をわかっている。

 

 

きっとこの青年も、幼い頃は失くしたものが出てこないと大パニックになっていただろう。

 

 

素晴らしい成長だ!

 

 

■悩むこと①

 

知的レベル的には5歳児程度の30歳の青年と手をつなぐかどうかについて

 

 

私は実年齢に合わせた対応をした方がよいと思う。

だって、30歳なのだから

 

 

ただし…

 

 

脱走したり、非常ベルやホームの緊急停止ボタンを押してしまう子は手をつないでおかないとダメです

 

■悩むこと②

 

駅の券売機で切符を買うとき、本人にやらせた方がよいのか、私がやってあげた方がよいのか凄く悩む

元々お金が分からない子にやらせるのは、自信をなくさせるだけになるのではないか?

 

 

でも、親御さんは「一人でやらせる経験をさせてほしい」と思っているのではないか?

 

 

本人の余暇活動だから、出来ないことを無理して訓練するような場に私はしたくない。

 

 

■悩むこと③

 

親御さんは普段の運動不足を解消するため、「出来るだけ歩かせてほしい」と要求してくる。

 

 

でも、本人は「歩きたくない。大好きな電車やバズを使って移動したい」と思っている。

 

 

どちらを優先させたらよいのか悩む。

 

 

でも、本人の余暇活動なので私は本人の意向を優先させた方がよいと思っている。

 

 

交通費がかかることを気にしている支援者もいるが、親御さんは「週末の余暇活動」として依頼しているのだから、その辺はケチることはないと私は思っている。

 

 

 

この3点、支援者により対応が異なることがあるが、統一させた方がよい。

 

おわり

amzn.asia/d/e1v855q

 

発達障害 自閉症  こだわり パニック グレーゾーン  自閉症スペクトラム 立石美津子  #笑えるひらがな

 

 

 

 

 

カテゴリー:正直なつぶやき

トークショー依頼はこちら
立石美津子オフィシャルブログ ちょっと聞いてよ

好評発売中!

「発達障害に生まれて

松永 正訓著 『発達障害に生まれて』

amazon.co.jp
1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ

立石美津子著 『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』

amazon.co.jp
1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ

立石美津子著 『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

amazon.co.jp
立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子著 『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

amazon.co.jp
『動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな』 (小学館クリエイティブ)

『動画でおぼえちゃうドリル 笑えるひらがな』 (小学館クリエイティブ)

amazon.co.jp
「はずれ先生」にあたったとき読む本

立石美津子著 『「はずれ先生」にあたったとき読む本』

amazon.co.jp
心と頭がすくすく育つ読み聞かせ

立石美津子著 『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』

amazon.co.jp
「きれいにかける ひらがな

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける ひらがな』

amazon.co.jp
「きれいにかける カタカナ

立石美津子監修 『おうちレッスン・きれいにかける カタカナ』

amazon.co.jp